MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

2008 年 3 月 1 日 Netscape ブラウザ開発、サポート終了に伴う、Firefox への移行ガイド公開


1ヵ月延長された Netscape(ネットスケープ)の開発、サポートの完全終了日が 3 月 1 日となります。 これに伴い、Mozilla Firefox(モジラ ファイヤーフォックス 「ブラウザ」) および Mozilla Thunderbird(モジラ サンダーバード 「メール送受信アプリ」) への移行をサポートする「Netscape ユーザのための Firefox / Thunderbird 移行ガイド」が公開されています。



日本語版が提供されているのは、Netscape Navigator(ブラウザ)、Netscape Mail(メーラー)、Composer( HTML 制作ツール )が合体した Netscape バージョン 7.1 。 バージョン 7.2 からは英語版だけの提供となり、8 → 9 へと続いています。

移行ガイドでは、バージョン 7.1 が登場以降、実に 100 件以上の脆弱性(ぜいじゃくせい)が存在するものの、修正版は提供されていないとの事。 移行ガイドでは、バージョン4 、バージョン6と7、バージョン 8 と 9 を利用しているユーザーごとに、Netscape ブラウザと類似する Firefox への移行方法が掲載されています。 バージョン8以降は、Firefox が基盤となっているので、外見以外はほぼ変わりません(テーマを提供すればネットスケープや IE 7 とほぼ同じ使い方が可能となります)。 Firefox を Netscape 風にする方法も掲載されています(懐かしい Netscape 3.1 風のテーマもある)。



Firefox の現時点での最新バージョンは、先日アップデートされた 2.0.0.12 。 把握しておくべきことは、アップデート無しで安全に利用できるブラウザは存在しない事。 メンテナンスが必要無いから Intenet Explorer から変更する考え方は無理があります。 ホームページの閲覧は、アドレスを入力してサーバーからホームページを形成する部品をダウンロードして、それをブラウザが組み立てて描画しています。 この描画を担うのがレタリングエンジンと呼ばれるもので、Netscape 8 からは Firefox と同じレタリングエンジンを採用していました(いろんな事情でほぼ Firefox であったと言って過言ではありません)。 これにより、描画に関しては違和感無く移行する事が可能です。

さて、そろそろ Windows XP を利用しているユーザーへ、Internet Explorer 6 から 7 へのアップデートが、Windows Update、または、Microsoft Update により開始されます。 OS が Windows XP では、日本語と英語を美しく表示するメイリオフォントが特殊な環境(一部の開発ツールをインストールする環境)でなければ利用できないので、Windows Vista(ウインドウズビスタ)でホームページを参照するほどの効果はありませんが、タブ機能、フィッシング詐欺防止機能、RSS リーダーなどが標準で利用可能になります。 単純なブックマーク(お気に入り)から、RSS リーダーが追加され、RSS の普及が加速すると予想します。

メイリオフォントが利用できる Windows Vista からパソコンを始めたユーザーは、Windows XP でホームページを参照すると、ブラウザが Intenet Explorer にせよ、Firefox にせよ、見苦しいと感じるかも知れませんね。





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項