MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live Messengerのページを開くと、おかしな人間が表示されます


Windows Live Messengerは、ファイル共有、オフラインメッセージ、連絡先の統合、チャット、音声通話、ビデオ会話などが楽しめる無料のツールです。現在、Windows Vista(ウインドウズビスタ)の登場により、公式サイトにアクセスすると左から人間が登場します。



はて?いったい何をするのか?ページの中央よりも左で止まり、Windows Live Messengerの新バージョンと、Windows Vistaの宣伝です。 次の瞬間、くるっとまわって、後ろに書かれているものを見せます。



マイクロソフトはしばし、人間を広告に使います。それは、そのままの人間の映像を利用する時もありますが、今回はモノーンです。これはWEBサイトで動作しているので、技術は凄いのですが、広告の仕方はかなり古いですね。今時、こんな格好で路上で広告しているとすれば、いかがわしいお店しか思いつかないです。



見ているのは楽しいですが、邪魔と言えば邪魔。そんな時は、「×」ボタンをクリックします。すると、広告表示をやめ、左に歩いてだします。



人間広告が表示されていない間は、メッセンジャーで良く利用されるアイコンが左に待機します。これをクリックすると、再び人間が左から登場します。いつまでかは分かりませんが、面白いのでご覧下さい。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項