MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

パソコンまわりの掃除グッズ クイックルワイパーハンディ

 やっぱり清掃関連はクイックルワイパーが強い。テーブルやパソコンケース内の掃除にハンディタイプを使ってみました。


管理人は1年ほど前からクイックルワイパーにハマっています。 最先端の掃除機ならば可能と思われますが、そんな優れた掃除機を持っていないので、掃除機では届かない隙間の埃やゴミを除去するのに最適です。



もともとは、パソコンのケースを頻繁に開ける事から、ケースの下にお手製のキャスターをつけました。 ほぼ全ての家具にキャスターが付いているのなら、簡単に移動して見えない部分も掃除するのが簡単ですが、クイックルワイパーなら移動する事なく掃除が可能です。 掃除機を突っ込んでもいいのですが、パソコンの電源を切らないと振動が心配なので、電気要らずのクイックルワイパーは気軽に利用できます。



先端の布を取り替えて利用するのですが、乾拭き、水拭き、ワックスと種類は豊富。


頻繁に消耗品を必要とするこれらのアイテムを利用するのは、管理人はとても苦手。 理由は、継続的にお金がかかる。買い忘れる。満ち足りる。貧乏性なので、どれくらいで取り替えれば良いか悩むなど・・・

しかし、面倒で掃除しなくなるよりは、気軽に掃除できて綺麗な状態でいられる方が良いと学習したので、結構ハマっています。


クイックルワイパー ドライシート クイックルワイパー 本体


クイックルワイパー ハンディ

さて、本日の本命である上で紹介したクイックルワイパーのハンディ版です。床を掃除するには、上のクイックルワイパーで十分なのですが、机の上や家電製品の隙間、キーボードなどを掃除するには利用できません。



テーブルの上に置いたものを全てどかして、水拭きと乾拭きするのが一番気持ちが良いと思います。 しかし、モデム、ルータ、キーボード、 ワイド液晶ディスプレイ など複数の物が置かれたテーブルでは、なかなかそれを実行できません。



まず使ってみたのがダイソーで購入した静電気クリーナー。 結果として、あまりハマらなかったです。埃の除去が確実にできるとは言いがたいのが本音です。



デスクまわりで威力を発揮する掃除グッズは、やはりクイックルワイパーの製品で「ハンディ」と呼ばれるものでした。 この分野ではクイックルワイパーは非常に優秀。



クイックルワイパー ハンディ は、使いまわす棒の部分(クリップとヘッド)を組み立てて、消耗品である「ふわふわキャッチャー」を取り付けます。



本体が 300 円ほどでふわふわキャッチャーが1個付属します。付け替え用のふわふわキャッチャーは3個で300ほど。 棒の部分は折り曲げる事はできせんが、しなりを利用して多少の曲がりには耐えられます。



当然、キーボードの掃除にも最適ですが、このふわふわキャッチャーが便利なのは。360度の埃をキャッチできるところ。 隙間などに突っ込めば、上下左右の掃除ができます。これは凄い便利!!



推奨されてなく、自己責任の作業となりますが、パソコンケース内の掃除にも使ってみました。 ケース内は思ったより汚れるもの。掃除する場合はコンセントを抜く必要がありますが、確実に埃を除去できます。



ふわふわキャッチャーの羽が取れる場合もあるようですが、管理人が利用した限りでは取れてません。 もし、羽が取れた場合は、パソコンケース内からその羽を確実に除去する事を忘れずに。 故障を誘発する可能性があります。

今回は掃除をしていない期間、1 年以上だったパソコンケース内を掃除したので、1 回でふわふわキャッチャーを消耗してしまいました。 テーブルまわりで小まめに利用する分には、そんなに消耗は激しくありません。


クイックルワイパーハンディ

さて、次はサイト内の清掃をしないと・・・・





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項