MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

フルセグ視聴と録画に対応 BUFFALO DT-H50 / PCI、DT-H30/U2

 地上デジタル放送フルセグチューナー登場。PCIバスに増設する DT-H50/PCI と、USB2.0 で接続する外付けユニット DT-H30/U2の2種類。


自作パソコン派に朗報。地デジ放送の視聴と録画に対応した PCI カード DT-H50/PCI と、USB2.0 接続の DT-H30/U2 が発売になります。 BUFFALO(バッファロー)が一番乗りであろうか? 予約段階で発売は 2008 年 4 月下旬 〜 5 月中旬とあり、もしかするとアイ・オー・データなども発売してくる可能性があります。


DT-H50/PCI

DT-H30/U2


対応 OS は、Windows Vista(ウインドウズビスタ) 32bit 、Windows XP SP2 。推奨 CPU:Pentium D 925 3.0 GHz 同等以上 ( Core2 Duo E4300 1.8 GHz 同等以上推奨 ) 、モニタ:HDCP 対応 DVI-D / グラフィックカード:解像度 1024 x 768 以上・GeForce7600GT 以上・RadeonX 1800 以上、DirectX 9.0c 以上 ( Windows Vista 時 DierctX 10 以上 ) 。

画質を 4 段階に調節して視聴、録画可能なため、利用する PC スペックに対応させる事は可能とあります。 番組にもよりますが、フルセグの最大解像度は 1,920 × 1,080( 一般放送は 1440 × 1080 )なので、それを出力できる ワイド液晶ディスプレイ が望ましいでしょう。 パソコン用の液晶としては、24インチワイドクラスがそれになりますが、解像度だけはチェックした方が無難です。 一般のテレビとして販売される大画面液晶 32 型あたりでも、これに対応していない解像度を持つ液晶が販売されています。 バーゲンなどでは注意が必要です。しかし、HDCP 対応であれば見れないわけではありません。本来のフル HD 画質を堪能する事ができないだけです。 液晶とグラフィックスカードがデジタル著作権保護技術 HDCP ( High-bandwidth Digital Content Protection ) に対応している事も確認が必要です。

パソコンショップ「ソフマップ」では、これに対応するグラフィックカードや液晶もまとめられています。ご参考に。

PCI-Express×1(ピーシーアイエクスプレスバイワン)対応では無いところがポイント。今後は他社で PCI-Express×1 対応カードが登場するかも知れません。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項