MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

VAIO type FZシリーズ Full HD 1080 ブルーレイディスクドライブ搭載可能

 HDMI出力端子を標準装備して、NVIDIA GeForce 8400M GT、ブルーレイディスクドライブを搭載可能


今度の VAIO(バイオ)は、インテルCentrino Duoモバイル・テクノロジー採用、最大4MBの2次キャッシュを搭載したデュアルコアでも高性能な Core 2 Duo T7700(2.40 GHz)、グラフィックスにNVIDIA GeForce 8400M GT 256MB、HDMI出力端子搭載、ブルーレイディスクドライブ搭載可能と高性能。

電器屋さんなどで一般販売されるモデルより、ソニースタイルのオーナーメイドで選択する方が自分にあったバイオを購入できます。

MB-Support では、久しぶりにソニーのバイオを日記で紹介する事になりますが、管理人としてはこれらのパソコンにあまり興味が無かったりします。 バイオは、家電に強いソニーが販売するパソコンのブランドで、基本的に初心者ユーザーが始めて購入するとしても、丁寧なマニュアルやサポート、操作性などが充実している ため、さしてアドバイスも無いのです。つまり、購入して間違うという事が少ないランナップなのです。

一方、何台かパソコンを乗り換えてきたユーザーにとって、これらの家電向けパソコンの魅力はゼロに等しい。 パーツ単位で考えると割高だったり、現時点で本当に最新であり、価格と性能が見合わないスペックが多いからです。 しかし、この考え方も、もう過去のものになりつつあります。

省電力設計のデュアルコア Core2 Duo の普及が大きいと思いますが、ソニースタイルでは L2キャッシュ 4MB のプロセッサを選択でいます。Windows Vista(ウインドウズビスタ)からパソコンを考えた場合、Core2 Duo プロセッサと主メモリ 1 GB 以上、グラフィックス専用メモリを搭載している事がポイントになりますが、NVIDIA GeForce 8400M GT 256MB を選択すれば、これをクリアする事ができます。

唯一残念なのは、Windows Vista の最上級エディションのアルティメットを選択できないところ。 全ての機能を使わないまでも、OEMなら価格が安いし、今後登場すると思われる特典が魅力的なエディションです。 もちろん、使わないならそれでも良いのですが、Windows を使い込みたいユーザーにとってはアルティメットが一番かと思います。

そして、紛らわしいのが Windows Vista(TM) Home Basic 正規版 が選択できるところ。 Home Basic は Windows Vista の最も価格が安いエディションで、Windows Vista の目玉となる Aero(アエロ)が搭載されていません。 つまり、ハードウェアのスペックをあげたとしても、それらを十分に発揮する事ができません。 これに関しては、ソニーのオーナーメイドで Business か Home Premium に変更できるので、購入する時はチェックが必要です。

商品画像をクリックすると、メーカー詳細ページが開きますが、どうもこのバイオに関しては Business エディションを薦めている傾向にあります。 このパソコンはビジネス向けなのか? この辺の事情は色々考えられますが、FZシリーズに関しては映像や音楽に強いパソコンと言っても、テレビ録画できるわけではありません。 デジタルカメラ やデジタルビデオカメラで撮影した映像の編集に強い事を意味します。

チューナーを搭載してバイオもありますが、いずれにせよ、独自のアプリケーションをメインとしており、Windows Vista の ホームプレミアム と アルティメットに搭載された Windows Media Center を利用する事をメインとしていません。 実際、Media Center が最高の機能か否かはユーザーが判断すれば良いのですが、この事情からホームプレミアムやアルティメットよりビジネスエディションを推奨している感じがします。

話はそれましたが、Windows Vista パソコンとしての基本的なハードウェアスペックは満たしているのは確実です。 しかし、それではソニーのバイオとしては不満なのでしょう。「家電」の部分が必要です。 まず一つは、対応したテレビがあれば、ケーブル1本で音声と映像をデジタル信号のまま出力できるHDMI出力端子を搭載しています。

そして、目玉となるのは普及型の15.4型ワイドのVAIOノートに、最新のブルーレイディスクドライブを搭載できるところです。 デジタルハイビジョン ハンディカム やデジタル一眼レフカメラで撮影した映像も、ハイビジョンの高精細画質のままブルーレイディスクに保存できます。 DVDスーパーマルチドライブとブルーレイディスクドライブの価格差は、現時点で5万円くらいになります。 これは、DVDスーパーマルチドライブを搭載したVGN-FZ50Bと、ブルーレイディスクドライブを搭載したVGN-FZ70Bで比較した場合です。 両者の違いは、 ハードディスクドライブ も120GBから160GBに、専用ビデオメモリも128MBから256MBにアップグレードされているので、実際は5万円を切る価格差となるでしょうか?





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項