MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Microsoft Office Word 2007 β2
使ってみました。


前回Microsoft Office System(マイクロソフトオフィスシステム) β2 をインストールして、主に Microsoft Office Outlook 2007 だけを使ってみた管理人。 風邪をひいて熱と頭痛に病んでいた最中でのインストールだったため、レビューができる状況ではありませんでした。 その後、体調が回復してきてプライベートで文章を作成する必要があったので、この機会に Microsoft Office Word 2007 β2 を使うことになりました。



従来の Office Word を利用していたユーザーにとって、メニュー表示が変更されたのは頭痛の種。 「あれをしたいのに〜新しいWordではどこをクリックすればいいのか?」と新しいバージョンのソフトウェアを使う場合によくありがちな問題です。

Microsoft Office Word 2007 では上部に必要なツールが埋め込まれています。 一見すると邪魔のように感じますが、使ってみるとかなり便利です。 機能を選択する際にに迷うことがありません。 例えば右のスクリーンショットでは文章に埋め込まれた画像を選択しいる状態です。 画像を選択すると上部に設置されたツールバーが画像に関するメニューに自動で変更されます。



メニューが絞られることで次に行いたい作業を素早く実行できます。 さらに優れている点は、例えば右のスクリーンショットのように文章に埋め込まれた画像を選択、さらにメニューの「位置」を選択します。 「位置」をクリックするとポジションを決める詳細メニューが表示されます。 ここで好きな設定を選び、クリックして適用するのが従来の Word でしたが、Word 2007 はプレビューできます。

右上のスクリーンショットでは濃いオレンジで囲まれているポジションが、本来の画像のポジションです。 これを「左上に配置」のアイコンまでカーソルを移動すると、クリックする前に文章中で画像が左上に移動します。 つまり元の文章に変更を適用する前に、そのメニューの内容がプレビューされます(プレビューであって適用はされていない)。

従来はどうなるか分からないため、実際に適用してから気に入らなければ元に戻し、再度ポジションを決めていました。 レビューで気に入った配置があったなら、クリックして初めて文章に変更が適用されます。



今度は画像を選択して「図のスタイル」を選択してみました。 文章やポジションは保存してから元に戻す作業も面倒ではありませんでした。 しかし画像を加工する場合は画像を保存する必要があるので、元に戻すのが面倒になります。

でも Word 2007 なら画像を加工する前にプレビューを参照できます。 メニューに表示された画像の加工イメージにカーソルをのせるだけで、瞬時に適用したプレビューに切り替わります。



今度は文章を変更してみます。 変更したい文章を反転させると、上部のメニューが文章に関するメニューに変更されます。 つまりユーザーが次に何をしたいかを予測してメニューを表示してくれます。 もちろん文章を反転させて画像の加工をするはずは無いので、決して行き過ぎたエージェント機能ではありません。



試しに文字の大きさを変更してみます。 フォントサイズがリスト表示され、カーソルをフォントサイズの上を移動する度に反転した文章に文字サイズがプレビューされます。



もちろんフォントフェイスの変更も、同じようにプレビューされます。 ただ文章の色や文章の背景色のプレビューは、反転させているゆえにプレビューの意味が無いかも知れません(可能ではある)。



さらに作成した文章をPDFで保存可能です。

新しいユーザー インターフェイスは従来の Office Word を使っていたユーザーにも慣れやすいものです。 むしろ簡単に必要なメニューにアクセスできるので便利です。 プレビュー機能は従来の Office Word を使っていたユーザーにとって、より直観的に文章の外観を変更可能で、これから Office Word を使うユーザーにとっては、自分が想像する以上のデザインをメニューのパターンにカーソルを移動してプレビューできます。

これらの変更は文章の作成スピードを上げ、手を抜きがちだったユーザーでもデザイン性のある文章が作成できるでしょう。 これだけでも Microsoft Office Word 2007 にアップグレードする動機になるかと思われます。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項