MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

管理人の独り言 2006 年 3 月 4 日


いつからかMB-Support の主要カテゴリページのメニューを変更しました。 もともとは単純にリンクが張られていたカテゴリページですが、ページ数の増加に伴い、それができなくなりました。

現在は検索エンジンに効果が無い、JavaScript(ジャバスクリプト)と RSS(アールエスエス)を組み合わせて、左メニューの項目をクリックする度に右メニューを動的に表示することになりました。 これによりブラウザが JavaScript を有効にする必要があり、無効にしている場合はサイトを閲覧するのが難しくなります。 今回の変更点は、管理人の日記のメニューだけ最初に画像と詳細情報を表示していましたが、右に表示される詳細メニューが少ない物だけ、全てのページリンクに画像と詳細情報を表示するようにしました。



ちなみに、前に変更して告知していなかったのですが、左メニューの左に「>>」が表示されている場合で、さらにクリックすると右メニューに表示されるページリンクが、サイト内の検索結果としてまめて表示されます。



Movable Type(ムーバブル タイプ)

「モバブルタイプ」だと思っていた管理人。「ムーバブル タイプ」だって。 今でこそいろんなブログが登場していますが、ブログが日本で静かなブームだったとき、ブログと言えば「Movable Type」というブログ・ソフトウェアの圧倒的な存在をアピールしていました(海外ではブレイクしていた時)。

管理人も 2003 年に始めて自宅サーバーに「Movable Type」をインストールしたのを記憶します。 当時のソフトウェアは英語で提供され、日本語パッチをあてて利用する必要がありました。 今ではすっかり様変わりして、マニュアルも日本語で提供されています。



現時点で最新バージョンは「3.2」。 ライセンスが複雑になったものの、今でも「個人名義」「非商用目的で利用」の個人ライセンスは無償で提供されています。

管理人の場合は、もう公開する事はしませんが、初めて自宅サーバーでホームページを公開するのであれば、この個人ライセンス版の「Movable Type」を利用するのが手っ取り早いと思います。 そこで、インストール方法を公開しようと企んでいますが、サーバーを Apache(アパッチ)にしたせいで、設定に四苦八苦。 慣れないことはしない方が良いのかも知れません。

さらに前とは違い、データーベースソフトが必須となっているため、PHP(ピーエイチピー)と組み合わせて動的なページを作成でき、使い勝手とバックアップのやりやすさは良いと思われますが、稼動させるまで一苦労です。 妥当なのは、PHP に付属する「SQLite(マイエスキューエル ライト)」で構築するのが簡単。でも、「Movable Type」のマニュアルでは「MySQL」を一般的とあります。

となると Windows + Apache + perl + MySQL + PHP とインストール/設定する事になります。結構面倒かも。 只今、ローカルのサーバーで検証中です。



Windows Live Mail の機能変更

受信トレイのデザインの選択で、従来の Hotmail(ホットメール)の表示方法が選択可能に。 メールと迷惑メール処理が細かく指定できる仕様に。Windows Live(ウインドウズ ライブ メール)メールの配色を 9 色から選択できるようになりました。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項