MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Kingsoft Internet Security free を使ってみました

 広告を表示させる事で、有料版の機能制限無しに アンチウイルス、ファイアウォール、アンチスパイ、アンチスパムの機能と、OSの脆弱性を診断するセキュリティアナリシスを備えた総合セキュリティソフトを無料で利用できます。


前回 は、広告を表示させる有料版の機能を全て利用できる総合セキュリティ対策ソフトの Kingsoft Internet Security free をインストールしてみました。 今回は、セキュリティソフトの乗り換えを検討している方の参考になればと、実際に利用してみた感想を書きたいと思います。



日常の稼動状態

Kingsoft Internet Security free でインストールされるアプリケーションは右のプログラムです。 日常で利用するにあたり、スタートメニューからこれらのアプリケーションにアクセスする事必要は、ほとんど無いと思われます。 Windows にログインすると、右下のタスクバーに Kingsoft AntiVirus と、Kingsoft Personal Firewall が常駐します。 つまり、リアルタイムに保護する事になります。



Kingsoft Personal Firewall

ファイヤーウォールは、外部から内部、内部から外部への通信をコントール、監視する機能で、インストール初期状態で有効になり、Windows が起動している時は常に稼動するソフトウェアです。 このパネルは、右下のタスクバーに表示された常駐アイコンをダブルクリックする事で開くことができます。



利用方法は、ローカルネットワークで他のコンピュータとファイルの共有などをしている場合、そのコンピュータを通信を確立するために設定する必要があります。 その他は、新しいプログラムが通信を開始する時に、ファイヤーウォールが検知してパネルが表示されます。



ここで許可、非許可を選択する事で、利用環境に適した設定が日々更新されます。 つまり、ファイルの共有以外はあえて最初に設定する必要はありません。コンピュータを利用しながら設定していく感じです。 ファイヤーウォールの設定とは、Kingsoft Personal Firewall では「適用ルール」に属します。 設定を誤っても、適用ルールを参照する事で許可、非許可を変更できます。

もちろん、この方法は Kingsoft Personal Firewall の特殊なやり方ではなく、一般的なファイヤーウォールの操作方法と同じです。 他のセキュリティ対策ソフトから乗り換えても、操作方法に違和感は無いと思われます。 昔の無料のファイヤーウォールソフトと言えば、英語版で警告されるプログラムのファイル名だけが表示され、何のプログラムが通信しようとしているかの検討がつかず、許可、非許可の判断がしずらいものが多かったです。 今では日本語化され、プログラムのファイル名だけではなく、プログラムの名称、ファイル名、何をしようとしているか、対策方法などが表示されるので、判断がしやすくなる傾向です。



Kingsoft AntiVirus

Kingsoft AntiVirus は、ウイルスを検知、駆除する機能です。こちらもファイヤーウォールと同じくタスクバーの常駐アイコンからパネルを表示する事ができます。 スキャン方法は3つのカテゴリがあり、「クイック」とは、スキャンする(ウイルスを検知する、または、探す)場所をあらかじめ決められたディレクトリやドライブで選択でき、パソコン初心者でも気軽に利用できると思います。

例えば、「ハードディスク」を選択すれば、コンピュータに保存された全データをスキャンできますが、「マイコンピュータ」や「マイドキュメント」を指定する事で、ハードディスクドライブ 内の特定のディレクトリのスキャンへと範囲を狭める事ができます。 「メモリ」は、現在稼動しているプログラム(プログラムはメモリにコピーされて高速に読み込まれる)だけをスキャンします。



「パス指定」は、フォルダ単位まで指定する事が可能で、クイックよりもよりスキャンする範囲を絞る事ができます。 単純に1つのファイルをスキャンしたいのであれば、ファイルにカーソルを移動して右クリックでスキャンを選択する事ができます。



スキャン中は、完全にタスクバーに隠れるのではなく、左上に縮小バーが表示される仕組みです。



スキャン結果のレポート画面。



「システム」はメールやウェブページ(ホームページ)閲覧時にリアルタイムに稼動している状態を表示します。 つまり、ウイルスに感染する可能性が多い部分を、スキャンを手動で実行するのではなく、常に監視している事になります。 これは、WEB版のウイルススキャンとは異なるところです。



Internet Explorer 6 で試した結果、ステータスバーでスキャンしているのが分ります。 ただ、Internet Explorer 7 を含む、他のブラウザでどうなるか確認していません。



ウイルスパターンファイルの更新

セキュリティソフトはウイルスパターンファイル(定義ファイル)が命であり、これを更新する事で新しいウイルスに対応する事ができます。 この作業は、Kingsoft Internet Security free をインストールした時に手動で実行したはずですが、日々更新する必要があります。

更新は手動でも可能ですが、日に数回更新されるため、初期状態で自動更新になっています。 更新が適用されると、デスクトップの右下に報告パネルが表示されますが、ここにこのソフトを無料で利用できる仕組みである、広告が表示されていました。 他のソフトでも同じ様になんらかしらのパネルが表示されますが、Kingsoft Internet Security free は表示されている時間が長かも知れません。 しかし、それは自動で消えるまでの時間が長いだけで、「OK」ボタンや「×」ボタンをクリックすれば即消えます。 決して邪魔になるものではありませんでした。



Kingsoft Security Analysis

Kingsoft Internet Security free には、コンピュータの脆弱性をチェックするアナライザが搭載されています。 起動するには、「スタート」→「すべてのプログラム」→「Kingsoft Internet Security」→「Kingsoft Security Analysis」、または、ファイヤーウォールパネルのメニューから「ツール」→「システム脆弱性スキャン」をクリックします。



右が Kingsoft Security Analysis の操作パネルです。 Windows Update し忘れているものや、コンピュータの設定でセキュリティが甘いと思われる箇所を探す事ができます。



この機能を利用するには、免責事項に同意する必要があります。



管理人のテスト環境では、今回都合が良く脆弱性が発見されました。「修復」ををクリックしまう。



「緊急」になっているのは、Windows Update の適用漏れ。「低」となっているのは、一般的に Windows を利用する上で改善した方が良いとされる設定。 今回は「緊急」を修復してみます(「低」はウィザード形式での変更ができません)。



セキュリティ更新プログラムをダウンロードして、自動でインストールを完了する事ができました。



Kingsoft AntiSpyware

最後は定番のスパイウェアの検知、駆除ソフトです。 こちらもウイルススキャンと同じく、3段階でスキャンする範囲を選択できます。



修復機能では、復元されたくないファイルを削除するファイルクラッシャーも装備。 ごみ箱から復元されないようにファイルを抹消できます。



Kingsoft Internet Security free は、市販ソフトの体験版ではなく、広告収入により無料で公開されているソフトなので、それまでのフリーソフトとは異なり総括的なセキュリティ対策が可能となっています。 現時点では広告に関して何の不満もありませんが、今後は変更されていくかも知れません。分らないけど。 そう予想する理由としては、これだけの機能で無料とは、他社のソフトと比較するとあまりにも凄いからです。

キングソフト




Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項