MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

I-O DATA GV-MVP/RX3をWindows Vistaで利用してみました

 I-O DATA GV-MVP/RX3はWindows Vistaで使えるのか?RC1 ビルド5600上で実際にアプリケーションをインストールしてみました。


カテゴリが変更されましたが、この日記は Windows Vista とキャプチャーデバイス の続きであり、 前回 は、Windows XP Media Center Edition 2005 の Media Center機能で I-O DATA GV-MVP/RX3 を利用してみました。 結構面倒なのが、本来はキャプチャーデバイスに付属するメーカーアプリケーションを利用してテレビの視聴や録画を楽しめば良いだけの話ですが、 Windows に組み込まれたMedia Center と呼ばれるアプリケーションが存在するために面倒な事になっています。



Windows Vista(ウインドウズビスタ)に Media Center 機能が搭載されているエディションは以下の2つ、 Home Premium(ホームプレミアム)と Ultimate(アルティメット)です。

従来のキャプチャーカードが利用していたオーバーレイ表示に対応しない Windows Vista では、Windows XP で利用していたキャプチャーカードを所有しているユーザーはどうすれば良いのでしょうか? また、オーバーレイを利用しない Media Center 機能で既存のキャプチャーカードが利用できたからと言って、それでWindows Vista対応と言えるのでしょうか? 不明な点は多くありますが、このページでは結果が分かっている気がしますが、Windows Vista に既存のキャプチャーカードの代表として I-O DATA GV-MVP/RX3 を利用してみたいと思います。

このページで利用した Windows Vista Ultimate は、RC1 であり製品版とは異なります。また ビルド 5600 のため、RC でも初期のものになります。 このページで掲載した事が、製品版でも通用するとは限りません。画面、操作方法、機能などは、製品版では異なる可能性があります。ご了承下さい。



さて、前回は Windows XP Media Center Edition 2005 の Media Center 機能で I-O DATA GV-MVP/RX3 を利用して、ボロボロな結果となりました。 もちろん、GV-MVP/RX3 は Media Center に対応しているので、管理人のパソコンスペックが低く過ぎた事に原因があり、製品には問題ありません。 こんどは Windows Vista で挑戦です。結果はボロボロだと思いますが。 まずは、GV-MVP/RX3 に添付するアプリケーションを、Windows XP と同様の手段でインストールを試みました。 はたして、こんな日記がみなさんの参考になるかは分かりません。



GV-MVP/RX3 を PCI スロットに接続して、Windows Vista を起動すると、プラグ&プレイによりデバイスを認識します。 ここで、ドライバのインストールウィザードが開きますが、Windows XP にインストールした時と同じく、添付のアプリケーション CD からインストールを試みます。



インストールウィザードを拒否したので、当然デバイスが認識されていない報告が表示されます。無視しましょう。



アプリケーション CD を挿入しても、自動起動する気配はありません。エクスプローラを開き、「GVMVPRX3.exe」をダブルクリックして、手動でインストールメニューを表示させます。



「お使いのOSでは本ソフトウェアはご利用できません。」と表示されました。「OK」をクリックします。 終了です。お疲れ様でした。



管理人クン。早すぎるぞ!もう少しねばりたまえ!



あっ、ホームズ先生!! 怒られました。 Windows Vista では対応していないアプリケーションは起動できません。 この時点で中止する事で、Windows Vista を破壊する事なく、長く快適な環境を維持する事ができます。 OSのチェックではじかれてしまったので、エクスプローラで「GVMVPRX3.exe」にカーソルを移動して右クリックします。 さらに表示されたメニューから「プロパティ」をクリックします。



「互換性」タブをクリックして、「互換性モードでこのプログラムを実行する」の左にチェックを入れ、「Windows XP (Service Pack 2)」を選択して、最後に「OK」をクリックします。 これで、先ほどと同じ「GVMVPRX3.exe」をダブルクリックします。



