MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Media Player 11 beta がダウンロード可能になりました

 Windows Vista に標準搭載される予定の Windows Media Player 11 。増え続ける音楽、動画、画像ファイルを管理するべく、サムネイルとファイル検索の強化がはかられています。


米国の Windows Vista(ウインドウズビスタ)のホームページに「Next Generation Music Player (次世代の音楽プレイヤー)」として紹介されていた「Windows Media Player 11」がダウンロード可能になりました。 Windows Vista のページで紹介されているのは「Windows Media Player 11 for Windows Vista」で、今回ダウンロードできるのは「Windows Media Player 11 Beta」です。 両者は何が違うのか? Windows Vista を使った事が無い管理人には分からないです。



Windows Media Player 11 は、URGE(MTV Networksからの新しいデジタル音楽サービス)と統合されいるのが売りですが、それ以外にも多く機能が改良されています。



全ての機能にアクセス可能なメニューは、上部にドロップダウンリスト化されています。メニュー左にはブラウザと同じく「戻る」「進む」ボタンを設置。 これは音楽プレイとは関係なく、メニューの操作をするためにあります。



初期状態がこのスタイルで、メニューで「クラシックメニュー」に切り替える事も可能です。クラシックメニューを選択すると、上部に従来設定されていた「ファイル」「表示」などのメニューが表示されます。



曲の管理画面は従来の表示も可能ですが、Windows Media Player 11 はとにかくサムネイル表示がお好き。 音楽にしろ、動画にしろ、とにかくサムネイルでガンガンに表示されます。プレイヤーとして選曲が直感的に可能な事と、曲の管理がしたいユーザーにとっては重宝しますね。



どちらかと言えば、プレイヤーと言うよりも、Windows XP Media Center に近いかも知れません。曲を探すための検索機能も改良され、1文字入力するごとに検索結果が瞬時に表示されます。



プレイリスト機能は、左枠で選択した曲や動画ファイルをドラッグアンドドロップで移動して再生するリスト作成する機能です。



一時的に利用するも良し、継続的に利用する場合は「Save Playlist」をクリックして保存するも良し。左枠で表示されたアルバムのサムネイルをクリックして、そのアルバムに入っている曲を階層構造で表示させ、曲単位でプレイリストに追加しても良し。



Windows XP をクラシックスタイルに変更しても、Windows Media Player 11 には何も反映されず、とにかく重い。 まぁ・・・Windows Vista のために誕生したと思われるので、最新のパソコンを購入する必要があるのかも知れませんね〜

Windows Media Player 11

Windows Vista: Music your way





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項