MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live Mail desktop Beta のアカウント保存/復元方法

 アカウントとは、メールを受信するために必要な ID やパスワード、送信サーバーアドレス、受信サーバーアドレスなどの情報です。 追記:2007 年 9 月現在、Windows Live Mail は Winsdws Live Hotmail 、Windows Live Mail desktop Beta は、Windows Live Mail Beta へと名称が変更されました。


Windows Live Mail desktop Beta(ウインドウズ ライブ メール デスクトップ:現 Windows Live Mail)は Windows Live Mail(ウインドウズ ライブメール:現 Windows Live Hotmail)をローカルに受信できるメーラーです。 ゆえに、Windows Live Mail のアカウントを追加するには、「名前」「電子メールアドレス」「パスワード」を入力するだけで送受信が可能になります。 この方法は MSN の Hotmail(ホットメール)無料版を Outlook Express(アウトルック エクスプレス)で受信可能だった頃、Outlook Express でも同じくらい簡単な作業でした。



しかし、Windows Live Mail desktop Beta は他のプロバイダで利用しているメールアカウントも送受信可能です。 やはりこれらのアカウントを登録するには、「名前」「電子メールアドレス」「パスワード」以外に送受信サーバーアドレスと送信サーバーアドレスが必要になります。 「名前」「電子メールアドレス」「パスワード」までは覚えていると思いますが、頻繁に設定する事のない送受信サーバーアドレスは覚えていないのが一般的。

利用しているメールのプロバイダサイトにアクセスして確認する作業が必要になります。 やっぱり、アカウントの設定も保存(エクスポート)して、新しい環境で復元(インポート)した方が楽ですね。



メールアカウントの保存方法(エクスポート)

1.Windows Live Mail desktop を起動して、メニューアイコン(右画像の赤枠)をクリックします。 下にメニューが展開されるので、「ファイル」→「エクスポート」→「アカウント(A)」をクリックします。 設定によっては、上部にメニューが表示されている場合もあります。その場合はアイコンをクリックせず、「ファイル」→「エクスポート」→「アカウント(A)」をクリックします。



2.エクスポート用では無く、アカウントを管理するプロパティが表示されます。 ここで保存したいメールアカウントを選択して「エクスポート(E)」をクリックします。



3.保存する場所を指定します。分かりやすい様にデスクトップに保存してみましょう。左メニューで「デスクトップ」をクリックして、さらに「保存(S)」をクリックします。 名前は自動で入力されます。



4.拡張子「.iaf」がアカウント情報になります。なお、複数のアカウントを設定している場合は、全ての保存する必要があります。



メールアカウントの復元方法(インポート)

1.Windows Live Mail desktop を起動して、メニューアイコン(右画像の赤枠)をクリックします。 下にメニューが展開されるので、「ツール」→「アカウント(A)」をクリックします。 設定によっては、上部にメニューが表示されている場合もあります。その場合はアイコンをクリックせず、「ツール」→「アカウント(A)」をクリックします。



2.アカウントを管理する画面が表示されます。右画像は既に 1 つの Windows Live Mail(表示は Hotmail になっています)アカウントが登録されている状態です。 ここでバックアップしたもう一つの Windows Live Mail アカウントをインポートしたいと思います。右メニューで「インポート」をクリックします。



3.ファイルの場所を指定します。アカウントのバックアップは拡張子「.iaf」ファイルとなります。 バックアップしたアカウントファイルを選択して「開く(O)」をクリックします。



4.アカウントが追加されました。「閉じる」をクリックします。



5.Windows Live Mail desktop でアカウントが復元できました。追加されたアカウントをクリックします。



6.初回だけフォルダ表示に関するダイヤログが表示されます。「はい(Y)」をクリックします。



追記:2010 年 9 月 24 日

OS である Windows に付属するメーラー、Windows XP では Outlook Express ですが、Windows Vista からは Windows メールに改名されました。 しかし、Windows Live Mail と Windows メール は機能の重複が多く(スパム排除機能や RSS リーダーなど)、ユーザーは混乱することになります。 そして、Windows 7 では、メーラーが付属されなくなりました。これにより、市販の Microsoft Office(マイクロソフトオフィス) に統合された Outlook を利用するか、無償の Windows Live サービスの一つである、Windows Live Mail を利用する選択肢となりました。

無料でアカウントが作れる MSN Hotmail は、Windows Live Mail へと進化しました。 Windows Live サービスには、WEB 上で利用するサービス(メールアカウントはこちらに属します)と、ローカルにインストールして利用するアプリケーションがあり、Windows Live Mail を含む POP3 に対応したメールを送受信できるローカルにインストールするアプリケーションの名称が、Windows Live Mail Desktop となっていました。 ところが、Hotmail の後継が Windows Live Mail から Windows Live Hotmail に改名された事で、ローカルアプリケーションに「Windows Live Mail」の名称が転用されました。 現在は、Windows XP をサポートする Wave 3 と、Windows Vista 以降をサポートする Wave 4 (現時点ではベータ)がありますが、無償のメーラーの名称は Windows Live Mail となります。 Wave 4 では、Microsoft Office 2007 で導入されたリボン形式のメニューに変更されています。

Windows Live Essentials Beta ( Wave 4 ) をインストールしてみました




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項