MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

スパイウェア専門検知/除去ができる
無料ツール Windows Defender
の正式日本語版が登場

 今回登場した「Windows Defender」は「Microsoft Anti-Spyware」の進化系で名称が変更されたものです。しかも日本語版なので試さずにいられませんでした。


前回紹介した Windows Live Safety Center に続き、今度はスパイウェアの検知/除去に的を絞った「Windows Defender(ウインドウズ ディフェンダー)」のベータ版が公開されました。 管理人がこのツールを検証用パソコンに初めてインストールしたのが 2005 年 01 月 07 日 。 「Windows Defender」の原型は「Microsoft Anti-Spyware」で、その原型は GIANT Company Softwareの「AntiSpyware」です(MicrosoftがGIANTを買収)。 あの時は英語版だったので管理人は理解できませんでしたが、Windowsを作っているマイクロソフト自らスパイウェア対策ツールに乗り出して来のはありがたいと思いました。 今回登場した「Windows Defender」は「Microsoft Anti-Spyware」の進化系で名称が変更されたものです。 しかも日本語版なので試さずにはいられません。



「Windows Defender」が使用できる環境は Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 以降、Windows XP Service Pack 2 以降、または Windows Server 2003 Service Pack 1 以降(詳細はシステム要件を参照して下さい)。また、ダウンロードには正規の Microsoft Windows を利用している確認(Windows Genuine Advantage)が必要になります。 まずは Windows Defender サイトにアクセスして「ここからダウンロード」をクリックします。



Windows Genuine Advantage を実行するため「続行」をクリックします。



正規の Windows の確認が終了すると、右のスクリーンショットが表示されるので「ダウンロード」をクリックします。



セキュリティの警告が表示され、「実行(R)」か「保存(S)」をクリックします。 実行をクリックした場合は、ダウンロードが完了したら自動でインストールウィザードが開始されます。 保存をクリックした場合は、次に指定する任意の場所にプログラム(インストーラー)がダウンロードされます。



ファイルをダウンロードする場所を指定します。左枠でデスクトップをクリックして、さらに「保存(S)」をクリックします。



ダウンロードが完了したら「実行(R)」か「保存(S)」をクリックします。 実行をクリックした場合は、ダウンロードが完了したら自動でインストールウィザードが開始されます。 保存をクリックした場合は、任意の場所に保存したアイコンをダブルクリックしてインストールを実行します。



デスクトップにダウンロードした「windowsdefender.msi」アイコンをダブルクリックします。



セキュリティの警告が表示されます。「実行(R)」をクリックします。



インストールウィザードが起動します。「次へ(N)」をクリックします。



使用許諾契約書が表示されます。 内容を読み納得したのであれば「使用許諾契約書に同意します(A)」をクリックして、さらに「次へ(N)」をクリックします。 同意しないとインストールを続行できません。



オンラインコミュニティに参加する場合は「推奨設定を使用する(U)」をクリックします。管理人の場合は「定義の更新のみインストールする(I)」をクリックして、さらに「次へ(N)」をクリックしました。 各自で選択して下さい。



セットアップ方法はデフォルトで選択されている「完全(C)」で問題ありません。「次へ」をクリックします。



インストールを実行します。「インストール(I)」をクリックします。



インストール中です。しばらくお待ち下さい。



インストールが完了しました。 デフォルトでは更新された定義を自動でチェックして、クリックスキャンが実行されます。 インストール直後はまずこの動作で問題無いと思われるので、そのまま「完了(F)」をクリックします。 もし、今は何もしたくない場合は、チェックを外して「完了」をクリックします。 また、スキャンは実行中にいつでもキャンセルできます。



自動で最新の定義がダウンロードされクイックスキャンが実行されます。



Windows Defenderのメニュー

Windows Defender のプロパティを表示させるには、「スタート」→「プログラム」または「すべてのプログラム」→「Windows Defender」を順番にクリックします。 設定メニューは「ツール」をクリックすると、右画面が表示されます。



この中で環境に合わせて設定する必要があるのは「オプション」です。 デフォルトでは「コンピュータを自動的にスキャンする(推奨)」がチェックされ、毎日2:00にクイックスキャンを自動で実行する様に設定されています。 任意で設定しなおして下さい。また、Windows Defender はリアルタイム保護に対応しています。 これはホームページを閲覧中にスパイウェアを組み込ませようとする動作があった時に警告パネルを表示してくれます。



「ソフトウェア エクスプローラ」は、自分のパソコンにインストールされたプログラムの詳細情報や、Windowsが起動した時に自動で開始されるスタートアッププログラム、ネットワークに接続するプログラムの詳細情報を確認できます。 これにより、必要の無いプログラムや、動作を止めたいプログラムを探しだす、または、把握する事が可能です。



手動によるスキャンの実行方法

Windows Defender を起動してスキャンをクリックします。選択できるスキャン方法は簡易的な「クイックスキャン」、コンピュータ内を完全にスキャンする「完全スキャン」、スキャンするフォルダを選択できる「カスタムスキャン」です。



マイクロソフトの「個人ユーザー向けセキュリティ」のページで、ウイルスやスパム、スパイウェアの詳細な情報を閲覧できます。 また、セキュリティ ビデオでは、日本語訳のセキュリティに関するビデオを視聴できます。 初心者に分かりやすい内容になっているので、ぜひご覧下さい。最後に、Windows Defender はスパイウェアのリアルタイム検知と除去を目的にしたアプリケーションです。ウイルス対策とは別物なので、Windows Defender とは別にウイルス対策ソフトが必須になります。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項