MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

AV機能が豊富な
東芝 Qosmio F40 シリーズ

 地上デジタルTVにだけ照準を絞った東芝 Qosmio F40W/87CW Webオリジナルモデル PQF40W87CLNW


ビジネス向けパソコンのイメージが強いノートパソコンですが、今ではしっかりホームユーザーの支持も得ている東芝ノート。 その中でもAV機能が融合された Qosmio シリーズは、高機能を重視してテレビ録画やゲームユーザーにおすすめです。


東芝 Qosmio F40W/87CW Webオリジナルモデル PQF40W87CLNW
インテル® Core™ 2 Duo プロセッサー T7300 動作周波数2.0GHz
L2キャッシュ 4MB
2GB(1GB×2)/4GB(PC2-5300(DDR2-667)対応 SDRAM、デュアルチャネル対応)
120GB(5,400rpm、Serial ATA対応)
NVIDIA® GeForce® 8400M GS(PCI Express)
地上デジタルTVチューナ
Windows Vista Home Premium


前作と比べて、ほぼ全てのパーツがアップグレードされていますが、Qosmio シリーズは複数のモデルが展開されています。 上は、WEB限定モデル「Qosmio F40W/87CW PQF40W87CLNW」で、東芝ダイレクトショップでしか購入できないバージョンです。 いくつか種類があるモバイル向けデュアルコア Intel® Core™ 2 Duo プロセッサーの中でも、CPUが最も早くアクセスできる L2キャッシュを 4 MB 搭載してあり、店頭モデルよりもクロック数が高いのが特徴でしょう(店頭モデルはT7100 動作周波数1.80GHz)。

WEB限定モデルは、Qosmio シリーズで最上級モデルに位置するのでは無く、性能とコストのバランスが良いモデルとなります。 店頭モデルでは、地上デジタルTVチューナ/地上アナログTVチューナを搭載したモデルもありますが、グラフィックス機能にオンボードを採用しているモデルもあるので注意が必要です。

メモリ最大積載量が2GBから4GBにアップしていますが、実際に 4GB を搭載する場合は、スロット数の問題で、あらかじめ搭載されているメモリを取り外す必要があります。つまり無駄になるのですが、MAX 4GB を考慮しない場合は関係ありません。 一般的には、デュアルコアプロッサ、Nvidia グラフィックス機能、標準 2GB のメモリで、Windows Vista Home Premium の動作は快適となります。

地上アナログTVを排除して、地上デジタルTVだけを楽しみたいユーザーには、バランスの取れたAVノートパソコンとなるでしょう。もちろん、ゲームユーザーにもおすすめです。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項