MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

メールアカウントの設定が楽になる? Microsoft Outlook 2007

 メールアカウントの設定で、入力した名前、電子メールアドレス、パスワードから、サーバー設定を検索しています。これで終了できれば、メール送信サーバーアドレス(SMTP)とメール受信サーバーアドレス(POP3)を探しにプロバイダのホームページのヘルプを参照する必要が無くなります。


そう言えば MB-Support では Microsoft Windows(マイクロソフト ウインドウズ)に関する機能を取り上げますが、Office(オフィス) アプリケーションに関することは滅多に取り上げません。 その理由は、Windows に付属するアプリケーションではなく、バリエーションが豊富で管理人の頭がついていけないからです。

そのため無料で利用できるアプリケーションや OS 自体の使い方を多く掲載する傾向にあります。 本来は 5 万円ほどする Micosoft の Office アプリケーション。 しかし、今年か来年に登場すると思われる「2007 Microsoft Office system(2007 マイクロソフト オフィスシステム)」の beta 版を期間限定で使用することが多くなりました。 そんなとき、何回かインストールを繰り返している Microsoft Outlook 2007 beta2(マイクロソフト アウトルック 2007 ベータ2)で、自動的に送受信サーバー設定をしてくれる機能に気が付きました。



メール送受信がメインとなる Microsoft Outlook 2007 beta2。 WindowsXP までの OS には、Outlook Express と呼ばれるメール送受信アプリケーションが付属されています(右のスクリーンショット)。 単純にそれの市販版で機能が強化されているのが「Microsoft Outlook」です(かなり簡単な説明ですまん)。

このアプリケーションの詳細は説明しませんが、そもそもメール送受信ソフトを使用する場合、メールアカウントと呼ばれる設定が必要です。 メールアカウントの設定に必要な情報はメールアカウント、パスワード、メールアドレス、メール送信サーバーアドレス(SMTP)、メール受信サーバーアドレス(POP3)があります。 メール送受信ソフトの設定は初回だけで、その後は自動でメールの送受信をしてくれます(起動時や「送受信」ボタンをクリックしたときなど)。

つまり頻繁にこれらの情報を入力する機会はありません。 この中で覚えていられるのは、自分のメールアカウント、メールアドレス、パスワードの 3 つです。 しかし肝心の送信時にアクセスするメール送信サーバーアドレス(SMTP)、受信するためにアクセスするメール受信サーバーアドレス(POP3)やポート番号を忘れます(少なからず管理人は忘れます)。

普段はエクスポート(外部に記録)した既存のアカウント設定を、再インストールした OS のメール送受信ソフトにインポート(内部に取り込む)して、これらのアドレスを覚える必要はありません(初回起動時にアカウント名とパスワードは入力する必要はありますが)。 今回は Windows Vista Pre-RC1 に 2007 Microsoft Office system beta2 をインストールして、たまたまエクスポートしたファイルが無かったので新規に設定することになりました。 そこで、新しい機能に気がついたので順を追って紹介します。 尚、これはベータ版を使用しています。 製品版では変更されるかも知れないので、ご了承下さい。



初めて Microsoft Outlook 2007 beta2 を起動した際に表示されるウィザードが「Outlook 2007(beta)スタートアップ 」となります。 まぁ、設定しない場合は次回起動時も表示されますが...。「次へ(N)」をクリックします。



「はい」にチェックを入れ、「次へ(N)」をクリックします。



「Microsoft Exchange Server、POP3、または IMAP」にチェックを入れ、「次へ(N)」をクリックします。 この画面からは、Outlook を起動して「ツール」→「アカウント設定」でアカウントを追加する場合も同じです。



これが新しいプロパティです(右のスクリーンショット)。 名前、電子メールアドレス、パスワードの 3 つを入力して「次へ(N)」をクリックすると、自動でサーバー設定を読み込んでくれるらしい・・・ もちろん手動でサーバーを設定することも可能です。



先に入力した名前、電子メールアドレス、パスワードから、サーバー設定を検索しています。 これで終了できればメール送信サーバーアドレス(SMTP)とメール受信サーバーアドレス(POP3)を探しにプロバイダのホームページでヘルプを参照しなくて済みます。



が、しかし...これが上手くいかない(どういうこと?)。 プロバイダによるのか日本に対応していないのか? はたまたセキュリティソフトの対応状況の問題か? 結局は強制的に「サーバー設定を手動で構成する(M)」にチェックが入り、「次へ(N)」をクリックすることになります。



「インターネット電子メール(I)」にチェックを入れ「次へ(N)」をクリックします。



結局こうなるのか? 手動で設定すれば一発でうまくいきますが、簡単に設定できる機能が搭載されているにも関わらず全く使用できないもどかしさ。

自動セットアップで必要な情報として入力した名前が、この画面ではアカウント名になるのですが、自動入力ではユーザー情報の名前にあたりました。 ユーザー情報の名前は、おそらく送信者に利用される名前でアカウントとは違うと思われます。



セットアップが完了しました。



もちろん、手動でセットアップしたので送受信は完璧です。 もちろん納得できません。



Windows Vista には、無料の Outlook Express の後継とされるメール送受信ソフト Windows Mail が搭載されます。 Windows Mail はフィッシング詐欺メールや迷惑メールを除去する機能が強化されています。 しかし、こちらは最初からサーバーアドレスを手動で入力する必要があります。



今回失敗に終わったものの、Microsoft Outlook 2007 beta2 に搭載された自動設定機能は、右のサーバーアドレスを自動で検出する機能です。 これを入力せずに済めば、初心者でもより簡単にメールアカウントの設定ができると思うのですが。 サーバーアドレスはプロバイダのページで調べれば見つかりますが、アカウントとパスワードにより自動で検出することも可能であるとは思うのですが...





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項