MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Live Mail desktop Beta の初期設定方法

 Windows Live Mail desktop Beta は Windows Live Mail 以外の POP3 メールの受信も可能です。 追記:2007 年 9 月現在、Windows Live Mail は Winsdws Live Hotmail 、Windows Live Mail desktop Beta は、Windows Live Mail Beta へと名称が変更されました。


前回 は、Windows Live Mail desktop Beta をインストールしてみました。 Windows Live Mail desktop BetaはWindows Live Mail 以外の POP3 メールの受信も可能です。 Windows Live Mail desktop Beta を常用するべきか、既存のメーラーを利用し続けるべきかを判断するためにも、しばらく使用していみるのが一番です。 しかし、受信するメールアカウントが重複してしまうと、常用しているメーラーで正しく受信ができなくなってしまいます。 そこで、このページでは Windows Live Mail desktop Beta の初期設定についてご説明いたします。



1.デスクトップに作成されたショートカットアイコンをダブルクリックします。



2.Windows Live Mail desktop Beta を起動するには、Windows Live ID とパスワードを入力してサインインする必要があります。 これは面倒に感じるかもしれませんが、登録は初回起動時のみです。 ローカルでのセキュリティ、例えば、同じログイン名で1台のパソコンを家族全員が利用している場合などは、「パスワードを保存する」「自動的にサインインする」にチェックをしてしまうとダメですが、自分しか利用しないのであれば、「パスワードを保存する」チェックを入れても良いでしょう。次回からはこの画面で「サインイン」ボタンをクリックするだけサインインが可能です。



3.サインインの後に、初回起動時だけ初期設定をします。設定はウィザード形式で、曖昧に進めても構いません。 Windows Live Mail desktop Beta を起動してから、詳細に設定する事が可能です。まずは「次へ」をクリックしましょう。



4.もし、Outlook Express を利用しているのであれば、ここで設定をインポートするにチェックを入れて進んだ方が便利です。 ただし、アカウント毎にサーバーにメールを保存する設定をしておいた方が無難です。 なぜならば、どちらかのメーラーで受信してしまうと、もう片方のメーラーではそのメールのみが受信できなくなります。 サーバーにメールデータを保持する設定をしている場合は、どちらのメーラーで先に受信しても、同じ様にもう片方のメーラーでも受信できます。 そこら辺の事情は次に書きます。



5.通常利用している Outlook Express を起動して、「ツール」→「アカウント」をクリックします。「インターネットアカウント」プロパティが表示されたら、「メール」タブをクリックして、表示されたメールアカウントをクリックで選択します。 この時選択するアカウントは、Windows Live Mail desktop Betaに 設定するアカウントです。

もし、Outlook Express の設定を全て Windows Live Mail desktop Beta にインポートするのであれば、次の作業をすべてのアカウントで実行する必要があります。選択したメールアカウントは色が反転するので、その状態で右パネルの「プロパティ」をクリックします。 選択したアカウントのプロパティが表示されたら、「詳細設定」タブをクリックします。「配信」の項目で「サーバーにメッセージのコピーを置く」にチェックを入れ「OK」をクリックします。 これで、Outlook Express で受信したメールも、Windows Live Mail desktop Beta で再度受信する事ができます。その逆も同じです。 この設定は Windows Live Mail desktop Beta でもする必要があります。



6.これはあとからでも追加する事が可能です。 まずはテストで利用するので、ここでは「今は他の電子メールアカウントを追加しない」を選択して「次へ」をクリックします。 でも、理解している人はお好きにどうぞ。



7.これに関してはそのまま「次へ」をクリックして問題無いと思います。アドレス帳は、他のメーラーと重複しても問題ありませんし、インポートしておいた方が Windows Live Mail desktop Beta で送信テストをする時に便利です。

「Messenger メンバーの連絡先の更新情報を自動的に購読する」とは、Liveサービスで登録したお友達のアドレス情報を同期させるか否かです。 登録していなければ特に何も起こりませんが、Windows Live サービスを利用している場合、連絡先が変更されても、それを修正するのは本人だけで、メンバーは更新された情報を読み取り自動で変更されます。便利でしょ。



8.Windows Live サービスで無料のブログサービスを公開しているユーザーのフィード(マイクロソフトでは RSS の事をフィードと呼びます)を購読するか否かです(Windows Live Mail desktop Beta は RSS リーダーを搭載しているため)。 これもメンバーに関係するので、メンバー機能自体を理解していない、もしくは、メンバーがいない場合は関係ありません。 でも、問題は無いのでそのまま「次へ」をクリックしておきましょう。



9.Windows Live Mail desktop Beta をどのように利用しているか、提供元のマイクロソフトが分析するための情報を送るか否かです。 危ない個人情報は送信されないとありますが、管理人が云々言う事ではありません。 ひとこと言うとすれば、分析結果を元に、より良い製品がユーザーに提供される事につながります。お好きに判断して「完了」をクリックします。



10.今まで行った作業は初回起動時のみの初期設定です。 Windows Live Mail desktop Beta を起動すると、既定の電子メールプログラムとして Windows Live Mail desktop Beta を利用するか否かを問われます。 これはベータですし、テストで利用する段階なので、最初は「いいえ」をクリックした方が無難です。

また、このプロパティは起動するたびに表示されます。 邪魔な場合は「Windows Live Mail desktop の次回起動時に確認する」のチェックを外して「いいえ」を選択します。 もし、通常利用するメーラーとして Windows Live Mail desktop Beta を選択する時がくれば、後から変更する事が可能です。 つまり、あまり深く考えずに進みましょう。



11.以上で初回起動が完了できたはずです。この時点では初期設定のウィザードで何を選択したかにより異なります。 何もしなかった場合は、現時点では Hotmail だけのアカウントが登録されています。他の電子メールアカウントを追加したい場合は「ツール」→「アカウント」をクリックします。



12.アイコンはカッコイイですが、ここでの設定は既存のメーラーと一緒です。「追加」をクリックして、送信サーバー、受信サーバー、メールアドレス、アカウント、パスワードを入力して登録します。



13.もし、常用しているメーラーがあるのなら、Windows Live Mail desktop Betaで受信したメールを、メインのメーラーで受信できるように、アカウントのプロパティで「サーバーにメッセージのコピーを置く」を設定しましょう。



14.一般家庭のパソコンなら無料で利用できるアンチウイルスソフト avast! Home は、Windows Live Mail desktop Beta で正常に動作します。 対応しているとはありませんが、発売前の Microsoft Outlook 2007 にも対応しているので頼もしい。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項