MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Internet Explorer 7 の
アドオン(アドイン)管理


Internet Explorer(インターネットエクスプローラ)に付加できる拡張機能をアドオン(アドイン)と呼びますが(ブラウザに限らずアプリケーションの拡張機能)、ブラウザのトラブルの理由が拡張機能にある場合が多いのも事実です。 ホームページを閲覧中にいきなりブラウザが閉じてしまうとか、特定の動作をするとブラウザが応答しなくなる場合、まずはアドオンを疑ってみましょう。


アドオンを確認するには?

Internet Explorer 7 メニューの「ツール」をクリックして、下に表示されるメニューから「インターネットオプション」にカーソルを移動してクリックします。 「ツール」→「アドオンの管理(A)」→「アドオンを有効または無効にする(E)」だと、一発でアドをン管理を表示可能です。



「インターネットオプション」が開いたら、「プログラム」タブをクリックして、さらに「アドオンの管理(M)」ボタンをクリックします。



アドオン管理画面

「表示」で「現在のInternet Explorerで読み込まれているアドオン」を選択して、各アドオンを選択すると「設定」がアクティブになります。 もし、意味不明なトラブルが発生するのであれば、「状態」が「有効」になっているアドオンを無効にして、しばらく様子をみます。 問題のアドオンを発見するには、これを何回か繰り返して様子を見ます。



アドオンのバージョンを最新にしてみる

アドオンの管理機能は MSN ツールバーをインストールすればできます。 現在、beta 版である Internet Explorer 7 は標準でアドオン管理できますが、アドオン自体のバージョンアップでトラブルを解決できる場合もあります。 ここからは Internet Explorer 7 向けで IEBlog に掲載された情報ですが、古いバージョンでは問題があり、バージョンアップが推奨されているアドオンが以下です。

  • Google デスクトップ Beta
  • MSNツールバー
  • インターネット・エクスプローラー開発者ツールバー

クラッシュを引き起こす可能性があるとして掲載されたアドオンは以下(バージョンアップされれば改善されるかも知れません)。

  • RoboForm Toolbar
  • Cooxie Toolbar
  • Diodia Download Toolbar 2.4.01
  • AskJeeves Toolbar 4.0.1.1
  • CitiBank’s Virtual Card Number Generator
  • Mojicon Dispenser 1.05
  • Logos Toolbar




Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項