MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

内蔵フロッピーディスクドライブの増設方法

 OEM 版の Windows とセットで購入したフロッピーディスクドライブ。


フロッピーディスク自体の販売が減少した今、いくらパソコン初心者のサポートページとは言え、フロッピーディスクドライブの増設方法を掲載する意味はあるのか? 実は・・・いろんな意味で必要だったりします。記憶容量的には実用性は全く無く、CD-R 、DVD-R 、もしくは、SD メモリなどの記憶容量が多いものが主流となっています。 でも、フロッピーディスクドライブは販売されているのです。



今では単体で購入することはありませんが、OEM、または、DSP 版の Windows と一緒に販売されています。 OEM の OS はライセンスの都合上、ハードウェアと同時に販売され、一緒に購入したハードウェアと共にライセンスを保有します。 つまり、フロッピーディスクドライブと一緒に購入した場合は、そのフロッピーディスクドライブと一緒に使用することでライセンスが有効になり、フロッピーディスクドライブが壊れれば、Windowsのライセンスも消滅することになります。 メリットとしては、エディションにより異なりますが、Windows が 1 万円前半と破格の値段で購入できる事。 リテール版のアップグレードを購入するよりも低価格となります。


Windows DSP 版 - TSUKUMO ネットショップ


ハードウェアに依存せず、パソコンを変更しても、それまで利用していたパソコンから完全に Windows を抹消する事で、他のパソコンへインストールが可能なのが通常版の Windows です。 この金額にはライセンス料金とマイクロソフトによるサポート料金が含まれています。 OEM 版は通常版の半値近くで購入できますが、サポートは販売メーカーとなり、全てのデータを抹消しても、次のパソコンにライセンスを移動できません。

OEM 版の Windows は、フロッピーディスクドライブとセットで販売されている場合が多いです。 もちろん、 ハードディスクドライブ 、メモリ、光学式ドライブなども一緒に購入できますが、フロッピーディスクドライブを多く目にするのは、ドライブ本体の価格が安いからです。


設置する場所

内蔵フロッピーディスクドライブは共通して3.5インチベイに設置します。 ベイには DVD ドライブなどの光学式ドライブを設置する5インチベイと3.5インチベイしか無いので、横幅が小さい方のベイになります( 右下画像は5インチベイに 3.5 インチデバイスを設置するアダプタ )。



Windows 98 SE / ME / 2000 から Windows XP にアップグレードする場合、アップグレード版のパッケージを購入するより、OEM 版を購入した方が安く済みます。 現時点では Windows Vista の OEM 販売はありませんが、登場すればやはり同じ事が言えるでしょう(値段だけを考えれば)。Windows Vista の場合は必要とするハードウェアのスペックが高いので、既存の環境からアップグレードするにはパソコンの買い替えが必要かも知れません。

FDDラック TK-FDD2

一方、3.5 インチベイに既にフロッピーディスクドライブが搭載されているのであれば、同時に購入した新しいドライブと交換すればライセンス的に問題無いでしょう。



ドライブ背面のケーブル接続端子

フロッピーディスクドライブの背面には、電源ケーブル(白)とフロッピーディスクケーブル(黒)を接続します。



フロッピーディスクケーブルの接続

フロッピーディスクケーブルは、ATA ハードディスクドライブを接続するIDEケーブルと似ていますが、ケーブルがねじれているのが特徴です。 このケーブルはどちらも マザーボード に接続されています。一般的にはマザーボードを購入すると付属されていますが、パソコンを購入した時にこのケーブルが付属されていなければ、別途購入する必要があります。



ATAハードディスクや光学式ドライブを接続するIDEケーブルとは横幅も異なります(右の写真では、上がフロッピーケーブル、下が IDE ケーブル)。 間違って接続する事はありませんね。



フロッピーケーブルの上下は分かりにくです。しかし、しっかり挿ささる方向と、ぐにゃっとささる方向があります。 もちろん、しっかり奥までさせる方が正しい。 上下を逆にさしてパソコンを起動した場合、プロッピーディスクドライブが利用できないものの、壊れる事はないと思われます(私は壊れなかったです)。



パソコン購入時にフロッピーディスクドライブが搭載されておらず、フロッピーケーブルも見当たらない場合は、マザーボードにケーブルを接続する必要があります。 同じようなコネクタはやはり光学式ドライブを接続するIDEケーブルコネクタとなりますが、大きさが違うのでささりません。



右はフロッピーケーブルをマザーボードに接続した状態です。もう一方をフロッピーディスクドライブの背面に接続します。



電源ケーブルの接続

フロッピーディスクドライブに電力を供給する電源ケーブルは、電源ユニットから伸びています。 写真のフォーカスがずれていて申し訳ありませんが、右の写真のコネクタをフロッピーディスクドライブに接続します。



電源ケーブルの突起部分を、フロッピーディスクドライブ側のくぼみにひっかける感じです。 コネクタ自体はハードディスクドライブや光学式ドライブに接続する電源端子よりも小ぶりなので区別ができます。



電源ケーブルは逆に接続すると燃えます。



フロッピーディスク用の電源ケーブル ( 電源コネクタ 4 ピン小 ) が見当たらない場合は、光学式ドライブなどに接続する電源ケーブル ( 電源コネクタ 4 ピン大 ) を変換するケーブルを購入する必要があります(または二股ケーブル)。



ドライバーは Windows が持っているので、パソコンを起動すれば自動で認識され使用できます。 この他、フロッピーディスクドライブにメモリカードリーダーが搭載されたものもありますが、フロッピーとは別に内部で USB 接続する必要があります。





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項