MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ホームページ制作ソフト
FrontPage2003 の後継
Microsoft Expression Web Designer

 FrontPage 2003 の後継となるマイクロソフトのホームページ制作ソフト Expression Web


以前 、日記に掲載したマイクロソフトのホームページ制作ツールである FrontPage 2003(フロントページ 2003)が無くなる話題の続きです。 前回の日記で FrontPage2003 の終了が明らかになりました。 管理人はこのWEBサイトを FrontPage2003 を使って作っていますが、自分が愛用しているソフトウェアの新バージョンが登場しないと知ってへこんでいます。 今後の展開は Expression シリーズの 1 つとして、ホームページ制作ソフトが登場するとありましたが、 FrontPage 2003 に一番近いソフト(進化系、あるいは、後継ソフト)になるのが、コード ネーム Quartz で知られる Microsoft(R) Expression(R) Web Designer です。


これが Expression Web Designer の作業画面

デザインはカッコイイのですが、それは Windows Vista にインストールしたせいでもあるでしょう。 FrontPage2003 と同じくメイン画面はタブで切り換えられ、表示も「デサイン」「コード」「デザインとコードの両方」を表示できます。 何はともあれ違和感なくバージョンアップできると知って満足です。 ASP.NET やマイクロソフトの他のツールと連携させて、使い勝手を向上するソフトではありますが、なんと言っても普通の HTML を制作する部分が管理人にとっては大事です(だって、それしか分からないもの...)。

上のスクリーンショットは普通のホームページを制作するのを前提に、左右のプロパティを選択していますが、やはり注目するべきはスタイルシートへの対応でしょう。 明らかにスタイルシートを駆使するために存在するビルダー画面です。



今回、1 週間ぶりに Windows Vista を起動した理由が別件のため、Microsoft(R) Expression(R) Web Designer の多くの機能を試していません。 何でもそうですが既存の環境から移行するよりも、新規にサイトを制作した方が分かりやすいかも知れません。 例えば右のスクリーンショットはWEBサイトのページ構成を選択する画面です。 後日、テスト用のWEBページを作ろうと思います。



サイドパネル(縮小画像)にはスタイルシートの部品が並べられ、各部品にマウスを移動すると中見のコードが浮かび上がります。 おそらくメイン画面で範囲を選択してスタイルシートのプロパティで何かを実行すると、瞬時にプレビューできると思われます。

FrontPage 2003 までは Micrsoft Office シリーズに位置しましたが、Web Designer からはデザインツールの Expressionシ リーズに変更されています。 現時点で公開されているトライアル版「Expression Web Designer CTP1(Community Technology Preview 1)」は「.NET Framework Version 2.0 (同ページからダウンロード可能)」 がインストールされている環境なら「Microsoft Windows® XP (all versions) with SP2 or higher」にもインストールできます。

ただし管理人はメインで FrontPage2003 を利用しているので、常用環境に同種のソフトウェアをインストールするのは怖いです(既存の環境を壊す可能性があります)。 「Expression Web Designer CTP1」は WindowsXP の他に Windows Server™ 2003 (all versions) with SP1 or higher、Microsoft Windows Vista™ (all versions) にも対応していたので、今回は Windows Vista beta2 にインストールしました。


Windows Vista に搭載された IIS

ホームページを制作する上で切っても切れない仲である WEB サーバー機能を持つ IIS(Microsoft Internet Information Services)です。 実際に WEB サーバーとして利用する IIS は、サーバー製品の Windows の機能になりますが、開発環境で使用するための機能制限版 IIS が Windows2000 や WindowsXP にも搭載されています。 これらの制限版 WEB サーバーは、サーバーサイドスクリプトなどを使用したWEBページ制作で、ページの表示(プレビュー)や動作を確認するのに利用します。

当然、Windows Vista(ウインドウズビスタ)にも搭載されているのですが、画面のデザインが変更されていました。 従来の IIS では右クリックしてサブメニューから実行する機会が多かったのですが、新しい IIS は最初からメニューが表示されています(プロパティとコンテンツを切り替える)。 このマネージャーがあるために、ローカルで使うサーバーとして Apach よりも IIS を選択しました。しかし、今回のデザイン変更で少し操作に戸惑うかも知れません。 来年は、この環境と Web Designer を使ってホームページを制作しているのだろうか?


Microsoft(R) Expression(R) Web 製品版




Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項