MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live(TM) Mail ベータがより使いやすく?

 Windows live MailはWEB上で利用する作成、送信、受信ができるWindows Liveサービスの一つ。Windows Live SpacesやWindows Live Messengerとの連携で、連絡帳も自動更新。追記:2007年9月現在、Windows Live Mail は Winsdws Live Hotmail、Windows Live Mail desktop Beta は、Windows Live Mail Beta へと名称が変更されました。


中途半端なタイトルかな? あっ、そうそう、もうお馴染みですね! MSN Hotmail(ホットメール)を便利にする Windows Live Mail Beta です。 ブログによると表示機能が改善されたとのことで、早速 Windows Live Mail にアクセスして使ってみました。

というよりも、Windows Live Mail は毎日チェックしています。 何か変わったところなんてあったかな? 普段使っていて気が付かない細かい部分が変更されたのかな?



まず読み込み中の画面が追加されています。 「接続速度が遅い環境でご利用の場合は、簡易表示の使用をおすすめします」って結構露骨な表現ですが、やはり Windows Live Mail が遅いなぁ〜と思っていたのは管理人だけでは無かったのかも知れません。 簡易表示とは 元の MSN Hotmail の画面と同じように表示する機能です。



切り替えるのは前からできましたが、Windows Live Mail の機能が制限されて一部の機能が使えません。 例えばメールをドラッグアンドドロップでフォルダに移動できないなど。 Windows Live Mail のメリットは低減しますが、表示が速いのは確かです。 この時点で Hotmailユーザーは Windows Live Mail に乗り換えてしまった方が良いと思われます。



トップページでメールの使用容量が棒グラフで確認できるようになりました。 とは言え、無料なのに与えられた容量は 2 GB もあります。



アドレス帳の管理機能が強化され、Messenger と連携されています。 Windows Live Messenger が正式版となり、同じ Windows Live ID(旧 パスポート)で管理できるためかと思われます。



Windows Live ブランドは、ほぼ全てが連携されます。 これが便利なところでもありますが、Beta がどんどん進化するため、少し間隔をあけて利用するとついていけなくなります。 とりあえず画像をクリックして、片っ端から機能を参照する事にしました。 管理人にとってアドレス帳は初めて開く画面です。 まずは連絡先カードを表示しました。



これは MSNスペース(ブログ)、次期 Windows Live スペース?の情報ですね。 情報は名前、スペース名、プロフィール、スペースの最新投稿。 右上の左右の矢印をクリックすると連絡先カードの裏が参照できます。 デザインは MSN スペースで設定したものが利用されています。 何か登録したような、しなかった様な・・・。 画像は Windows Live Messenger でも MSN スペースでも設定した記憶があります。 あっ、しかし、Messenger の方は 『パイレーツ・オブ・カリビアン』のコンテンツパック をインストールしたので、画像が変更されているはずです。 ということは、まずはこのカードの仕様を知る必要があります。 外観は前に登場した Microsoft Office InterConnect と思われますが、ここら辺を理解しないと何を設定しているのか意味不明です。



まず、個人情報を入力する場所は Windows Live サービズを利用するのに必要な Windows Live ID(2019年現在:Microsoft アカウント) があります。 しかし、これは hotmail を利用する際に登録する(旧 1999年に創設されたMS Passport)認証システムなので、ここでは省略します。



認証システム以外に個人情報を入力する場所に「Windows Live Profile beta」があり、Windows Live Messenger の「ツール」→「オプション」を開き、「個人情報」のパブリックプロフィール「プロフィールの編集」をクリックします。



すると「Windows Live Profile beta」が表示されます。 おそらく認証システムの他に重要な登録場所はこの「Windows Live Profile beta」であると思われます。 項目は「パブリック」「全般」「パーソナリティ」「連絡先の情報」があり、下に行くほど詳細な個人情報を入力する事になります。 一般的にはパブリックと全般からパーソナリティくらいまで利用しますが、連絡先の情報となると住所や勤務先の情報まで入力するので、アクセスの許可を絶対に確認する必要があります。



そして、便利ではあるが複雑になってしまう「連絡先の情報」。 この情報は「Windows Live Contacts Beta(また新しい名称が登場です。)」を利用して、共有しているユーザーが連絡先を変更した時に相手の連絡帳を自動で書き換えてくれる機能を提供します。 解釈が正しければ、連絡先を入力するのは自分ではなく、相手が用意した連絡カードを受け取り、更新も全て相手まかせです。 これは紙のアドレス帳では絶対にできない芸当です。



これを登録するには、Windows Live Mail のアドレス帳、Windows Live Messenger、MSNスペースからでも可能です。 この情報を分かりやすくしたのが連絡先カードであり、このカードを送信しあう事で自動更新を実現しています(たぶん)。 「連絡先の情報」の制限を「スペースと同じ」にしたとしてスぺース(ブログ)を全員に公開している場合は、勤務先などの住所も公開している事になります。 これは非常に危険な行為です。



Windows Live サービスでは「公開」と「共有」の区別が難しく、「共有」することで「公開」すると考えれば良いのだろうか? Windows Live Mail のカレンダーや、Windows Live Favorites のお気に入りもまた公開する事が可能です。 MSN スペースで自分の予定表やお気に入りを公開する事が可能なので(相手は閲覧だけで変更する事はできない)、特定の範囲でだで使うのであれば強力な機能になりますが、間違って利用すると個人情報をバラまいているのと一緒です。 自分が何を誰に公開しているのかを把握する必要があります。





ベイカー街 221B 間取り

ホームズの冒険 Bly-Ray

“シャーロック・ホームズ”が活躍する、アーサー・コナン・ドイル原作による名作探偵TVドラマの BOX。腕利きの名探偵、シャーロック・ホームズとその相棒、ジョン・H・ワトスン博士の華麗な推理劇を描く。全 41 話を収録。12 枚組。特製ブックレット封入。

ベイカー街の地図

グラナダTV版ホームズの冒険テレビシリーズに登場する『BAKER STREET』のセットは、1890 年代を想定してマンチェスターのキャッスルフィールドに建設されました。郵便局、家具店、果物屋、ワイン店、仕立屋、本屋、宝石店、床屋、不動産屋、葬儀屋などが作られ、突き当たりのリージェント・パークは、立地的に高い建物が映り込むのを防ぐ苦肉の策です。最初のラフスケッチからセット完成まで、1982 年の 1 月から 5 月とあります。いくつかのセットは屋内も作られており、221B、床屋、本屋、家具屋、煙草屋は、室内での撮影もあります。

ベイカーストリートの地図:グラナダTV『シャーロック・ホームズの冒険

Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項