MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 海賊版対策プログラム WGA が強化されました

 Windows 海賊版対策プログラムが、Windows プログラムの更新で表示される様になりました。これにより特典プログラムを受ける時以外にも、WGAの実行を強いられることになります。


従来は特典プログラムをインストールする場合だけ必要であった Windows Genuine Advantage ( 海賊版対策プログラム ) が、今回から Windows 更新プログラムとして配布される事になりました。

具体的には・・・・ Windows Update や Microsoft Update で通知される事になります ( もうすでに通知されているので、知っていると思われます ) 。



現時点ではこれは任意で実行するものです。最終的には実行しなければセキュリティのアップデートが行えない事になりますが、現時点では任意です。 しかし、更新プログラムで表示されるということは、実行しなければ過剰な警告を受け続けます。

ダウンロードして実行してしまった方が無難です。



「次へ(M)」をクリックします。



今回インストールするものの説明と、使用許諾契約書が表示されます。 これに関してはよく読んで、内容を理解した上で「同意する(A)」をクリックして、さらに「次へ(N)」をクリックします。

これを実行した事により、自分のコンピュータにインストールされた Windows が海賊版である事が発覚しても、マイクロソフトから直接連絡や個人を特定する事はできない、する権利が無い事が書かれています。 しかし、海賊版である事が発覚した場合は、過剰な警告は表示され続けるので、事実上使い物になりません。



実行するとファイヤーウォールの警告が表示されるので、許可してあげましょう。 海賊版で無い事が証明されると、右のプロパティが表示されます。



正規品の特典プログラムは、さして魅力的なものはありあません。しいて言えば、Ienternet Exporer 7 くらいでしょうか・・・ このプログラムは、海賊版撲滅と、海賊版を利用するユーザー数を把握する事にあります。 つまり、正規品を利用していて当たり前なので、特典は微妙なわけです。

海賊版であってもセキュリティ上の理由から SP2 を適用できました。 今回のプログラムが実行された事により、WindowsXP SP2を利用する海賊版ユーザーを撲滅する流れにつながると思われます。 また、Windows Vista(ウインドウズビスタ)には最初からこのプログラムが導入されています。

正規の Microsoft ソフトウェアについて





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項