MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

嫌な予感がしてましたが、やはりハマった オンラインゲーム DEKARON

 管理人が人生初オンラインゲームに挑戦した日記です。


前回の日記 でゲーム本体のダウンロードとサーバーにアクセスするまでの方法を説明しました。 2006 年 1 月 27 日 (金) にオープンサービスが開始されたので、すでに ID とパスがあればプレイできます。 なぜかは自分でも分かりませんが、今回はプレイしてみたい衝動に駆れました。

オンラインゲームにハマってる人が多いと聞きますが、何がそんなに面白いのだろう? 百聞は一見に如かず、現段階では無料なので実際にやってみれば納得できると考え、私も遊んでみました。



丸 2 日間、DEKARON をプレイしてみたのですが、まず最初に行うのは自分が操作するキャラクターを決めます。 種族の選択は「アーズルナイト」「セジタハンター」「インカルマジシャン」「ビシャスサマナー」「セグレ」の 5 種類。

一般的には最初にゲームのストーリーを読むのですが、既に歳老いた私には理解できないので飛ばしました。 管理人の思い込みですが、RPG の王道と言えば「アーズルナイト」だと思います(?)。 でも、セクシーな女性の方が好きなので、「セジルハンター」を選択してシャーロック・ホーム「ボヘミアの醜聞」に登場する「アイリーン・アドラー」と命名しました。



この種のゲームは戦闘シーンが見せ場で、魔法などを使う場合はそれに適した人物を選択するようですが、さすがに最初からそこまで理解するのは無理でした。 キャラクターが決まったら「接続」のボタンが表示されるのでクリックします。 この時、サーバーを選択できる様ですが、何のことか分からないので適当に選択して接続しています。

最初の起動時だけスタートする場所「ブランケン城」か「ロア城」を選択します。 2 つの城はゲーム上でつながっているため、どちらを選択しても行き来できます。 つまり、適当に設定していいと思います。 これがゲームをスタートするまでの流れで、初心者でも分かり易い説明は、DEKARON にアクセスしてメニューの「ゲームガイド」→「基本操作」に掲載されています。これは問題ないでしょう。



サーバーにログインしたら自分が決定したキャラクターを動かしましょう。 移動方法はマウスで行きたい方向へポインタを移動してクリックするか、キーボードの「w(上)」「a(左)」「s(下)」「d(右)」を使います。

ユーザーの視点を変更するにはキーボードの矢印キーを使い、360 度の方向からキャラクターを参照できます。 キャラクターをズーム表示するにはマウスのスクロールボタンを使います。



慣れていないので最初は戸惑いましたが、左手で「w(上)」「a(左)」「s(下)」「d(右)」キー、右手で矢印キーを触っていれば自由自在にコントロールできます。 で、まずは何をするのか...? とりあえず城内を散歩しましょう。 城内は恐らく安全で、HP(ライフポイント 赤い棒グラフ)が減る心配はありません(たぶんそうだよね...)。

店の人や住人と対話するには、その人物をダブルクリックします。 何をすれば良いのか分からない人でも、お金が無ければ生活できません。 つまりバーチャル空間でもお金が必要なのです。 武器や防具を販売していますが、お金が無い状態なので一通り城内の探索して城外へ行ってみましょう。



モンスターがうろうろしているので、これに攻撃を仕掛けます。 攻撃方法はモンスターをダブルクリックです。 攻撃を受けて HP が無くなってしまったらキャラクターは倒されます。 しかし、今のところ死んでもペナルティは無いので(オンラインゲームはそれが普通なのか?)、何度でも挑戦できます。



モンスターを倒すと、確実ではありませんがお金や武器などが落ちます。 これを拾って大金持ちになるゲーム? では無いのですが、お金は武器を購入するために必要です。 武器などの物は、必要なければお店に売ってお金に換えます。

管理人はファミリーコンピュータの初代ドラゴンクエストから、いきなりオンラインゲームの DEKARON にジャンプアップしましたが、とりあえずこの種のゲームはモンスターを倒して自分のレベルを上げていきます。 レベルが上がれば、より強い敵と戦って勝てますし、強い敵はお金を沢山持っています。

また、他のオンラインゲームをやった事が無いので比較はできませんが、いくらお金を貯めてもレベルによって武装できる防具や武器が違います。 また、ゲームをより複雑にするために「スキル」と呼ばれる機能もありますが、そんなシステムについていけるはずも無い管理人は、矢を大量購入してレベルを20まで上げてみました。 これでも十分楽しめます。



ある程度レベルが上がれば、効率良くモンスターを倒せます。お金も貯まるので、武器の選択で防具に関する情報を得ましょう。 防具や武器を強化することで、モンスターに与えるダメージや与えられるダメージを防ぐ数値が変化します。 先にも書きましたが、防具や武器は指定されたレベルに達していないと装着できません。



武器は販売店で右クリックして仕様を読む必要があります。また、装着できる防具や武器は種族によって異なり、販売する店も異なります。 さらに、それらを使いこなす事ができるかは「敏捷」の数値で決まります。

「敏捷」はレベルアップした時に 5 イント付与され、そのポイントを「力」「敏捷」「体力」「精神」に任意で分配できます。 最初は複雑でしたが、レベル20くらいになると段々把握できます。



リネージュII クロニクル3 ~Rise of Darkness~ マスターズキット

丸 2 日間、管理人は遊びましたが、最初は日記のネタとして戦っていましたが、今では完全にハマりました。 レベルアップさせて進行していくゲームは、長時間プレイとなりますし、複雑な操作も時間を費やすことで理解できるようになりました。

ふと思ったのですが、DEKARON はオンラインゲームの 1 つです。 販売されているゲーム「リネージュ」など、複数のサービスが存在します。 ゲームユーザーは次から次へと乗り換える時代です。 ゲームユーザー向けに販売されているパソコン「ゲーミングPC」が売れる理由も納得です。

ただし、ゲームの辞め時が分かりません。 以前紹介した THE TYPING OF THE DEAD は RPGではありませんが、ハマればハマるほどタッチタイピングが上達します。 しかし、RPG はプレイ時間を多くしても、ゲーム上のキャラクターは確実にスキルを上げられますが、現実的には時間を消費するだけです。 オンライン上で他のユーザーと会話したり、強力することで何かを築いて行くのでしょうかね。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項