MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Vista とキャプチャーカード

 オーバーレイを利用してきた既存のキャプチャーカード。Windows Vistaではオーバーレイの表示ができなくなっています。これってどうするの?


7 年くらい前に購入した NEC の初代 USB 接続のキャプチャーデバイス SmartVision を今まで利用してきました。 まぁ〜、作業をしながらテレビが見られて、たまにキャプチャーできればいいかな〜っ感じで重宝していたのですが、いつしかこれが常用マシンで動かなくなってしまいました。 そのタイミングが不明で、気が付いたら番組表の受信やキャプチャーができなくなっていました。これって、サポートセンターに問い合わせる多くの人が語る症状です。



なんとなく覚えているのは、 ハードディスクドライブ をパソコンの電源を入れたまま前面で交換できる リムーバブルケース を増設した頃(その時の 日記 2005年5月3日 )。 だとすると、 1394US2-PCI2 カードがトラブルの原因である可能性が高い。特に IEEE1394 が何かひっかかります。それから他のパソコンにスマートビジョンを接続しても同じ症状で利用できない事が判明。 あれ、壊れたか?と思ったところ、どのパソコンにも IEEE1394 カードが増設されていました。後から増設したカードなので抜いて検証すれば原因を究明できますが、なんとなくもうキャプチャーする事に飽きてしまっていたのかも知れません。



VHS ビデオが保管に場所をとるのが嫌で、Hi8 ビデオデッキを購入しました。しかし、テープゆえに巻き戻しが面倒になり、テレビをパソコンで録画する事になりました。 その時にわざわざパソコンを購入したのですが、それが Windows ME の時代です(結局このパソコンを今でも常用マシンとして利用しています)。

最初はビデオ CD ( MPEG1 ) に編集して、その後に MEPG2 で時間を切って、最終的には DivX で圧縮して CD-R に焼く日々が続きました。 CM をカットして編集した時は 3 〜 5 回視聴するのですが、その後はハードディスクから追いやるために、CD-R へ保存します。

が・・・確かにビデオテープよりも視聴するのは簡単で、場所も取らないのですが、焼く枚数が増えていくと、さすがに見返す機会が無い事に気付く。 これはキリが無いという事で飽きてしまったのです。



そして時は流れ、今、まったくこのジャンルに鈍感になってしまいました。 むしろ、動画共有サイトとか、ネット上の動画が面白いくらいです。 ふと、キャプチャー関連の現在を考えてみると、シングルチューナーを超えダブルチューナーの時代になっているでは無いか!(一部ではそれ以上の同時録画も可能) が、しかし、録画したものを編集してコレクションするというよりは、単純に見たいテレビが重なっているとか、パソコンで作業をしながらテレビを気軽にみる傾向にあると思われます。 しかも、それは特別なパソコンを購入する訳でも無く、適当に購入したパソコンに普通に搭載されている機能だったりします。

しかし・・・こんなに普及したテレビ録画、それを可能にするキャプチャーデバイスが、完全に一回チャラになる可能性がでてきました。 そうです、2007 年 1 月 30 日に発売される Windows Vista(ウインドウズビスタ)です。この OS は既存のキャプチャーデバイスが利用しているオーバーレイ表示に対応していないのです。 対応していない場合はどうなるのか?既存のキャプチャーデバイスではテレビが視聴できません。つまり、一回チャラになるのです。

「だったら、対応しているキャプチャーデバイスに買い換えればいいじゃない?」とお金持ちは言うでしょう。 しかし・・・なんと、対応した、もしくは、買い換えるキャプチャーデバイス自体が存在しないのです。 これは笑えない話です。



単刀直入に言ってしまえば、オーバーレイ表示に対応していない。これで終わってしまうのですが、管理人は Windows Vista Beta2 の段階ではオーバーレイ表示を確認しています。 それは、スマートビジョンが動作して、NEC のアプリケーションを使いテレビの視聴と録画ができたからです。



この段階ではオーバーレイ表示が可能だったので、既存のキャプチャーデバイスが乗り越えるべきハードルは互換性。 Windows XP 以前の OS で利用できたデバイスが Windows Vista でも利用できるか否かの問題で、重要なのはデバイスを認識させるドライバと、それを多彩に操るデバイスメーカーのアプリケーションです。 使い方によりはっきりと言いきれませんが、例えばサウンドボードを利用する理由として、パソコンで音を出力できれば良いだけなら、サウンドボードメーカーが Windows Vista に対応したドライバを提供しなくても、OS に搭載された互換ドライバで何とかなる可能性が高いです。



が、しかし、それを操るアプリケーションに独特の機能が搭載されている場合は、そのアプリケーションが Windows Vista に対応していなければ、その機能を利用する事ができません。 互換アプリケーションにより、一般的な機能しか利用できないのです(例えば音を出力する)。 キャプチャーカードに関しては、このアプリケーションの部分がとても大切。もちろん、例で上げたサウンドカードの様に、この問題を打開する互換アプリケーションは存在します。 しかし、デバイスメーカーのアプリケーションの方が高機能なため、これが利用できないのは非常に厳しい事です。



