MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

I-O DATA GV-MVP/RX3 を Windows Media Center(メディアセンター)で利用してみました

 Windows Vista(ウインドウズビスタ)の Home Premium(ホームプレミアム)と Ultimate(アルティメット)に搭載された Windows Media Center 機能。その前に Windows XP Media Center Edition 2005 で利用してます。


この日記は Windows Vista とキャプチャーデバイス の続きであり、 前回 は、メーカーアプリケーションによるオーバレイ表示の環境で利用してみました。 今回は初めて使う Windows Media Center(ウインドウズ メディアセンター)でテレビの視聴と録画を試してみる事になります。



今回初めてとなる Windows Media Center によるテレビ視聴と録画。Windows XP Media Center Edition 2005 の OEM を購入して普段利用していますが、テーマや拡張機能を利用する事はあっても、対応デバイスが無い以上、メディアセンターを起動する事はほとんど無かったです。 まれに音楽を聴く時もありますが、Windows Media Player で十分なので必要性がありません。しかし、Windows Vista(ウインドウズビスタ)では、Media Center がキーとなるので使ってみない訳にはいきません。



家電感覚で動画や音楽を楽しめるのが売りなので、さして操作に悩む事はないメニューになっています。 ただ、キー数が少ないリモコンで利用するのを前提にしているため、メニューの階層構造化はキーボードとマウスを利用するパソコンでは逆に使い難かったりします。 まずはキャプチャーカードによるチューニングです。「設定」をクリックします。



設定にもいろいろありますが、「テレビ」をクリックします。ちなみに管理人は初めて見る画面なので、とても不安です。



録画機能や番組ガイドを飛ばして、まずは「テレビ信号の設定」をする必要があります。



「次へ」をクリックします。



現在の地域「日本」が選択されているので、「はい、この地域のテレビサービスを設定します」を選択して「次へ」をクリックします。



ケーブルテレビ信号を検出しています。しばらくお待ち下さい。ここで永遠に終わらない場合は、メディアセンターがキャプチャーカードを正しく認識できていません。 デバイスマネージャーの認識を確認して必要に応じてドライバの再インストールを実行しましょう。I-O DATA GV-MVP/RX3 を Windows Media Center で利用するには、添付される CD-ROM の「CyberLink MPEG デコーダ」をインストールする必要があります。 しかし、テレビ信号を検出できない理由とは関係がなく、それ以前に何らか氏らのトラブルが発生しています。



テレビ信号が確認された場合は接続数が表示されます。今回はシングルチューナーのキャプチャーカードを利用しているので、接続数は1となります。 テレビ信号の構成を実行するため、「はい」を選択して「次へ」をクリックします。



テレビ信号を選択します。環境に合わせて「ケーブル」と「アンテナ」を選択して「次へ」をクリックします。



テレビ信号の設定が完了しました。続けて番組ガイドの設定をします。この機能を利用すると、テレビ番組表から予約録画が可能になります。「番組ガイドの設定」を選択して「次へ」をクリックします。



「次へ」をクリックします。



また情報かよ・・・・マイクロソフトは匿名の情報を送信させたがりすぎている。 これはベータではなく製品版として販売して購入しているので、情報を送信しなくては利用できないなんてありえないほど強引。 しかし、番組ガイドを利用するには「はい」を選択して「次へ」をクリックする必要があります。 これは任意で利用するかしないかを判断して下さい。



番組ガイドのサービス条件を読み、納得したのであれば「同意します」をクリックして「次へ」をクリックします。 ちなみに、同意しない場合は番組ガイドを利用する事ができません。



郵便番号を入力します。この番号に基づいて地域を判別して、利用できるテレビ番組ガイドを調べます。「次へ」をクリックします。



インターネットに接続しています。しばらくお待ち下さい。



「次へ」をクリックします。



受信契約会社(近い地域)を選択して「次へ」をクリックします。



テレビ番組ガイドがダウンロードされます。しばらくお待ち下さい。



ちなみに、常駐アイコンの場所ではこんな表示がでます。



テレビ番組ガイドをダウンロード完了したました。「次へ」をクリックします。



これでテレビ番組ガイドが表示されます。次回はトップメニューから表示する事になります。 リモコンがメインとなる Media Center は、パソコンでの操作より多くのアクションを必要とします。 番組表も同じで、ボタン数の少ないリモコンでは、階層構造により表示を切り替えます。 これは、パソコンの場合は番組表を一覧表示して、録画したい番組にカーソルを移動してクリックする事が可能ですが、家電向けのリモコンの場合は、一覧表示したところで選択すのにボタンを多く押す必要が生じるのを回避しています。



