MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

管理人の独り言 2006 年 5 月 1 日


バタバタした 4 月も終わり、なんとか生き延びている MB-Support の管理人です。 サイト内はかなり変更しています。 「ワトソンのパソコン教室」のカテゴリ表示もほぼ完成しました。 全てのカテゴリ登録が完了すると、貧弱な既存のサイトマップを更新できます。



ふと気が付いたのですが、DELL のパソコンを紹介しているサイト DELLパソコンのご紹介 。 DELL のパソコンを紹介するには最新の注意を払う必要があるのですが ( 他のメーカーも同じです ) 、とにかくチップセットや細かい仕様の表記はご法度。

私は後から気が付いたのですが、段階的にそれらしい表記を削除しているのですが、これが全て完了しました。 詳細を掲載してはいけない理由として、おそらく DELL のパソコンは 1 つのモデルの生息期間が長いため、同機種でもある時点で最新のパーツを組み込んだり、パワーアップを計っているからだと思われます。 ゆえに発売当初の構成とは全く異なっている可能性があるため、細かい表記を禁止していると思われます ( さすがにマザー自体を変更する事は無いと思われますが ) 。 これにより、MB-Support で紹介する機会は減っていくと思われます。

追記:2009年7月24日。デルパソコンだけで構成していたページは、現在は終了しています。



しかし、パソコンを購入する時って、普通はどこに注目するのですかね? 管理人の場合は絶対的にチップセットなのですが、これを表記できないと何を書いて良いものやら迷ってしまいます。 ゆえに、注意されていも知らずとチップセットを書いてしまっている部分があったので全て削除しました。

パソコンのチップセットが分かれば、搭載できるプロセッサが絞られるので、ほぼそのパソコンの仕様が判断できます。 特にプロセッサの世代交代の時期では、チップセットによって最新のプロセッサが搭載できるか分かります。 同じ名前のプロセッサでも、登場した時期によってキャッシュの容量や、採用されたテクノロージーが異なります。 これを判断するのに手っ取り早いのがチップセットなのです ( チップセットは マザーボード に搭載された物で、個人が単体で購入する事はできません ) 。



チップセットの次に注目するのが、もちろんプロセッサです ( こちらは個人でも単品で購入可能でマザーボードに載せ換える事が可能です ) 。 せっかく新しいチップセットを搭載していても、最新のプロセッサが搭載されていないパソコンも存在します。

逆に最新のチップセットを搭載していれば、購入時点では1世代前のプロセッサでも、先に繋げる事が可能でもあります ( まぁ〜プロセッサの交換なんて面倒でやらないですが ) 。

その次に注目するのが、プロセッサのクロック数です。 意外にクロック数に目をやるのはかなり後の段階になります。 もちろんプラットフォームの世代交代の時期は、プロセッサのクロック数よりもメモリやグラフィックスカードの仕様が優先される場合もあります。



プロセッサのクロック数だけでパソコンの性能を決めるのは難しいです。 それを生かす全体的なパーツがあってこそクロック数が生きています。

それに僅かなクロック数の違いで、何万円と高価になる場合もあります。 これは単純に需要と供給であり、あまり体感速度には関係ない事です。

もちろんクロック数が高いものほど優れていますが、差額の金額を支払うほど体感速度が向上するかと言えば、よほど定まった目的が無い限り、その恩恵を受ける事はできません。 同プロセッサでもモデルナンバーの違いにより、クロック数以外の機能も違います。

L2キャッシュと呼ばれるCPUが高速にアクセスできるメモリが搭載されているのですが、例えば初代デュアルコアプロセッサ PentiumD 8xx シリーズはL2キャッシュに1MB×2(デュアルコアプロセッサのため×2) となっていますが、新しいPentium D 9xx シリーズは L2 キャッシュに 2 MB × 2 とパワーアップしています。

この差額は僅か数千円。同じクロック数ならば、絶対に後者のプロセッサと搭載したパソコンを選択した方がお得かと思われます。 ゆえに、電器屋さんで「デュアルコアプロセッサ搭載」と広告されていても、単純にお買い得なのか損なのかが分からない現状です。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項