MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

DDR3 PC8500(DDR3-1066) と PC10666(DDR3-1333) メモリ


FSB 1333MHz に対応したデュアルコアプロセッサ Core2 Duo の登場で盛り上がってる BTO パソコン。 3GHz に突入した Core2 Duo の購入を検討するユーザーは、それまでお高い存在であった4基のコアと搭載した QuadCore(クワッドコア)へジャンプアップを検討する時でもあります。

現在販売されている BTO パソコンは、ブルーレイディスクドライブなど最新のデバイスを搭載しなければ、比較的安価な印象を受けるでしょう。 FSB 1333MHzと言っても、今までの 1066MHz の Core2 Duo プロセッサ搭載パソコンとそんなに違いは無いと。

これは、メモリの規格 DDR2 を採用する事で価格を抑えてあります。プロセッサと マザーボード が 1333MHz に対応したのならば、当然メモリもそのスピードで動作するものが適しています。 対応しているメモリは DDR3。現時点では PC8500(DDR3-1066) と PC10666(DDR3-1333) が販売されています。マザーボードとプロセッサに合わせるならば、PC10666(DDR3-1333) となりますね。

しかし、右上の商品画像をクリックすると一覧が表示されますが、価格が半端じゃなく高い。 2GBを搭載しようものなら、DDR2を採用したパソコンが一台購入できてしまうお値段です。

値が下がるまで DDR2 を使う考え方もありますが、おそらく現在販売されてるパソコンに搭載されたマザーボードは、DDR3 に対応していないと思われます。 現時点では自作ユーザーだけが、DDR3に対応したマザーボードと、高価な DDR3 メモリを購入して最適なマシンを入手する傾向です。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項