MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Microsoft(R) Expression(R) Web Beta1 日本語版をインストールしてみました

 FrontPage 2003 の後継となるマイクロソフトのホームページ制作ソフト Expression Web


前回 、は外観を眺めただけの Expression Web Designer CTP1 ( Community Technology Preview 1 ) でしたが、今回は少し使ってみました。ただ、英語なので新しい機能の使い方は分かりません。 前回の時点で、スタイルシートに関するプロパティが充実している印象を受けましたが、そもそも FrontPage 2003 が素直に 2007 になってくれなくて嘆いた原因が、特殊な機能に関する部分です。



普通にホームページを書く事は、メモ帳一つでタグ直書きからスタートしたので、さして制作ソフトなんて使わなくても不便は感じません(もちろん、1文字入力しただけで、該当するタグが選択できる機能は便利ですが)。 つまり、サイトを管理するという意味で FrontPage2003 を選んだのですが、WEBコンポーネントの「挿入コンテンツ」機能を沢山利用しています。



これは、微妙ではありますがブログ構築システム Movable Type で、PHPを利用しないブログの更新に似ていて、一つのページを複数のページに埋め込む機能です。ページと言っても、ファイルとしてページが存在するだけで、中見は頻繁に更新が必要なメニューであったり、画像などのソースを書き込みます。 これらの基ページを複数のページに埋め込んで、編集作業を一か所で簡単に実現する事ができます。



Movable Typeとは少し意味が違いますが、イフレームで取り込んでいるのでは無いため、基ファイルを書き換えると、それを埋め込んだページ全てを更新する必要があります。 サーバーサイドスクリプトを利用して、サーバーに負担をかけるか、ローカルで負担して外部からのアクセスに負担をかけないかの違いで、個人で公開しているホームページの場合、高性能なサーバーを使っていません。

ゆえに、ホームページの更新作業にWEBサービスやサーバーで行う作業を極力少なくして、ローカルでファイルを書き換えて転送する方を選んだのですが、それを実現するのが FrontPage2003 の WEBコンポーネント「挿入コンテンツ」です。 これが使えなくなってしまうと管理人はかなり厳しいのです。 ファイル自体はコンポーネント処理が終了している、いわゆるサーバーに保管されたファイルを活用すれば済みますが、ページを簡単に書き換えられなくなってしまうため、イフレームやPHPのインクルード、SSIなどに変更する必要が生じます。



しかし・・・・Expression Web Designer CTP1を使ってみたところ、WEBコンポーネント自体が存在していました。 先にも書きましたが、WEBコンポーネントは意外とローテクな部分が含まれていて、ビルダーソフトにより特色のあるものだと思います。

これが残っていてくれるとなると、やはり FrontPage 2003 ユーザーは Expression Web Designer をアップグレードして問題が無いと判断できます。勝手な思い込みですが、オフィス製品から外れた時点で、機能強化の他に、全く違うソフトになってしまうと勘違いしていた様です。



WEBコンポーネントはさらに進化

プログラムができないからこそ、ビルダーソフト独特のこれらの機能が重要となります。 Expression Web Designer では、WEBコンポーネントに新たに、MSN関連のサービスを取り込む機能が追加されていました。 上はMSNサーチを自分のホームページに搭載する機能です。まぁ〜、WEBコンポーネントとしてでは無くても、MSNサーチのホームページからソースを生成して貼り付ける事は可能ではあります。



さ・ら・に・・・MSNマップを埋め込む事も可能になっていました。今のところ、日本では使い道が分かりませんし、製品版が発売されたとしても日本では省かれてしまう機能かも知れません。 この辺の事情は Expression Web Designer よりもMSNサービスの問題なのでどうなるかは分かりません。


A map of London, England, United Kingdom. Click to see the map on MSN Maps & Directions

フォントにメイリオを指定可能

上はスタイルシートで font-Family を指定する画面ですが、英語表記に混じって「メイリオ」の文字が目立ちます。 本来は「font-Family: Meiryo」と指定すると思われますが、作成されてスタイルシートには日本語で「メイリオ」と表示されていました。 この新しいフォントスタイル「メイリオ」は、Windows Vista(ウインドウズビスタ)と IE7+ の環境でのみ、ClearType 機能で滑らかに表示されます。


Windows Vista + IE7+ Windows XP + IE6

指定方法は Expression Web Designer を必要とせず、現段階でもスタイルに「font-Family: Meiryo」を挿入すれば「メイリオ」に対応できます。 ただ、Windows Vista と IE7+ の環境以外の場合は表示する事ができないため、ブラウザが指定しているデフォルトフォントスタイルに置き換わって表示されます (WindowsXP + IE7 Beta の場合も、WindowsXP + IE6 の表示と同じです)。フォント指定方法で互換性を気にする事はありませんが、全体のデザインはメイリオ対応、非対応を考慮する必要があります。


Microsoft(R) Expression(R) Web 製品版





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項