これでメニューが表示されました・・・が、どれをクリックしてもインストールが始まりません。そこで閉じてました。 こうなったら手動でエクスプローラからインストールを試みましょう。



エクスプローラでアプリケーション CD を開き、フォルダ内の実行ファイル(.exe)をダブルクリックします。 まずはドライバからです。実行ファイルにはシールドマーク付いているので、ユーザーアカウント制御が表示されます。



許可をクリックします。



ドライバーのインストールウィザードが起動します。「次へ」をクリックします。



「完了」をクリックします。



これでドライバはインストールされた様ですが、思わしくない「アシスタント」なるプロパティが表示されました。 内容は正しくドライバがインストールされていないとの事。とりあえず表示をそのままに、デバイスマネージャで確認してみました。 どうやら I-O DATA GV-MVP/RX3 は認識されている様子。どちらを信じるべきかは自分次第です。 プログラムの互換性アシスタントをキャンセルしました。



そして、本日のメインイベントとなる「mAgicTV」のインストールです。 ドライバと同じく、エクスプローラからCD-ROMを開き、「Setup.exe」の互換性を設定します。 終了後、「Setup.exe」をダブルクリックします。



インストールウィザードの準備が始まります。結果を言ってしまうと、これは問題無くインストール可能です。 ウィザードの進み方は Windows XP と同じなので省略します。



Windows XP と同じく、「mAgicTV 初期設定」アイコンがデスクトップに作成されます。 これをダブルクリックします。



ここで致命的なエラーが発生しました。チューニングは完了できますが、その後に動作を停止してしまいます。



悲しいが、初期設定が終了した事になり、アイコンが展開されます。 見た目だけは正常にインストールが完了したみたいです。



悪あがきで、番組表の取得を試みてみました。右のスクリーンショットは、Windows Vista とは関係が無く、Windows Live One Care Beta をインストールしているため、ファイヤーウォールが警告しているだけです。 「このプログラムを許可する」をクリックします。



「mAgicガイド」は正常に稼働する事を確認しました。



が、テレビの視聴と録画を可能にする「mAgicTV」は意味不明なエラーが発生して起動できません。 どうも、期待した状態にならず、不明なエラーが発生します。



Windows Aero を切って、クラシックスタイルで再度起動を試みました。すると・・・ 期待したスクリーンショットを保管する事ができました。 オーバーレイの状態でスクリーンショットを取得しても、本来動画が表示されている部分は右画像の様に真っ黒になります。 しかし、このスクリーンショットはオーバーレイ表示をサポートしない Windows Vista 上なので、現実的にスクリーンショットと同じ画面が表示されています。



オーバーレイをサポートしない Windows Vista では、「mAgicTV」による視聴と録画ができない事が分かりました。 ここで少し気になる部分もありますが、とりあえずメーカーアプリケーションによる検証を一度中止します。 おそらく、Windows Vista Beta2 の時点では利用できた可能性が高いです。



この段階で GV-MVP/RX3 は Windows Vista に対応していないのですが、回避策として Windows Media Center を利用してみます。 Windows X Pにて、GV-MVP/RX3 を Media Center で利用するには、付属するアプリケーション CD にある「SyberLink MPEG Decoder」をインストールする必要があります。



おそらく、キャプチャーカードにより付属するデコーダーは異なると思いますが、このデコーダーがインストールできない場合は、Windows Vista で Media Center を利用する事ができません。 「SyberLink MPEG Decoder」はインストールする事が可能でした。



Windows Vista の Media Center での設定は、画面のデザインこそ違うものの、RC1 の段階では Windows XP Media Center Edition 2005 とほぼ同じなので省略します。



結果は・・・ Windows Vista RC1 の段階で Media Center を利用する事により、GV-MVP/RX3 で視聴と録画が可能である(右の画像は著作権を侵害しないように、わざとぼかしています)。 RC1 の段階では、既存のキャプチャーカードが Media Center に対応しているか否かが重要になります。

Windows Vistaとキャプチャーカード まとめ




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項