MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Microsoft(R) Expression(R) Web Beta1 日本語版をインストールしてみました

 FrontPage 2003 の後継となるマイクロソフトのホームページ制作ソフト Expression Web


Microsoft(R) Expression(R) Web Designer は、FrontPage 2003 の後継となるホームページ制作/管理ソフトです。9 月 12 日に Microsoft(R) Expression(R) Web に名前を改め、日本語版ベータが登場しました。なぜ、こんなに紹介が遅くなったか? それあが・・・結構インストールが面倒でした




前回までの英語版 TCP1 を利用していたのですが、これをアンインストールする必要があります。 まぁ~これは当たり前なのですが、Microsoft Office 2007 system ベータ 2 Technical Refresh 以外の Microsoft Office 2007 system プレリリース版と共存ができないとの事( Microsoft Expression Web ベータ 1 Readme )。

タイミングも悪く、英語版の公開を先に知り、インストールで失敗した矢先に日本語版の提供を知った管理人。 一度インストールに失敗すると、コントロールパネルのプログラムの追加と削除でアンインストールする事ができなくなります。 対処方は、再びTCP1をインストールしてアンインストールすれば新しい Beta1 をインストールする事ができます。

インストールには、「.NET Framework Version 2.0」と「.NET Framework Version 2.0 日本語 Language Pack」を先にインストールする必要があります。 名所が変更されたものの、クレジットでは「Microsoft(R) Expression(R) Web Designer beta1」と表示されていました。




前回、TCP1をインストールしてFrontPage2003のWEBコンポーネントが引き継がれていて喜んだのも束の間、Beta1では排除されました。ただ、新規に追加するメニューはありませんが、FrontPage2003で制作したホームページはほぼ動く模様。ページの追加でURLの部分を変更しても完璧に動作しました。特に変更は必要ないと思われます。初心者で利用頻度が多いと思われるインタラクティブボタンは、最初からメニューの「挿入」に表示されていました。ここは変更ありません。ソースコードの入力は、前回と同じくFrontPage2003よりアシストが利口になっているので、使いやすくなっています。ただ、FrontPage2003と併用している場合は戸惑うかもしれません(1台のパソコン上での併用は無理です)。



Microsoft(R) Expression(R) Web 製品版

無償ダウンロード

Expression Web





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項