MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ブログ編集/転送を可能にするWindows Live Writerβ版

 進化するWindows Live Spacesへ、ブログ投稿をローカルで気軽に行えるアプリケーション「Windows Live Writerβ版」が登場。


8月2日に実行されたMSNスペースからWindows Live スペースへの移行。何だかんだで未だに不具合が発生しているものの、極めて浅く利用する管理人には特に不便は無かったりします。 今回公開されたのはWindows Live Writerβ版(ウインドウズ ライブ ライト ベータ)で、このツールはローカルにダウンロードしてブログの編集と投稿ができる便利なもの。

ブログと書いたのは、マイクロソフトのツールではありますが、Windows Live スペースだけに限らず、他社のブログにも対応しているからです。 クレジットにはバージョン1.0とあり、初々しい。



インストール方法

まずは新設されたWriter Zone ブログにアクセスして「available for download today」をクリックして「Writer.msi」をダウンロードします(ファイルサイズは4.74 MB (4,977,664 バイト))。



ダウンロードした「Writer.msi」アイコンをダブルクリックします。



セキュリティの警告が表示されるので「実行」をクリックします。



インストーラが起動します。「I agree to the tems of use and privacy statement」の左にチェックを入れ、「Next」をクリックします。



インストールが完了したら、「Finish」をクリックします。 ちなみにインストールされている場所は「C:\Program Files\Windows Live Writer」になり、実行ファイルは「WindowsLiveWriter.exe」になります。



Windows Live Writerβ版はインストールされたものの、このツールはブログに投稿する機能も搭載しているため、ブログサイトの設定をする必要があります。 まずはWindows Live Writerβ版を起動してみましょう。「スタート」→「プログラム」→「Windows Live Writer(Beta)」を順番にクリックします。



初回起動時にブログスペースの登録画面が表示されます。「Next」をクリックします。このページでは Windows Live Space を登録してWindows Live Writerβ版を利用したいと思います。



Windows Live Spaces の左にチェックを入れ、「Next」をクリックします。他のブログサイトで利用する場合は「Another weblog service」にチェックを入れます。



Spaces Homepage URL には、自分の Windows Live Space のアドレス http://ユーザー名.spaces.live.com/ を入力します。 Windows Live ID は、hotmail や Windows Live Space にアクセスする時に利用する メールアドレスを入力します。Password はサインインする時のパスワードを入力します。 アドレス以外は、普段WEB上で Windows Live Space にエントリーを投稿する時に入力する事なので、ユーザーは理解できると思います。 「Remember my password」にチェックを入れると、次回からは自動でサインインする事ができます。入力したら「Next」をクリックします。



通信が開始されます。まだエントリーを作成していないので、転送されているわけではありません。 Windows Live Writerβ版は、通常のメモ帳形式でエントリーを書く方法と、Windows Live Space で設定している個別のスタイルを適用したプレイビュー画面や、HTMLを入力する編集画面を搭載しています。 ここで、自分の Windows Live Space での設定を読み込んでいます。



URL、ID、パスワードが正しければ、自分のスペースの情報が表示されます。以上で初期設定は終了です。「Finish」をクリックしてプロパティを閉じます。



Windows Live Space でエントリーを投稿する場合、従来はスペースにサインインしてエントリーを作成しました。 すでに一部のHTMLタグも利用可能で便利ではありましたが、スペース自体が重い印象を受けます(左画像)。 一方、Windows Live Writerβはローカルで動作するアプリケーションなので、エントリーを作成するのは容易です。 さらに、スペースでエントリーを作成するエディターよりも高機能です(右画像)。


 
Windows Live Space Windows Live Writerβ


4つのビューアでエントリーを投稿する前に配置を確認できます。Windows Live Spaceは横幅が可変しないので、エントリーをデザインするのは容易です。 サインインした状態でプレイビューした場合、画面を再読み込みする必要があるので環境や時間帯によっては、動作が遅くなりがちでした。 Windows Live Writerβでは瞬時にプレイビューが可能になります。

 
Nomal Web Layout
Web Preview HTML Code


Windows Live Writerβは今のところ英語版だけの公開ですが、日本語の投稿も問題ありません。 メニューは英語ですが、編集する内容にそって、右のプロパティが変化します。さらに、画像がメインなので英語が分からなくても何となく作業内容が把握できると思います。 右画面は、エントリーにローカルの画像を挿入した状態です。画像を加工する事も可能でした。



日本では微妙なポジションではありますが、Windows Live Local をエントリーに埋め込む事も容易です。



エントリーの編集が完了したら、「Publishing」ボタンをクリックして、ブログに転送(投稿)します。



右の画像をクリックすると、Windows Live Writerβで投稿した実際のエントリーを確認する事ができます。 わざわざ自分のスペースにアクセスしてサインインして複数のリンクをクリックする必要が無いので、エントリーを投稿するのが楽になります。 HTMLを使う事も可能ですし、ホームページ制作を知らないユーザーでも、このエディタを利用すれば、ワードなので文章を書くのと同じ感覚で見栄えの良いエントリーを作成する事が可能です。 管理人は実験していませんが、Windows Live™ Spaces以外でもこのエディタを利用可能です。転送先を容易に切り替えられるので、複数のブログを利用するユーザーにもおすすめです。


Windows Live スペース

Windows Live Writer team blog




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項