MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ローカルでメールの送受信ができる Windows Live (TM) Mail desktop Beta を使ってみました

 MSN の提供するサービスに無料の Hotmail がありました。しかし、ある時点から Windows に付属するメーラー Outlook Express で受信するサービスが終了してしまいました。 しかし、今度は Hotmail から Windows Live Mail へと移行して、Windows Live (TM) Mail desktop Beta をローカルにインストールする事で、自分のパソコンにメールを受信する事が可能です。 しかも、スパムメール対策も充実しています。追記:2010 年 6 月現在、Windows Live Mail は Winsdws Live Hotmail 、Windows Live Mail desktop Beta は、Windows Live Mail へと名称が変更されました。


無料版と有料版が存在する MSN の Hotmail(ホットメール)。Windows Live Mail へと移行され、無料版でも満足できるメールとなりました。 WEB 上でメールの送受信をするメリットは多々あるのですが、それでもやっぱりローカルで送受信する環境にどっぷりつかってしまったせいか、なんとなく使い悪いと感じるユーザーも多いでしょう。



そこで登場するのが、ローカルにインストールして利用するメーラー Windows Live(TM) Mail desktop Beta です。結構前から公開されていたのですが、利用できる様になるまで時間がかかりました。 というより、従来の Winodws Live とは異なり、利用可能になる時にメールが一切来ませんでした。

いつのまにか、ダウンロードページに誘導されてしまった感じです。クレジットを見るとバージョン 8 とあります。 何かタイトルがおかしい様な気が・・・ Windows Live Mail Desktop Beta ブログを参照すると7月26日に Our Beta is Public! とあり、招待メールは必要ない事が掲載されていました。 かなり出遅れてしまいました。



インストールして Windows Live Mail Desktop Beta を起動させた様子が右です。無数の背景色を選択できますが、それは他の Windows Live サービスと同じです。 Hotmail 、いやいや、Windows Live Mail をローカルで受信するのはかなり久しぶり。 昨年までは Windows XP に付属する Outlook Express でも受信可能でしたが、いつしか有料版以外のユーザーを排除する形となりました。

Windows Live Mail Desktop Beta は、Windows Live Mail の他に、Yahoo メール、Gmail 、プロバイダのメールアカウントを登録して送受信できるオールマイティなメーラーです。 Windows XP で終了となる Outlook Express を完全に抜き去ったアプリケーションになるかも知れません。



まず注目は電子メールとセキュリティのオプションです。 Microsoft Office System(マイクロソフトオフィスシステム) の Outlook 2007 や、Windows Vista(ウインドウズビスタ)に搭載される Outlook Express の後継 Windows Mail では当然の様に搭載されていますが、Windows XP の段階で無料で迷惑メール対策、フィッシング詐欺対策、メールの言語コードとドメインからブロックできる「インターナショナル」の設定が可能になります。 もちろん、このセキュリティ機能は登録した全てのアカウントに対して有効になります。




Windows Live (TM) Mail desktop Beta を利用するには、Windows Live ID によるサインインが必要になりますが、すでに Windows Live サービスを利用しているユーザーなら、これがサインイン方法が非常に便利な事を知っているはずです。 利用するのに認証が必要と聞くと面倒だと感じるかも知れませんが、Windows XP のようこそ画面でログインする感じを想像すれば良いでしょう。



Windows Live (TM) Mail は、WEB 上でドラッグ&ドロップ操作が可能になった多機能なアプリケーションです。 しかし、使い勝手はクライアントのマシンスペックと通信回線速度に依存するため、場合によっては表示されるまで待たされたり、全てのユーザーが何か作業をしながら気軽に利用できるものとも限りません。

一方、Windows Live (TM) Mail desktop Beta はローカルにインストールして利用するためか、特に待たされたり不満を感じる部分がありません。 無料の Outlook Express や有料の Outlook を利用しているユーザーであれば、迷いも無く利用できると思います。また、アカウントごとにサーバーにメールを保持する設定が可能なので(当たり前の話ですが)、これらのメーラーと併用して利用する事もできます。 つまり、Windows Live (TM) Mail desktop Beta を試すのは容易いことだと思います。動作は機能が絞られているため、Outlook よりも軽く、RSS リーダーとセキュリティ機能が強化されながらも Outlook Express と同じ体感速度です。 次はインストール作業の説明です。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項