MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

MB-Supportの関係者が、他のサイトで質問への回答や書き込みを一切おこなっておりません

 少し気になる事があったので、誤解されないように断言します。


ページタイトルからして厳しい内容の文章になると思われるかも知れませんが、別にたいした事ではありません^_^; ただ、検索サイトを徘徊していると、気になる事があるので断言しようと思います。

自分が制作したサイトが、検索サイトでどのように検索されるか気になる時があります。 それは、JavaScriptメインのページリンクに移行したため、いわゆるSEO(Search Engine Optimization)に関しては全く効果が無いサイト構成になっているからです。

単純にGoogleやYahoo!で自分のサイトを検索してみるのですが、hatenaとかYahooでパソコン関係の質問を受けるサイトで、MB-Supportへのリンクを多く見かけます。 質問を受けて答えるユーザーが、MB-Supportにリンクしている事になります。

これに関しては全然不満は無く、逆にありがたい事でもあります。 しかし、よく考えると、これはMB-Supportの管理者が発言しているのでは? と、思われてしまう内容もあります。答えるユーザーの発言の中には、ほとんどがMB-Supportへのリンクだけで済ませてしまっている場合があります。 つまり、1つの質問に対して、MB-Supportの個別ページへのリンクを複数貼り付けているケースです。

考え様によっては、管理人が自分のサイトに誘導したいがために、それを投稿していると思われるかも知れません。 しかし、私は hatena や Yahooなどのオープンな掲示板でパソコンに関する質問に対して発言したことがありません。 つまり、質問掲示板などで、MB-Supportへ自らリンクする行為もしていませんし、今後もする気はありません。

それを実行した方が、サイトの集客率が高まると感じたのがつい最近です。 実際、パソコンに関する質問掲示板は時々徘徊します。 しかし、それは答える側の発言を参考にするのではなく、質問投稿だけを読むためにです。 どんなトラブルが多く起こっていて、どんな事を知りたがっている傾向にあるかを調べるためにです。

そこでしゃしゃり出て答えたりは一切しません。 パソコンに詳しかったり、パソコン歴が長かったり、パソコンが好きだったりするだけは、パソコンサポートが務まるものでは無い事を知っているからです。 それは、どこそこのメーカーや販売ショップでパソコンサポートを経験すれば分かると思います。 特に無数のパーツを組み合わせて販売しているカスタムパソコンショップでのサポート経験が重要です。 パーツが定まったメーカーでのパソコンサポート経験では難しいかも。 パソコンサポートはパソコン歴やパソコンに詳しいだけでは無理なのです(2度目です)。

このサイトはシャーロックホームズをイメージして作られています。 それは私がシャーロックホームズの大ファンであり、パソコンサポートとシャーロックホームズの事件解決方法が非常に似ているからです。

パソコントラブルに遭遇して質問を投げかけている人がいるとします。つまりクライアントですね。 シャーロックホームズならば、間借りしている221Bの部屋へ通して、葉巻を奨めながら事件の内容を聞きます。 しかし、電話や掲示板などのWEBサイトを利用したサポート業務ではそれはできませんね。

どちらも共通している事は、トラブル(事件)を解決したいと願うユーザーが存在して、そのトラブルを解決するヒントを提供するのがクライアントである事です。 ここでポイントなのが、事件を解決するヒントはクライアントが持っている。しかし、クライアントが提示する情報は微々たるものなのです。 また、無意識の嘘も含まれます。これは、フロイトやユングの世界にも精通するものがありますね。

早い話が、クライアントの発言を真に受けるのは危険だという事です。 おそらくほぼ解決できないでしょう^_^; 大切なのは、クライアントから情報を聞き出す事です。質問してきているのは明確ですが、ほとんど役に立たない情報しかありません。 そこであからさまにこちらが欲しい情報を訪ねてはいけません。なぜかは知りませんが、自分で質問してきて勝手に相手は飛ぶからです^_^;

飛ぶのが早ければ、早い方が良い。無駄な試行錯誤から解放されるからです。 もし本気で解決を望んでいるのなら、相手にあたりさわり無い様に適当な事を言いつつ、こちらが欲しい情報を提供させる手法を得るしかありません。 結局は、「粘土が無ければレンガは作れないのだよ! ワトソンくん」につきます。

情報を聞き出すと言っても、個人情報を聞き出してはいけません^_^; そんなものは役に立ちませんから。聞き出す事で、自分が実行した事をクライアントに分からせることにもなります。 情報が集まれば、あとはパソコン好きや、パソコン歴で何とかなるでしょう。 何とかならない場合の原因は、間違った情報を真に受けているか、必要な情報を得る術が無い事になります。 つまり、重要なのは推理ですね^_^; 集まった情報を元に、現実的に考えられることを消去していき、残ったものがどんなに信じられなくても、それが真実となります。 つまり、クライアントがまさかそんなことはしないだろう、常識的に考えてそれはしていないだろう、などという発想は捨てた方が良いでしょう。

ちなにみ管理人は何回も騙された経験を持ちます。 電源が入らない・・・まさかコンセントを入れていないとは! インターネットに接続できない・・・まさか接続料金を滞納していたとは!(この場合はグローバルIPがモデムまで借り入れられるため、なんとも意味不明な動作をします) これらの事はクライアントが悪いのではなく、初歩的な事を省いた自分が悪いと感じています。 もちろん、あからさまにそんな初歩的な事は聞けません。しかし、消去方を利用するには、1から確実に確かめる必要があるのです。 それをおろそかにした結果、解決するのに時間を要してしまうのです。

さて・・・そんな事より、私は何を熱く語っているのか・・・そうだ、他サイトの掲示板に自らMB-Supportへのリンクを貼らない事と、他サイトの掲示板にパソコン関係のトラブルに対して発言しない事のお知らせです。 ただし、 ディオゲネス・クラブ(お友達リンク) のメンバーが公開しているブログには発言しています。しかし、ほぼパソコンの事ではありません。 また、Mixiなどのソーシャルネットワークでも発言をしていますが、ほぼ友達までしか閲覧できないようなところです。そして、もちろんパソコンと関係ない事が多いです。


そして最後に、MB-Supportではメールマガジンを発行していません。つまり、サイト内の掲示板に投稿したり、管理人にメッセージを送ったとしても、こちらからメールを配信する事は一切ありません。 MB-Supportを語るメールが届いた場合は、開かずに削除して下さい(スパムメールはアドレスを偽装します)


MB-Support パソコン初心者のサポートページの著作権/免責事項

追記(2018年8月):その後、個人のWEBサイトに Microsoft Expression Web に関する質問、個人のブログへシャーロック・ホームズに関する情報共有をしました。





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項