MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

2007 Microsoft Office system Beta 2 TR(テクニカルリフレッシュ)の登場


編集する内容によってメニューが自動で切り替わる新しいユーザー インターフェイスが話題の 2007 Microsoft Office system。 Office(オフィス)とは単体のソフトウェアの名称では無く、文章を入力するワードプロセッサや表計算を作成するエクセルなどを組み合わせたシステムのことを呼ぶのですが、2007 Microsoft Office system Beta 2 が公開されていました。 そして、今回は Beta2 を利用しているユーザーに向けた 2007 Microsoft Office system Beta 2 TR(テクニカルリフレッシュ)の登場です。 ダウンロードファイルは 600 MB ほどで、インストールは beta2 がインストールされたシステムに上書き可能です。



上でも説明しましたが、Office はソフトウェア群を指すため、個々のソフトウェアを紹介できる能力を管理人は持っていません。 その説明はメーカーサイトを参照して下さい。 今回インストールした RC1 では、アプリケーションが起動する時のスプラッシュ画面とアイコンがリニューアルしていました。 日本語のヘルプも充実しています。

Beta2 が登場して問題になっていた PDF ファイル形式での発行は初期状態で見当らず、アドインを探すリンクに置き換わっています。 2007 Microsoft Office Add-in Microsoft Save as PDF or XPS をダウンロードしてインストールするれば、beta2 と同じく PDF 形式で発行可能です。

アレンジの項目は微妙に変更されています。

前回は全く理解できなかったブログへの投稿ですが、スペース名に Windows Live Spaces ウェブアドレスの自分特有の文字を入力して、電子メールによる投稿を有効に設定した時の「秘密の言葉」を入力すると投稿可能になりました。 スペース名とかアカウントとかサービスによっては一緒だったり、特殊な呼び方をしたり、指している文字が全く異なる場合があります。 今回の WORD でブログに投稿する時も「MSNスペース」の名前が使われていたり、スペース名がサイトのタイトルでは無く、特有のアドレス部分だったりごちゃごちゃです。 英語のマニュアルには例を上げて説明が掲載されてあったので助かりました。

ただ、文章は投稿できるもののスペースに画像を転送する方法が分かりませんでした。 自サーバーからの投稿だったらできなくもありませんが、誰でも気軽に使用するとは思えません。


文章は投稿できたので前回より進展はありましたが(もちろん理解している人は Beta2 でも可能)、画像を手動で転送するしかありませんでした。 また、スペースで電子メールによる投稿の設定で、下書きとして投稿するを選択したとしても、WORD の方で本投稿/下書きを選択できます。 これは便利です。 ブログ投稿ツールとして無償で提供されている Windows Live Writerβ版(ウインドウズ ライブ ライト ベータ) がありますが、動作が軽いのでブログ投稿ツールとしてはこちらのが使いやすいです。 しかし、現時点では英語版のみとなります。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項