MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

進化を遂げた Windows Live Search

 従来のページ送りを排除した新感覚の検索サイトです。スクロールする事で以降の情報を読み込みます。


昨年は、マイクロソフトのサイト内検索や、MSN サーチ、デスクトップサーチなどの「検索」システムが目まぐるしく進化してきた過程を私達はみてきましたね。 検索と言えば、Google(グーグル)、Yahoo(ヤフー)などが一般的ですが、やっぱり検索の分野でも、Windows(ウインドウズ)を作ってるマイクロソフトが手がける事で、何か違うサービスが提供されている様に思えます。 一口に「検索」と言っても、時代の流れで単純に WEB(ウェブ)サイトを検索するものから、配信されている RSS(アールエスエス)を取り入れる方向が強くなってきました。 今回登場した Windows Live Search (ベータ版) も、RSS に関する機能を導入しています。



Windows Live Search (ベータ版)が搭載されたのは、Windows Live (ベータ版)の上部です(MSNのサイトではMSNサーチとなっています)。 試しに「MB-Support」と入力して検索してみました。検索したページは、URL をリンクする事で Windows Live (ベータ版)を経てアクセス可能です(下画像をクリックすると表示されますが、多少時間がかかると思われます)。 ページの中に縦スクロールバーが表示されていますね。主な検索カテゴリは現時点では「ウェブ」「ニュース」「フィード(RSS)」になっています(国によって仕様は違うみたいです)。



右上に設置された横スクロールバーは、通常は検索結果を表示する内容量を定めるもので、左にスクロールすると、検索結果のタイトルとURLだけの表示になり、右にスクロールすると、検索結果の下に灰色の文字「Search within this site」が表示され、 これをクリックすると、さらに検索ボックスが表示されます。 サイト内検索により更に必要なページを絞り込む事が可能です。



「add to live.com」をクリックすると、検索結果を RSS として Windows Live に組み込む事が可能です。これは、MSNサーチでも同じで、米国の「MY MSN」では前から取り込む事が可能でした(Windows Live としてでは無くRSSは発行していました)。



でも、一番の注目は フィードの検索です。右上の「フィード」をクリックすると検索ワードに関係する RSS が表示されます。 検索結果は URL を見れば分かりますが、全て RSS とよばれる XML 形式のファイルです。 もちろん、静的な XML ファイルもあれば、動的に作成されているものもあります。



タイトルの右に表示されたボタンをクリックすると、右に RSS の内容が解析されて表示されます。 RSS を意識した検索サイトは複数ありますが、この表示方法は新しいと思います。 Windows Live ゆえにできる事のような気がしますが、Live 形式のやり方がどこまで一般的に浸透するかにも今後の期待が違います。


パソコン関係のニュースサイトばかり見ていると、ブログが流行とか、時代はパッケージを購入するよりもダウンロード購入に向かうとか、広告収入による無償ツールを WEB 上で使う方向になるとか・・・・。 確かに本当にその流れになっているとは感じます。しかし、お友達のブログを読んでいて、そのお友達が質問された内容が掲載されていたのですが、「自分の日記をどうして隠さないで、わざわざ皆にみせるの」と・・・・。 これって、パソコンをやっていない人からすれば当然の話しですね。 ブログの根源を覆す意見です。本来は 革張りのダイアリー で毎日日記をつけていく。物によっては鍵が付いたダイヤリーも販売されています。 これをわざわざ、なんで人に見てもらうのか? そう考えると、RSSなんて検索したって意味がない事なのかも知れません。

でも、ホームページやブログの管理人は、RSS が重要になります。検索サイトが RSS を取り入れた事により、ページ内の文章から検索結果を得るよりも、もともとアピールを目的にしたRSSを見てもらった方が誘導率が向上するからです。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項