MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live Writer Βeta から MSN SoapBox、Google Video、YouTube などの動画を挿入できるアドイン Insert Video


Windows Live スペースでは、動画を投稿する機能は搭載されていないものの、embed video コードを挿入できる様になっています。 アドインを利用する事で、Windows Live スペースのコンテンツに動画を表示させる事もできますが、すでにエントリーに Video へのURLのを埋め込める様になりました。

さらに、ローカルでこれらのエントリーを作成して投稿できる、Windows Live Writer (現在はベータ版)向けに、MSN SoapBox, Google Video, YouTube, MySpace Video, Yahoo! Video, muveeMix, myvideo.de videos の動画を挿入するアドオンが提供されています。

Insert Video - Windows Live(TM) Gallary Beta

必須となるシステムは「.NET Framework: .NET Framework 2 」「 Windows Live Writer 1.0.X 以降 」で、Windows Live Writer を利用するのに必要な環境なので、Windows Live Writer を利用しているユーザーはアドオンをダウンロードしてインストールするだけとなります。



インストールが完了すると、Windows Live Writer の上部に設置されたメニュー「ツール」→「オプション」で「Insert Video」プラグインが認識されます。 さらにプラグインの詳細にある「オプション」ボタンをクリックすると、Insert Video のデフォルト動作を設定できます。

英語なので難しい様に感じますが、これらはデフォルト設定のパネルで、普段は Windows Live Writer の右パネルで簡単に操作できます。 そこで、「Plugin decides」を選択した場合に、ここで設定したデフォルト設定が読み込まれるだけです。

「Visdeo Code Option」では、「Enbed Full video(動画をその場で視聴可能なプレイヤーを含めた表示)」「Image + Link(動画のサムネイルと動画を視聴するためのリンク)」「Plugin deceides(ここで設定した状態)」を選択できます。 「Option in new Window」は、動画のリンクをクリックした時に、別窓で表示する場合にチェックします。

「Enable video transparency」は動画の透明にするとありますが、実際にはどういった機能なのか不明です。 Windows Live スペースでは、コンテンツが透明なので標準で「Enable(有効)」となっています。 「set the video autoplay」は、サイトにアクセスした時に自動で動画を再生する場合にチェックを入れます。 デフォルト設定ではチェックが外れているので、プレイヤーが読み込まれてクリックでアクティブにして、さらにクリックで再生の手順を経ます。

「Default Width」では、挿入したプレイヤーのサイズをピクセル単位で指定できます。しかし、これらの事は実際に動画を挿入して Windows Live Writer で細かく変更できます。



次は実際に動画を挿入する方法です。 Windows Live Writer を起動して、エントリーの下書きをします。 「挿入」→「Video」 をクリックします。



挿入したい動画のアドレスを「Video Link」にコピー&ペーストします。



YouTube なら、動画を再生させ、右に表示された URL (右画像の赤枠部分)をコピーして貼り付けます。 注意が必要なのは、Embed コードではありません。URL の方です。プレイヤーの有り無しは、プラグインから設定します。



Soapbox の場合は、ビデオのページを表示して、右メニューの「Video Link」をクリックすると、目当てのアドレスが表示されます。



すると、動画のプレビューが表示され、オプションパネルが有効になります。 ここで、「Plugin Decides」を設定すれば、先に設定したデフォルトの設定が読み込まれます。 変更しても構いません。最後に「Insert」をクリックします。



あとは通常の下書きと同じです。右パネルで余白を設定したり、動画の埋め込み方法を変更できます。



インストール方法

1. Insert Video - Windows Live(TM) Gallary Beta にアクセスして「ダウンロード」ボタンをクリックします。



2.このプラグインは、マイクロソフトから提供されているものでは無いので、サードパーティ製であることが表示されます。 「インストール」をクリックします。



3.セキュリティの警告が表示されます。「保存(S)」をクリックします。



4.左メニューのデスクトップをクリックして、「保存(S)」をクリックします。



5.左メニューのデスクトップをクリックして、「保存(S)」をクリックします。



6.デスクトップにダウンロードした InsertVideoV3Setup.msi をダブルクリックします。 Windows をインストールした初期状態では拡張子は表示されていません。 しかし、今回のインストールには関係ありません。



7.セキュリティの警告が表示されます。「実行(R)」をクリックします。



8.インストールウィザードが起動します。「Next」をクリックします。



9.プラグインをインストールするフォルダを指定します。変更する必要はありません。 プラグインを全てのユーザーで利用可能にするか、今ログインしている自分だけで利用するかを選択します。 このユーザーとは、Windows で設定したユーザーアカウントの事で、レンタルブログのアカウントとは関係ありません。 「Next」をクリックします。



10.「Next」をクリックします。



11.インストール中です。しばらくお待ちください。



12.「Close」をクリックします。インストール完了後、Windows Live Writer を起動すればプラグインが追加されています。


Writer Zone - Windows Live Writer team blog

Windows Live スペース

Insert Video - Windows Live(TM) Gallary Beta




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項