そして、今回新しいハードルとなるのが Windows Vista から搭載された UAC (ユーザーアカウントコントロール)です。 Windows Vista では、権限の昇格と降格を繰り返すセキュリティシステムを採用しています。管理者ユーザーでログインしても、普段は一般ユーザーに権限が降格してます。 これにより、OS をインストールした時に作成する管理者権限を持つアカウントを利用し続けたとしても、ほとんどの状態で一般ユーザーとなるのでセキュリティが確保されます。 問題となるのは管理者権限を必要とするアプリケーションです。管理者権限でログインしていても、普段は一般ユーザーとなるので、管理者権限を必要とするアプリケーションを起動する時に警告が表示されます。 例えば予約録画を実行する時に警告が表示されれば、誰かが許可するボタンをクリックしなくてはなりません。 予約を利用した録画やスタンバイからの起動に管理者権限が必要であるアプケーションでは、事実上、使い物になりません(もちろん、パソコンの前にいるのであれば何とかなる)。



管理人の利用しているパソコンでは Beta2 はほぼ動かない状況でした。が、このサイトでは Windows Areo を有効にして、Windows 3D フリップなどのスクリーンショットを掲載してきました。 それくらなら、Windows ME 時代のパソコンでも可能であります。ただ、Beta2 の時点ではどんなに高スペックのパソコンを購入しても、本当にこの OS は動くのか?と感じました。 RC1が登場した事で、この不安は取り払われました。パフォーマンスがいきなり上がったのです。インテル Core2 Duo プロセッサの登場により、価格が下がったパソコンを購入しても、Windows Vista で作業をする事は可能でしょう。 しかし、オーバーレイ表示は完全にできなくなってしまいました。



自分が利用しているキャプチャーデバイスがオーバーレイ表示を利用しているか否かを確認する簡単な方法は、スクリーンショットを取得する方法です。 「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」の「ペイント( Windows 付属する画像編集ソフト)」を起動します。 さらに、キャプチャーカードでテレビを視聴するアプリケーションを起動して、実際にテレビを視聴します。

この状態で、キーボードの「Print Screen」、「PrtScn」、ノートパソコンの場合は「Fn」キーを押しながら「Prt sc」キーを押します。 これで、現在の画面をクリップボードに保管できます。クリップボードに保管されたデータは一時的なものですが、先に起動していたペイントにペースト(貼り付け)れば OK です。 その方法は、ペイントをアクティブ(ペイント領域内を一度クリック)にして、キーボード「Ctrl」+「V」キーを押しても貼り付けられます。

貼り付けられた画面のイメージで、テレビの画面が正常に表示されていれば、そのアプリケーションはオーバーレイを利用していません(右上画像はオーバーレイ表示では無い)。 もし、画面の部分が真っ黒になってしまう場合は、オーバーレイを利用しています。この場合は Windows Vista ではサポートされません(現状のキャプチャーデバイスはほぼこれ)。



つまり、日本でテレビ録画をパソコンで楽しむユーザーは、既存の環境を Windows Vista に移行できないのか? そこで救世主が登場します。Windows Media Center(ウインドウズメディアセンター)と呼ばれるアプリケーションです。 Windows XP で本来のホームエディション的な存在となったWindowsXP Media Center Edition 2005 に搭載されている機能で、メディアセンター自体は 2004 年から登場していました。 管理人はキャプチャーの興味が失せた時だったので、今までこの存在にあまり目を向けていませんでした。 しかし、今回の Windows Vista へのアップグレードには、この Windows Media Center が橋渡し的な存在になります。



右画像は Media Center で管理人が デジタルカメラ で撮影した動画を WMV に変換して再生させ、さらにスクリーンショットをとった画像です。 正直、キャプチャー関連の日記を制作するのは難しい。 テレビの画面をそのまま掲載すると著作権に違反するからです。 スクリーンショットが取れるという事は、Windows Media Center はオーバーレイ表示では無い事実が分かりますね。この方式ならば Windows Vista に対応できる可能性が高くなります。



今回の問題は Media Center Edition が登場した時に、じわりじわりとオーバーレイ廃止の方向に進んでいた事が分かります。 ちなにみ、管理人は全く気がつか無かったけど・・・ Windows Media Center は、特別な Windows と言うよりも、Windows Home Edition に Windows Medeia Center 機能を搭載しただけの事です( Windows XP ではエディションが的確で無いので表現が難しい)。 つまり、付加された機能であり、通常の Windows と同じでオフィスアプリケーションも利用できますし、ゲームもできます。

Windows Media Center を起動するには、「スタート」→「プログラム」の「Windows Media Center」をクリックするか、専用のリモコンで「Media Center」ボタンをクリックします。 Windows Media Center は動画以外にも画像や音楽を家電感覚で気軽に楽しめる機能です。しかし、アプリケーションであるため、「Media Center」と呼ばれるデバイスが存在するわけではありません。 キャプチャーデバイスがメディアセンターに対応している必要があり、先に書いたようにデバイスを汎用的に利用できる互換アプリケーションなのです(それよりは機能が上だが、結局はそういうポジション)。



動画に関しては、今流行りのダブルチューナー搭載キャプチャーデバイスを利用すれば、見たい番組が重なっても録画可能で、番組表の取得や、出演者やジャンルをキーワードに録画する番組を選択できます。 リモコンがメインのためか、どうしてもメニューを階層構造化する必要があり、パソコンで作業をしながら気軽にテレビを視聴するユーザーにはまどろっこしい部分も多くあります。

しかし、管理人はメディアセンターに対応したキャプチャーカードを所有していないので、正直どのようなものなのか? また、Windows Vista で既存のデバイスがどう対応される可能性があるのかが見えてきません。 そこで、メディアセンターエディションに対応したキャプチャーカードを購入してみました。

I-O DATA GV-MVP/RX3 この時期ゆえに Media Center 対応のキャプチャーカードを購入してみました




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項