MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ますます加速するのか?
オンキヨのオーディオPC

 マニア向けだったオンキヨのオーディオパソコン市場が広がる可能性があります


7 月 2 日、パソコン販売で有名なソーテックが、一流オーディオメーカーであるオンキヨの子会社になる発表がありました。 オンキヨと言えば、MCJ など複数のメーカーとオーディオ機能を重視した特異なパソコンを販売していた経緯があり、現在でもオンキヨのダイレクトショップでオーディオにこだわったパソコンを販売しています。

Windows を搭載してオーディオ機能を重視したパソコンとなるため、オーディオマニアにとっては都合が良くても、パソコン初心者のユーザーにとっては難しい選択となります。 一般的には、Windows Vista(ウインドウズビスタ)の機能を利用しますが、オーディオに関しては独自ソフトを利用するため、Windows 本来の機能が全て発揮できるとも言えません。

もちろん、オーディオにこだわるユーザーにとっては、それで良いのですが、家電感覚で利用するほど一般層にあるわけでもありません。それだと、逆にオーディオマニア からは支持されなくなってしまう可能性もありますから。

しかし、パソコン販売のソーテックが子会社となると言うことは、一般ユーザー向けのオーディオパソコンが面白い展開になりそうです。 マニアにだけ注目されていたパソコンが、一般ユーザーに広まる可能性があるからです。

オンキヨは、オーディオパソコンの他に、オンライン音楽サービス、オーディオソフト、オーディオ機器のようなキーボード、サウンドカード、そして、定番の PC スピーカーを販売しています。 キーボード が登場したあたりで気がつくべきでしたが、すでにオーディオパソコンを本格的に投入していくハードウェアとソフトウェアとサービスが揃っていることになります。

ここで、ソーテックの子会社化により、おのずと期待は膨らむのですが、ソーテックもどちらかと言えば、全てのユーザー層におすすめできるパソコンを販売しているとは感じませんでした。 悪いパソコンを販売しているメーカーではありませんが、初心者ユーザーに絶対的におすすめできるパソコンと判断するにはインパクトが無いので、MB-Support の日記でもほとんど取り上げていませんでした。

オンキヨにとっては、逆に都合が良くオーディオパソコンが販売できるかも知れません。 独特なパソコン構成になるゆえに、パソコンとしての最新技術や最新ソフトに依存しくても問題ないからです。 もちろん、オーディオに関しては一般的なパソコンよりも優れたパーツ、ソフトウェア構成になると期待します。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項