MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Office 2007 β2 が一般公開になりました


Microsoft(マイクロソフト)の本社があるシアトルにて開幕された WinHEC(Windows Hardware Engineering Conference)で Windows Vista(ウインドウズビスタ)、Windows Server Longhorn、2007 Microsoft Office system の β2 が公開されました。

一般でも日本語版をダウンロードできるのは 2007 Microsoft Office system β2。 OFFICE 2007(開発コード:オフィス12)は Windows VistaWindowsXP SP1 以降の OS に対応しているため、一般でも評価/アップグレード購入が可能です。



OFFICE (オフィス)は総合的なソフトフェア群の環境を指す呼び名で、実際にそういうソフトウェアパッケージが存在するわけではありません。

ゆえにダウンロード可能な物は右のスクリーンショットにあるように複数あります。 なんのことか分からない場合は、一番上の Microsoft(R) Office Professional Plus 2007 を選択すれば良いでしょう。

これには情報をトラックしたり管理するデータベースやプログラムを作成する Microsoft Office Access 2007 (Beta)、スプレッドシートの計算、情報の分析、データの視覚化を可能にする Microsoft Office Excel 2007 (Beta)、 ダイナミックなフォームのデザインや入力を行い、組織内の情報を収集したり再利用する Microsoft Office InfoPath 2007 (Beta)、電子メールの送受信、スケジュールや連絡先、仕事の管理、活動の記録などを行う Microsoft Office Outlook 2007 (Beta)、 スライド ショー、会議、Web ページに向けたプレゼンテーションを作成、編集する Microsoft Office PowerPoint 2007 (Beta)、手紙、論文、報告書や小冊子など、高品質なデザインの文書を作成、編集する Microsoft Office Word 2007 (Beta)が含まれています。



約550 MB ほどファイルをダウンロードして実行するとアップグレードボタンが表示されますが、すでに OFFICE を利用している環境にインストールするのであればカスタムで「以前のバージョンを全て残す」を選択します。

が、Microsoft Office Outlook だけはそれができないので、ベータを終了させれば完全にデータが飛びます。 やはりベータなので専用のパソコンにインストールするべきです。 IE7 や Messenger などのベータとは異なり、大幅なアプリケーションの変更が行われるため、プログラムの追加と削除で簡単にアンインストールとはいかないようです(実際にアンインストールする場合はそれを実行する必要があります)。 IME も Microsoft IME 2007 Beta に置き換わるため、他の環境に影響すると思われます。



どの製品でも共通して見直されたのは、コマンドがどこにあるか分からない複雑な環境を改善するべく、メニューをタブ形式に変更したところです。 一見、無駄なスペースを取っているように思えますが、使ってみると結構便利!カーソルの位置によって必要な機能だけが表示されます。 また、文章や表のテンプレートをクリックすることで、元データを変更することなく即座にプレビュー可能です。


管理人は風邪をこじらせ中で、熱がありアプリケーションを試すどころではありません。 意識がもうろうとする中、今回のベータ版で唯一多く利用したのが、Outlook 2007 (Beta)です。

RSS リーダーが統合され RSS をメールに添付する事が可能。 強力な検索機能とサーバー接続環境で予定表やノートの共有が可能になっています。 やはり生産性を向上させるためのアプリケーションで、単純にワープロ、表計算、電子メールの送受信で終わるものではありません。 個人でサーバーが無い環境で、これだけのアプリケーションを使いこなすのは至難の業かも知れません。



OFFICE製品のアップグレードやテンプレートのダウンロード、使い方やヒント集が掲載された「Microsoft Office Online」もベータで斬新。 また、ベータ版インストールには Office Professional Plus 2007 ベータ版 セットアップ ガイドを参照して下さい(サービス終了)。



また、OFFICE製品群は種類が豊富な事とソフトウェア単独でも動作しますが、連携させる事により生産性を向上させます。 今回はインストールしませんでしたが、One Noto 2007 Beta も Microsoft Outlook などのアプリケーションと連携できます(OCRによる画像の検索がピカイチ)。 管理人はあまり OFFICE 製品を使わず、たまに仕方なく利用します。 今バージョンから Office 製品から省かれてしまった「FontPage2003」を好んで使っています。 事前に知ってはいたものの、ダウンロード一覧に FronPage 2007 Beta の文字が無いのは悲しいです。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項