MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live を使いやすくする Windows Live Toolbar™

 無限の可能性を感じるWindows Liveを、ブラウザから気軽にアクセスできるWindows Live Toolbarをご紹介します 。MSNツールバーが静的に感じるのに対して、Windows Live Toolbarは動的に感じます。


Internet Explorerに追加するツールバーで、MSNサービスを利用するのに最適なMSNサーチツールバーがすでに存在しています。 しかし、HotmailやMSN Messenger、無料ブログサービス、MSNスペースなどが、Windows Live ブランドへと移行しています。 そこで登場したのが、これらの Windows Live サービスに対応した Windows Live Toolbar™ です。 このツールバーの登場が望まれていたのか? 特にパソコンが好きでは無い人にとって、複数ある Windows Live サービスをどう利用すれば良いのか、はたまた Windows Live って何なんだよ! って事でもあります。 Windows Live サービスの種類は、過去の日記で取り上げているので、カテゴリ Windows Live を参照して下さい。



これらのサービスが普及したから Windows Live Toolbar™ が登場したと言うよりも、これらのサービスを普及させるために登場したツールバーである様に感じます。 実際、Windows Live を利用してみて、通信環境とパソコンスペックさえ整えば、かなり便利なインターネット総合ツールです。



母体となるのが Windows Live で、RSSや様々なガジェットを貼り付ける感覚で、自分流にカスタマイズできるホームページです。 このホームページとは、インターネットのサイトの事でもありますが、その機能性はブラウザを開いた時に最初にアクセスする「ホーム」ページとしてもおすすめできます。



Windows Live Toolbar™ をインストールできる環境は、Microsoft Windows XP/Server 2003/2000 および Microsoft Internet Explorer 6 以上で、詳細は システムの用件 を参照して下さい。今回は用件に満たしていない Windows Vista Beta2 + Windows Internet Explorer7 Beta 2 と WindowsXP + Windows Internet Explorer7 Beta 3 にもインストールしてみました。 Windows Live Toolbar™ の恩恵を最大に受ける事ができるのが、WindowsXP/2000 で Internet Explorer6 を利用しているユーザーです。 つまり、それ以後のOSやブラウザにインストールしても、重複する機能が含まれます。ちなみに、上の画像は Windows Vista Beta2 + Windows Internet Explorer7 Beta 2 にインストールした状態です。 Windows Live Toolbar™ はかなりシンプルにまとまってしまいます(このインストールはサポートされていません)。



Windows Live サービスにアクセスするボタン

まずは、一番左の Windows マークです。このマークの名称は分かりません(Windows Live マークでもあるし、Windows Vista のマークでもありえます)。 Windows live サービスでは、左上にこのボタンが設置され、それはOSのスタートキーを押した状態の動作をするサービスもあります(Windows Live Space)。

Windows Live Toolbar™ では、右のメニューが表示されます。単純に Windows Live と、Windows Live Mail にアクセスするのに利用されるでしょう。 この二つのサービスはもっとも利用するWindows Live サービスと思われます。お気に入りを開くより簡単にアクセスできて便利です(お気に入りで二つのリンクをツールバーに表示させても同じ事が可能ではあります)。



Windows Live Search

ツーバーに搭載された検索フォームは Windows Live Search を利用した検索が可能。 Windows Live Search は、MSNサーチやそれまでの検索サイトとは少し違う、特異な検索サイトです。

検索により引っかかったサイトが無数にある場合は、一般的にはページ送りリンクが表示され、1ページに表示可能なサイト数を超えた場合はページ送りリンクで2ページ、3ページと情報を探します。 一方、Windows Live Search は、最初に数件の検索結果を、ページ内のイフレームページに表示させ、スクロールバーを下に移動した時に、それ以上の検索結果を表示します。 つまり、わざわざページを送りリンクをクリックする必要が無い、ユーザーの検索に必要とする作業を極限まで減らした検索サイトです。





