MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ホームページ制作ソフト FrontPage2003 の後継 Microsoft(R) Expression(R) Web Designer

 FrontPage 2003 の後継となるマイクロソフトのホームページ制作ソフト Expression Web


以前 、日記に掲載したマイクロソフトのホームページ制作ツールである FrontPage2003 (フロントページ2003)が無くなる話題の続きです。 FrontPage2003 は無くなるのか? という疑問ではなく、前回の時点で完全に終了する事は明らかになっていました。 管理人も使っているのですが、自分が愛用しているソフトの新バージョンが登場しない事を知ると、かなりへこみます。 今後の展開は Expression シリーズの1つとしてホームページ制作ソフトが登場するとありましたが、 FrontPage 2003 に一番近いソフト(進化系、あるいは、後継ソフト)になるのが、コード ネーム Quartzで知られる Microsoft(R) Expression(R) Web Designer です。



これが Expression Web Designer の作業画面

まぁ〜正直カッコイイのですが、それは Windows Vista にインストールしたせいでもあるでしょう。FrontPage2003 と同じく、メイン画面はタブで切り換えられ、表示も「デサイン」「コード」「デザインとコードの両方」を表示させる事が可能です。 違和感なくバージョンアップできる事に満足! ASP.NETやマイクロソフトの他のツールと連携させる事で使い勝手を向上するソフトではありますが、なんと言っても普通のHTMLを制作する部分が管理人にとっては大事です(だって、それしか分からないもの・・・)。

上の画像は普通のホームページを制作する事を前提に、左右のプロパティを選択していますが、やはり目につくのはスタイルシートへの対応でしょう。 明らかにスタイルシートを駆使するために存在するビルダーの様です。



残念ながら、今回、管理人が1週間ぶりに Windows Vista を起動した理由が、Microsoft(R) Expression(R) Web Designer を使ってみるためでは無かったため、機能を使ってはいませんが。 何でもそうですが、既存の環境から移行するよりも、新規にサイトを制作した方が分かりやすいかも知れません。例えば、上はサイトのページ構成を選択する画面です。 後日、何か作ってみようと思います。



サイドパネルにはスタイルシートの部品が並べられ、各部品にマウスを移動すると、中見のコードが浮かび上がります。おそらく、メイン画面で範囲を選択してスタイルシートのプロパティで何かを実行すると、瞬時にプレビューできると思われますが、それをやるのを忘れました。

これも次回になります。FrontPage 2003までは、マイクロソフトのオフィスのポジションに存在していましたが、Web Designer からはデザインツールのExpressionシリーズに変更されています。 現時点で公開されているトライアル版 Expression Web Designer CTP1 (Community Technology Preview 1) は、.NET Framework Version 2.0 (同ページからダウンロード可能) がインストールされている環境なら、Microsoft Windows® XP (all versions) with SP2 or higher にもインストール可能です。

ただ、管理人はメインでFrontPage2003を利用しているので(毎日パソコンを起動する理由はそれだけかも)、常用環境に同種のソフトをインストールするのは危険です。 都合が良い事に、Expression Web Designer CTP1はWindowsXPの他にWindows Server™ 2003 (all versions) with SP1 or higher、Microsoft Windows Vista™ (all versions)にも対応していたので、今回は Windows Vista beta2 にインストールしてみました。



Windows vista に搭載された IIS

ホームページを制作する上で、切っても切れない仲なのが、WEBサーバー機能を提供するIISです。 実際にWEBサーバーとして利用するIISは、サーバー製品のWindowsに付属されていますが、開発環境で利用するための機能制限版のIISが Windows2000 や WindowsXP にも付属しています。 これらの制限版サーバーは、サーバーサイドスクリプトなどを利用したページ制作で、ページの表示や動作の確認に利用して、お気軽に使えるサーバーです。

当然、Windows Vista(ウインドウズビスタ)にも搭載されているのですが、画面が変更されてしまいました。 従来のIISでは、右クリックしてサブメニューから実行する事が多かったのですが、新しいIISは最初からメニューが表示されています(プロパティとコンテンツを切り替える)。 このマネージャーがあるために、ローカルで使うサーバーとしてApachよりもIISを選択してしまいます。しかし、今回は少し戸惑うかも知れません。 来年には、この環境と Web Designer を使ってホームページを制作しているのだろうか? 少し不安が残る・・・


Microsoft(R) Expression(R) Web 製品版





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項