番組ガイドからワードによる絞り込みが可能なので、使い勝手に問題はありません。ジャンルによる絞り込みなど、階層深く表示した場合、「戻る」ボタンをクリックする必要が多く生じます。 ただし、リモコンで操作する場合は、一発で番組表を開くボタンなどが搭載されているかも知れません(リモコンを所有していないので不明です)。



それでは実際に Media Center でテレビの視聴と録画を実行してみます。はじめて非オーバーレイの現実を知ったわけですが・・・ 他の作業が何もできない。 ここで現実を知る事になりました。 PentiumIII 800 MHz / メモリ PC-133 512 MB / Geforce FX5200 128 MBの環境で Windows XP はまともに動くのですが、Media Center 機能は別ものです。 オーバーレイ表示のテレビ視聴とキャプチャーしか経験しなかった私は、初めて自分のパソコンが Media Center の最低必要スペックに満たない現実をしりました。

右上のスクリーンショットでは Media Center でテレビを視聴しながら録画している状態です。 この状態ではスクリーンショットを保存する事もままならない状態でした。タスクマネージャでアプリケーションレベルはメーターを振り切り、常に 100 % をマークします。 一定の感覚で OS レベルが 100 % に達してハングアップしているのが分かります。 Media Center ってこんなに重かったのか?



一方、右が I-O DATA GV-MVP/RX3 に付属するアプリケーションで「テレビ視聴/録画」を実行している状態です。 他にもホームページ制作ソフト「FrontPage2003」を起動しているのですが、オーバーレイ表示が可能なテレビ視聴ソフトでは、この状態で他の作業をしつつテレビの視聴と録画が可能です。



右が Media Centerで録画された動画を再生させている状態。録画状態よりパフォーマンスは良くなるものの、他のアプリケーションを利用しながらの視聴は厳しい状態です。 タスクマネージャで体感速度を計測する事はできませんが、メディアセンターの場合は何かおかしい様に思えます。 Windows Media Player 11 を起動した状態に似ています(Windows Media Player 10 とは異なります)。



録画に関する設定はいろいろ可能。が、さらに詳細な設定はキャプチャーデバイスメーカーが添付するアプリケーションに劣ります。 画質は「最高品質」「高品質」「標準」「長時間」の 4 つで選択する事になり、ビットレートでの指定はできません。 私の環境ではまともに検証できませんが、「最高画質」を選択した場合は、ビットレートが8Mbpsになりました。一般的には問題無い画質です。



録画ファイルの保管場所はドライブを変更できます。 デフォルトでは、「C:\Documents and Settings\All Users\Documents\Recorded TV」で、ファイル形式は「Microsoft テレビ録画ファイル dvr-ms」となります。



CM をカットしてお好みのコーデックを利用して編集したい場合は、 DivXでm2pファィルを編集する方法 に掲載した方法で可能です。



Windows Media Player 11 で録画した番組の視聴や管理も可能です。が、Windows XP では、Media Center とは異なりオーバーレイ表示されます。 おそらく視聴するには Media Center の方が画面が奇麗です。



Windows XP Media Center Edition は、インテル Core2 Duo プロセッサの登場により、価格が下がった Pentium 4 や Celeron プロセッサでも十分稼働します(残念ながら私のパソコンでは稼働すると他の作業ができません)。 Media Center は、Windows XP の一つの機能であり、これを利用してテレビや DVD を視聴しているユーザーは、オーバーレイを利用するプレイヤーや再生アプリケーションで視聴するよりも、おそらく奇麗な画面で視聴していると思われます。

オーバーレイにより、低スペックなパソコンでも軽快に動作するメリットにどっぷり浸かっていた管理人は、まったく気が付かなかった事です。 Media Center は、キャプチャーカードの性能をフルに引き出す事ができない、もしくは、設定を指定する事ができないのですが、一般的なテレビの視聴/録画に関しては十分なものです。 また、描画に関しては圧倒的にMedia Centerの方が美しいと感じました。録画はデバイスに添付するアプリケーションを利用して、DVD や録画した動画の視聴は Media Center といった使い分けも面白いかもしれません。 さて、オーバーレイに対応していない Windows Vista 。オーバーレイを利用しない既存の Windows XP Media Center Edition 2005 に対応したキャプチャーデバイスならば、そのまま利用する事ができるのでしょうか? 次は Windows Vista で I-O DATA GV-MVP/RX3 を利用してみたいと思います。

I-O DATA GV-MVP/RX3をWindows Vistaで利用してみました




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項