MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

サイレン DF100 デジタルフォトフレーム


2006 年 8 月 25 日発売。 写真立ては写真を飾るフレームですが、これをデジタル化すると写真を簡単に切り替えることができます。 まぁ〜写真を入れ替えれば良いだけですがね。

では、フォトフレームをデジタル化する必要があるのか? 実は最もデジタル化が望まれているアイテムなのです。 そもそも人間は飽きやすいです。 マイケル・J・フォックスさんとリー・トンプソンさんが出演した バック・トゥ・ザ・フューチャー シリーズ のパート 2 で、未来にタイムスリップしたとき、家の窓の風景が電子的に切り替わるデジタルウインドウを確認できました。 窓の風景をデジタル表示するには、大型液晶テレビを窓として埋め込む理屈ですが、液晶本体の価格が高価で電気代的にも問題があります。 フォトフレーム程度の大きさなら、そろそろ手軽に楽しめる時代になってきました。

フォトフレームのデジタル化は、カーナビゲーションサイズの小型液晶を搭載して可能になりました。 マイクロソフトの製品説明動画では、Windows に接続されたデジタルフォトフレームが登場していますね。 今回発売されるフォトフレームは、どういう仕組みになっているのでしょう? 現時点ではなぜか日本代理店のホームページがアクセスできないため、仕様が全く分かりません。 販売店では、パソコン不要で動くみたいです。 肝心の写真データはどうするのか? 画像が記録されたメモリーカードを本体側面のスロットに挿し込むことで、画面にデータを出力するようにです。

Windows に接続した方がファイル関係の処理は便利です。 しかし、既存のフォトフレーム感覚で利用するのであれば、パソコン不要で使える方が良いでしょう。 単独で動作する今回のサイレン DF100 デジタルフォトフレームは、現在もっとも望まれているデジタルフォトフレームなのかも知れません。

フレーム素材に木材のマホガニーを使用して、シャーロック・ホームズファンにもピッタリな素材(アンティーク調の部屋にもマッチします)。 ディスプレイには大きくて見やすい 5 インチの TFT カラー液晶を採用。 単独でスライドショー機能を搭載しているので、飽きやすい人でも満足できるフォト生活を楽しめます。 回転・拡大機能も備え、本体に 32 MB のメモリを搭載しているため、写真を本体に保管できます。 パソコンとは USB で接続可能なため、フォトフレーム以外にも使い道がありそうです。

17 インチクラスの ワイド液晶ディスプレイ が 2 万円台で購入できる昨今、5 インチ TFT カラー液晶を同価格で購入するのは微妙ですが、単独で利用できるデジタルフォトフレームなので購入する価値がありますね。


SIREN DF100 5インチ ピアノブラック




Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項