MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Win Skype 3.2 正式版登場

 Skype はチャット、音声通話、ビデオ通話が可能な無料のアプリケーションです(固定電話にかける場合は有料になります)。


2007 年 5 月 10 日にそれまでベータ版として公開されていた Win 用 Skype 3.2 が正式版となりました。 さらに、2007年05月16日にいくつかのバグを修正した Skype for Windows ver. 3.2.0.148 Gold hotfix が公開されています。 新機能に関しては、ベータ公開時のページを参照とのこと。

Skype 3.2ベータ for Windows公開



Skype の機能設定のメニューがシンプルになりました。 設定項目の「プライバシー」で「ビデオを自動受信」と「ビデオ利用を通知」が追加されました。 初期状態では「すべてのユーザー」となっているので、場合によっては変更する必要があるでしょう。


Skype 3.1 Skype 3.2


WEB カメラの映像からビデオスナップショットを撮る機能が追加されました。 これは、プロフィールの画像に利用可能です。プロフィールの画像は、デフォルトでもバラエティに富んでいますが、パソコン内の画像を簡単に指定する事ができます。 しかし、わざわざ デジタルカメラ で写真を撮るのも面倒ですね。そんな時はこの機能が重宝するでしょう。



単純に、WEB カメラに付属するアプリケーションでもスナップショットを撮るのも簡単ですが、スカイプに搭載された機能は反転して処理されます。 また、キャプチャーする範囲を簡単に選択する事ができます。



っと、ここまでがスカイプの話。ここからは、前回購入した WEB カメラの話になります。 動画 200 万画素、静止画 760 万画素 のマイクロソフト製 WEBカメラ LifeCam NX-6000 を使ってみました で書きましたが、管理人が購入した WEBカメラはマイクが内蔵された LifeCam NX-6000。



そして、これはノートパソコン用の WEB カメラなので、 液晶ディスプレイ の厚みが 15 ミリ以上ではうまく設置できません。 そこで、前回は設置する金具を自作したのですが、これが結構空しかったりします。



もっと見た目もよく、簡単に WEB カメラを取り外し可能な設置方法はないものか探していたところ、ダイソーでパソコンバインダーを発見しました。



パソコンバインダーなので、通常は書類などの紙を留めておくもの。 WEB カメラとでは重量が異なるので無理があるのは承知ですが、付け根の部分が横方向だけでは無く、360 度回転します。



これなら、見た目もカッコイイし、WEB カメラの位置を調節するのも簡単です。 ただ、やっぱり WEB カメラを支えるだけの強度は無く、コードを上手く利用する必要があるでしょう。



ディスプレイの支えから外れると、やっぱり重量で落ちてしまいます(左下写真)。 極端にアームを上げると、支える事が可能です(右下写真)。 別に、これらの角度で撮影し続ける事はしないので、固定されなくても良いのです。 肝心な事は、カメラを取り外さなくてもポジションを変更できる所です。


360 度回転可能なので、USB ケーブルの長さだけ確保できれば、撮影しながら部屋中をぐるっと撮影できます(しても意味は無い)。 360 度以上も可能ですが、USB ケーブルの処理が面倒です。



液晶ディスプレイの背面もすっきりしました。それまでは、綿テープで金具を取り付けていたため、非常に見苦しかったです。

WEBカ メラは、液晶ディスプレイに設置できる事が必須で、欲を言えば、設置部分が360度どの角度も簡単に変更できる仕様が望ましいでしょう。 リモートでこれらの位置を変更できる必要は無く(それはまた特殊な利用方法なので専用カメラが存在します)、手で気軽に移動できるのが一番でしょう。


Skype ユーザーガイド

Skype関連商品 / 書籍

Skype フォン一覧

1.Skype ( スカイプ ) を使ってみました




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項