この検索サイトの特色で、フィード(RSS)の検索と結果を右に読み込む機能があります。これらのカテゴリ指定が可能な検索フォームが、Windows Live Toolbar™ に搭載されています。 検索履歴も、リスト表示で単純に並べられるのでは無く、特殊なスタイルで「過去の検索キーワード表」が表示され、再度アクセスする時や、履歴の消去も簡単に実行可能です(もちろん検索エンジンの変更もツールオプション画面から可能です)。



Windows Live Gallery



Windows Live Gallery beta

この検索サイトの特色で、フィード(RSS)の検索と結果を右に読み込む機能があります。これらのカテゴリ指定が可能な検索フォームが、Windows Live Toolbar™ に搭載されています。 検索履歴も、リスト表示で単純に並べられるのでは無く、特殊なスタイルで「過去の検索キーワード表」が表示され、再度アクセスする時や、履歴の消去も簡単に実行可能です(もちろん検索エンジンの変更もツールオプション画面から可能です。)。





この検索サイトの特色で、フィード(RSS)の検索と結果を右に読み込む機能があります。これらのカテゴリ指定が可能な検索フォームが、Windows Live Toolbar™ に搭載されています。 検索履歴も、リスト表示で単純に並べられるのでは無く、特殊なスタイルで「過去の検索キーワード表」が表示され、再度アクセスする時や、履歴の消去も簡単に実行可能です(もちろん検索エンジンの変更もツールオプション画面から可能です。)。



インストールをクリックすると、警告画面が表示されます。Windows Vista が Beta版 なので、正式版ではどうなるか不明です。 右画像はインストールしているスクリーンショットです。キーワードナビビューアは、検索結果から検索ワードを強調表示する機能で、すでに馴染があると思います。



インストールしてしまえば、ブラウザを再起動するだけで利用可能になりますが、ツールバーオプションにインストールしたボタンが追加されるので、詳細設定をする事も可能。



初回起動時にキーワードナビビューアの説明が表示されます。



「MB-Support」をキーワードに検索すると、Windows Live Search の結果表示でキーワードが強調表示されます。 さらに、Windows Live Search から検索結果となるサイトへ移動しても、それは受け継がれます(上から4番目の画像)。 キーワードビューアのオン/オフは、ツールバーに追加された ボタンで切り替えます。ナビは、ブラウザの外に表示され、ページをスクロールする事なく、キーワードがページ全体のどの部分に存在するかを簡単に表示してくれる機能です。 これのオン/オフは、ツールバーに追加された ボタンで切り替えます。



Windows Live Favorites



ギャラリーボタンの右に表示される「MSN」ボタンは従来通りなので説明を飛ばします。 次に表示されているのが「Windows Live Favorites」ボタンです。Windows Live 自体が普及しているのか不明ですが、お気に入りを管理する Windows Live Favorites が普及しているのかはもっと不明です。 Windows Live Favoritesは、お気に入りをサーバーで管理するもので、階層表示と強力な検索機能を搭載、Windows Live のトップページにガジェットとして表示可能で、Windows Live Messenger や Windows Live Spece などで、自分のお気に入りを公開する事も可能です。



メリットは、Windows Live サーバー(実際にそんなものがあるのか不明ですが)にお気に入りデータを登録するため、インターネットに接続されたパソコンであれば、場所を選ばず、いつでも自分のお気に入り環境を読み込む事が可能です。 デメリットとしては、ローカルのお気に入りとの同期が面倒な事。また、サーバースペースを利用するので、容量に制限が有る事です。

前者の問題を解決するのが、Windows Live Toolbar™ に搭載された Favorite ボタンになります。 誰でも自分のお気に入りを読み出せたら問題になるため、Windows Live ID を利用して Windows Live サービスにサインインする必要があります。 この作業を簡単にしてくれるのはもちろんですが、ローカルとの同期を自動でやってくれます。 サインインしていない時は、星のマークがグレーに表示されます。

