MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

太陽電池搭載の 2.4 GHz 無線キーボード BSKBW01SB

 バッファローコクヨサプライ 太陽電池搭載 2.4 GHz 無線キーボード


液晶サイズの大型化、テレビ視聴が気軽になったパソコンでは、コードレスキーボードが役に立ちます。 しかしながら、無線を利用するので電池の消耗が気になるところ。 多くのユーザーは、エネループなどの繰り返し利用できる充電電池を利用していると思われますが、バッファローコクヨからソーラー電池を搭載したコードレスキーボードが登場しました。


iBUFFALO 無線2.4GHz USB接続 太陽電池搭載 ブラック BSKBW01SB

コードレスゆえに必要な電力がソーラーパワーで十分なのか気になりますが、一応、電池は初期起動に必要となります。 しかし、その後は室内の照明で充電できる太陽電池を採用しているので、キーボード自体が壊れなければ、電池交換不要で使い続ける事が可能。画期的なコードレスキーボード!!

高性能 2.4 GHz 帯周波数 無線通信が可能で、半径 10 メートルの広範囲で安定した動作とあります。 あまり離れすぎると,今度は画面が見えない。 テンキー上部にソーラーパネルを組み込むため、スペースを取られてしまうものの、コードレスコーボードに必須と思われるパソコンでマルチメディアを扱う 17 種類のホットキーを搭載しています。 ソーラーパネルは光源の向きに調節可能なので、室内電気が付いていればいかなる状況でも電力を供給できると思われます。 安定性ばかりは、使ってみないと分からないところ。もちろん、実用に耐えうるソーラーシステムと思われますが。



エネループの電池をソーラーパワーで充電する装置も発売されていますが、充電に必要な日数と本体価格を考えると、実用的というよりは自己満足に近いものがあります。もちろん、環境的には良いのかも知れません。今回のキーボード「BSKBW01SB」は、コンピュータを使うのに重要となる入力デバイスの一つを、太陽電池に委ねるので実用的だと思います。


N-SC1S

コードレスキーボードゆえに、低価は \13.100 と少し高価となりますが、楽天市場の実売価格ではすでに \7000 円台をキープしているので、試してみるのも良いかも知れません。ただし、キーボードはキータッチの好みがあるので、ショップで確認できればなお良いでしょう。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項