MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Internet Explorer7 の RSSリーダー


以前、 ちょっとRSSについて・・ の日記で、Internet Explorer 7 Beta 2(インターネット エクスプローラー セブン ベータ 2)に搭載されている RSS(アールエスエス)リーダーについて掲載しましたが、どうやら管理人の見解が間違っていたようです。 Beta 2 では、RSS ページを開いた場合、右画像の様に表示されます。

カテゴリ別に表示を分けたり、RSS の文書検索が可能になったりと便利ではありますが、そもそも RSS は 15 件くらいの情報しか含んでいないのが一般的です。 この環境でこれらの便利な機能が重宝するとは思われず、イントラネットや、特殊な環境で RSS と言うよりは XML を扱う場合に有利な機能と考えていました。 例えば、一般的な RSS ではありえませんが、社内だけで使う分には 200 件の情報を含めたりと( RSS 2.0 では制限が無いため可能)・・・・



そのため前回の日記では、はたしてこれは RSS リーダーと呼べる物か判断ができませんでしたが、しばらく MB-Support が公開している RSS を取り込んでテストしたところ、どうやら過去ログを保存している様です。 RSS フィードをブックマークに登録する事は可能ですが、登録された RSS をクリックすると、単純に RSS アドレスにアクセスして、独自のスタイルシートで表示しているに過ぎない(普通はそれでよいのですが・・・)と思われましたが、更新が瞬時に反映されないため、毎回 オリジナルの RSS にアクセスしているのか疑問に感じました。 もちろん、RSS フィードのブックマークを再読み込みすれば済む事ですが、MB-Support が RSS に含めている情報は 15 件なのに対して、右画像の様に 25 件表示が可能です。 つまり・・・・過去の RSS を記憶していますね。 これはまぎれもなく RSS リーダーであり、カテゴリ表示や文章検索が必要な訳を改めて実感しました。



という事は・・・・ ハードディスクドライブ のどこかに、登録した RSS 情報が保存されていて、読み込む度に追加されているはずです。 おそらく、XMLで保存されていると思われましたが見つからず。 C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Microsoft に Feeds と名前が付いたフォルダが見つかりました。 どうやらコレが過去ログ臭い。しかし・・・中身のファイルは、拡張子が「feed-ms」と「feedsdb-ms」となっていて未知のファイルです(たぶん・・)。



ノートに関連付けて強引にファイルを参照したところ、「MB-Support パソコン初心者のサポートページ~.feed-ms」に文字化けするものの、情報が含まれていました。 今のところ 9.2 KB となっていますが、果たしてどれくらい過去ログを保存するのかは不明です。 おそらく、 Microsoft Team RSS Blog にそれらの情報は掲載されていると思われますが、翻訳されていないので読む気になれません。 まぁ〜このまま RSS を発行し続ければ分かる事でしょう。 画像だけ参照していると、アマゾン の RSS を取り込んで、セールランキングや価格順に並べる事も可能の様です。 例えば こんな感じです (IE7のRSSリーダーで無いと XML がそのまま表示されます)。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項