「Windows Live Favorites」とローカルのお気に入り「Favorites」を同期する事がそんなに便利な事なのだろうか? 公開/非公開の機能を搭載しているため、使われ方によっては SNS (ソーシャルネットワークサービス)の分野にも関係してきます。 その部分を排除して考えた場合、個人だけで利用するとして「Windows Live Favorites」のメリットは、やはり常用しているパソコン以外から Windows Live にアクセスして、常用するブラウザ環境を実現できる事でしょう。 その場合は、同期では無くて、特定のサイトだけ「Windows Live Favorites」に追加する優れたボタンが必要かと思われます。 ツールバーをインストールした時に、そのボタンが最初からインストールされていたのでラッキーと思ったのですが、このボタンには同期を制御する機能と、「Windows Live Favorites」にアクセスする機能しかありません。 現在開いているサイトを「Windows Live Favorites」に登録したい場合は、従来通りお気に入りを作成して、プロパティで特殊なアドレスを設定する必要があります。 管理人としては、独立した「Windows Live Favorites」登録ボタンをインストール初期状態で表示させて欲しかったのですが。 この考え方が浮かんだのは、次に説明するツールバーに搭載されたRSS登録ボタンに関係します。



Windows Live Favorites

Windows Internet Explorer7 や、Vista に搭載される予定の Windows Internet Explorer7 には、最初からRSSリーダーが搭載されています。 Windows Internet Explorer7 に Windows Live Toolbar™ をインストールすると、不気味に フィードアイコンが2つ表示される事になります。 最初に書きましたが、Windows Live Toolbar™ は、インストールするOSやブラウザのバージョンにより重複した機能が省かれます。 表示されると言う事は、別々の機能を持っている事になりますね。



Windows Live Toolbar™ は、Internet Explorer6 にインストールするとタブ機能を付加する事が可能です。 しかし、RSSリーダーまでは搭載されません。このRSSリーダーを担うのが Windows Live となります。 がオレンジに表示されているサイトは、RSSを発行しているサイトです。 そこで、フィードボタンをクリックすると、Live.com に登録された事を示すバーが表示されます。バーをクリックすると・・・



Windows Live に登録された事が確認できます。Windows Live は、タブを作成できるので、RSSの種類によりタブを作成して管理する事もできます。 単純にRSSリーダーとして使うだけではもったいないのですが、RSSリーダーを搭載していないブラウザでは重宝しますね。 Windows Internet Explorer7 のフィードアイコンとの違いがはっきりしていて、独立したこの機能は非常に便利です。サイトに Windows LiveにMB-SupportのRSSを追加する が設置されてあれば、これをクリックしたのと同じ状態になります。



Windows Live Safety Center Betaの実行を促すアイコン

Windows Vista + Windows Internet Explorer7 では標準状態で対策されているので有効になりませんが、WindowsXP + Internet Explorer6〜7の環境では、Windows Live OneCore を簡単に利用するアイコンが表示されます。



Windows Live Toolbar™がおすすめな環境

Windows Live Toolbar™を利用するのに、最も適している環境は、WindowsXP SP2 + Internet Explorer6 を利用しているユーザーです。 管理人が試した WindowsXP SP2 + Internet Explorer7 beta3 の環境では、デスクトップサーチが飛んでしまうトラブルと、Windows Live OneCore が利用できないトラブルが発生しました。

また、Windows2000 + Internet Explorer6 の環境では、動作に問題はありませんが、使えない機能もあります。 Internet Explorer6 の環境でタブ機能を使いたい、デスクトップサーチを使いたい場合は、基本的に Windows Live サービスとは関係無いので、問題無く利用できるでしょう。 WindowsXP SP2 + Internet Explorer7 betaの環境には、現時点ではインストールしない方が無難です。Internet Explorer7 が完成した場合、Windows Update から配布されるとあるので、 Windows Live Toolbar™が最も有効な環境は、Windows2000 + Internet Explorer6 になるのかも知れません。


Windows Live Toolbar™ 日本語サイト

Windows Live Gallery Beta




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項