MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Intel P45 Express チップセット搭載マザーボード


現行の Intel P35 Express から自然な流れで交代する新しいチップセット P45 シリーズを搭載した マザーボード が各社から発売されました。グラフィックスカードを設置するスロットが PCI-Express2.0 に対応( 16 lanes 16 GB/s or 8 lanes 8 GB/s )。既に登場していた、パフォーマンスデスクトップチップセットに属する X38 や X48 を選択しなくても、メインストリームデスクトップチップセットの P45 シリーズでこれが可能になります。

メモリの最大積載量が DDR2 では 16 GB に強化されていますが( DDR3 が 8 GB )、これに関しては OS が 32 ビット主流なのでその恩恵を受ける事はできません。例えば、BTO パソコンを購入する時に、何がなんでも P45 を選択する要素は、正直 PCI-Express2.0 以外は管理人には分かりません。ただ、自然な流れで置き換わるので、それほど気にしなくて良いと思われます。

現在はグラフィックスカードを別途購入して増設する事を前提にした一般向けの上位版となる P45 Expressを搭載したマザーボードしか販売されていませんが、いずれグラフィックス機能 Intel GMA X4500 を搭載した Intel G45 Express 、Intel G43 Express が登場する予定。日本語版のインテルサイトでは現時点で掲載されていませんが、米国版ではこれらのチップセットの説明が掲載されています。

現行のグラフィックス性能を搭載した Intel G35 Express を選択するのであれば、確実に次に登場する Intel G45 Express を選択したい所。次世代の Intel Graphics Media Accelerator X4500HD ( Intel® GMA X4500HD ) は、フル HD 1080p 高解像度ビデオやブルーレイの再生に威力を発揮する模様( Intel G45 Express )。

メーカーサイトでは、HDMI 端子を搭載し、解像度 2560 × 1600 をサポートすることで、ハイレベルで Windows Vista(ウインドウズビスタ)を体験可能とあります。これからパソコンを購入する場合、地上デジタル放送や Blu-Ray ドライブは購入時点で搭載しなくても、そのパソコンに後から増設する可能性は高くなるので考慮した方が良いでしょう。ただし、オンボードがどれだけ素晴らしいものになるかは判断不能。そもそも Intel P35 Express では無く、Intel P45 Express を選択したユーザーに関係無い話で、あくまでも Intel G35 Express を検討するユーザーに対して、Intel G45 Express が登場するまで待ってみるのも一つの手であるという話。

すでに各パソコンショップの BTO パソコンで、Intel P45 Express を採用したモデルが販売されています。グラフィックスカードが必須の環境のため、ハイエンドに位置づけされていますが、X38 や X48 チップセットを採用したモデルとは異なり、10 万円から 15 万円の中間設定となっています。 これにより、あえて P35 を選択する必要がなくなるため、自然な流れで移行がすすみ、これから購入するのであれば、Intel P45 Express を搭載したものを選択すれば良いでしょう。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項