MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

レーザーマウス初体験 Microsoft Wireless Laser Mouse 6000

 ナイトビジョングリーンが壊れた。 チルトホイール初体験 から約1年が経過しました。 Microsoft Wireless IntelliMouse Explorer ナイトビジョングリーン は、今さらですが映画「マトリックス」のイメージ とマッチしてお気に入りでしたが、1年間使った今、右クリックができなくなりました。 一般的にマウスは構造上、スクロールボタンが壊れやすいのですが、チルトホイールは意外に強いのかもしれません。ノーマルのスクロールボタンよりもしっかりした作りになっていました。 しかし・・・・右クリックが壊れるのは初めての経験です。


映画「マトリックス」のイメージにピッタリのマウス Microsoft Wireless IntelliMouse Explorer ナイトビジョングリーン が壊れたので、早速新しいマウスを注文しました。 ナイトビジョングリーンに不満はなかったので、本来ならこれを 2 〜 3 個注文するのですが(ワイヤレス 5 ボタンで値段もかなり安くなっている)、これまたホームページを制作している管理人としてはネタとして別の商品を購入して日記に掲載したいものです。 今回は単純な光学式マウスからレーザーマウスにアップグレードすることになりました。



マウスにもこだわりを持つようになり、ワイヤレス、ボール方式以外、チルトホイール搭載、通常ボタン以外にファンクションボタンを2つ以上搭載している事が選択条件になります。 最初はどうでも良かったのですが、光学式マウスを使用してから、メンテナンスが面倒なボール方式のマウスには戻れなくなりました。



絶対的にワイヤレスが必要なわけではありませんが、値段もたいして変わらないのでケーブルが無い方がすっきりしていいです。 チルトホイールは従来の縦方向のスクロールに加え、横方向のスクロールを可能にする機能です。 1 年ほど使ってみましたが、横方向にスクロールするのは稀で、特に重要な機能とは感じませんでいた。 しかし、先にも書きましたがチルトホイールの方がスクロールボタンの作りがいいみたいです。



外せない機能は左サイドに搭載された任意の動作を設定できる 2 つのボタンです。 これがあるのと無いのでは作業のはかどりが全然違います。 逆にこのボタンを使っていて、マウスが壊れて注文してから届くまでの間、サイドボタンが無いマウスを代用していたのですが、癖でボタンが無いにも関わらず押してしまいます。



このボタンに機能を持たせるには、付属のアプリケーション「IntelliPoint」で設定します。 管理人のお気に入りは「コピー」と「貼り付け」です。 テストとしてファイル全体をコピーして貼り付ける作業を頻繁に行うからです。 さらに今回のレーザーマウスには「拡大鏡」と呼ばれる機能が搭載されています。



拡大鏡?

初期設定ではサイドボタンの小さい方に「拡大鏡」が設定されいます。 ボタンを押すとポインタの周辺が拡大表示になります。 最初は使い道がない機能だと思っていたのですが、これが意外にも便利。 仕組みは分からないのですが、デスクトップのどこでも拡大可能です。



例えばホームページを作成しているときにソースの一部を拡大したり、インターネットエクスプローラでホームページを参照している時に拡大したりと。 この拡大鏡はポインタを移動すると拡大された枠も移動します。 また拡大鏡の中で操作した内容も反映されます。



サイズが異なる ワイド液晶ディスプレイ でデュアルディスプレイを構成した場合、小さい方のモニタが大きい方のモニタの解像度を適用するので、極端に見づらくなります。 個別に解像度を変更できますが、2つのモニタを行き来する都合としては、なるべく同じ解像度で表示した方が違和感がありません。 そんなとき小さい方のモニタに表示された内容を確認するのに「拡大鏡」は便利です。



拡大鏡?

高解像度レーザーに関しては、これを目当てに購入したわけではないので興味なかったりします。 解像度を 1,000 dpi、毎秒 6,000 回の速度で反射光の連続画像をスキャンするセンサー搭載ですが、レーザー部分は光学式マウスと異なり光りません。 見た目では全く分かりませんが、使ってみると反応が全然違うことが分かります。



例えばリンクが組み込まれたテキストをコピーする場合、一般的なマウスではリンクテキスト以外の部分も反転されがちです。 しかしレーザー方式マウスではより正確にポインタを操作できるため、このミスがほとんどありません。 管理人は横長のデュアルディスプレイ環境で使用していますが、レーザー方式マウスにしてから、マウスをあまり動かさなくても済む様になりました(微調整が減った)。

これからはオプティカルマウスよりレーザーマウスを選択した方がいいかもしれません。 発売当初は値段も 1 万円ほどしていましたが、今では 5 〜 6 千円が相場です。 ただしワイヤレスオプティカルマウスも 3 千円ほどでお手軽になりました。 ホームページを制作している管理人が使ってみた結果、レーザーを選択する価値は絶対にあります。



最も利用する左右のボタン

肝心の最もクリックする左右のボタンは、見た目でどこからどこまでがボタンなのか分かりません。 単純にボタンの始まりを分からなくしただけかと思われましたが、大きい方のサイドボタンの横でクリックしても反応するようになりました。



これはクリックの有効範囲は縦に長いことになります。 マウスの持ち方にもよりますが、ガッツリもたなくても、左右のクリックができ使いやすくなりました。 ちなみにロジクール製マウスは結構前からそうでした。



極端ではありますが、こんなに浅くマウスに指を添えても左右のボタンは使えます。 左ボタンは右ボタンよりもかなり手前でクリック可能です。 サイドボタンの位置と連動しているのか、左ボタンはサイドボタンの大きい方のとなり、右ボタンはサイドボタンの小さい方のとなりのラインが許容範囲になります。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項