MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

インテルX38チップセット 搭載マザーボード

 1333/1066/800 MHz システムバス、PCI Express 2.0 インターフェイス、デュアルチャネル DDR3 および DDR2 メモリーのサポート


45nm(ナノメートル)プロセスのプロセッサ Core 2ファミリーの登場に先駆け、対応するインテルX38チップセット 搭載マザーボードが登場しました。 すでに BTO パソコンで購入可能になっていますが、現時点では65ナノメートルの Core 2ファミリー や、DD2 または DDr3 メモリを搭載する事になります。

マザーボード を購入する時点で、安価なDDR2メモリと高価なDDR3メモリのどちらを搭載するか決断する必要があります。 現時点では3万円を切るマザーボードは存在せず、高性能パソコンやオーバークロックを求めるユーザー向けとなります。 既存のパーツで構築する場合、現行の G33 チップセットのグラフィックス機能が強化された G35 チップセットの登場を待った方が良いかも知れません。 ただし、G35 を搭載したマザーボードの価格が不明なのと、PCI Express 2.0 をサポートしません。PCI Express 2.0 を必須とする場合、現時点では X38 Express チップセットを搭載したマザーボードを選択するしか他ありません。 X38 Express チップセットの詳細は以下。

インテル® X38 Express チップセット - インテル

FSB 1333 / 1066 / 800 MHz、デュアルチャンネルメモリ DDR3 1333/1066/800 MHz をサポートしますが、マザーボードによっては独自機能で FSB 1800 / 1600 までサポートするものもあります。 ソケットが現行の LGA775 のため、今年中に登場する予定の Penryn を含め、現行の Intel® Core™2 Quad / Core™2 Extreme / Core™2 Duo / Pentium® Extreme / Pentium® D / Pentium® 4 と幅広く対応しています。

X38 Express を搭載したマザーボードは、PCI Express×16を2本、または、3本搭載しています(2本がPCI Express 2.0)。 PCI Express 2.0に対応したため、従来の PCI Express 1.1 の双方向 5.0Gbps から 双方向10Gbps に拡張されました(実行データ転送速度は別)。 上位互換となっているため、現状の PCI Express 1.1 対応グラフィックスカードを搭載する事もできます。 グラフィックスカードを2枚以上搭載するのであれば、P35 より有利であり、必然的に高性能パソコンを求めるユーザー向けとなります。

X38 Express の登場により、現行の P35 + ICH9 チップセットを搭載したマザーボードの値段が魅力的になってきました。 値が下がったのではなく、X38 Expressを搭載したマザーボードが高価なためです。 ソケット LGA775 の生息は長く、PCI Express 2.0 を考慮しない、もしくは、グラフィックスカードをシングルで利用する一般的な性能を求めるユーザーにとっては、P35 を選択しても問題ありません。 グラフィックスの性能次第では、たとえカードを装着したとしても PCI Express×16 を1本だけ搭載したマザーボード、電源ユニットなどを選択する事で、低価格で性能を維持したパソコンを自作できます。

また、グラフィックス機能をマザーボードに搭載した G33 チップセットを検討する場合は、G35 の登場を待ってみるのも良いでしょう。





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項