MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

1.デスクトップにフォトフレーム&スライドショーを設置する方法

 Windows Vista に搭載されたサイドバーと最も類似する機能を提供するのが Yahoo! ウィジェットと呼ばれる無料のサービスです。 Yahoo! ウィジェットをインストールすると、Windows XP でも Windows Vista に似た、デスクトップを自由に移動できる拡張機能を実装する事ができます。


Windows Vista(ウインドウズビスタ)にはサイドバーと呼ばれるデスクトップでガジェット(拡張機能)を操作する機能が搭載されています。 サイドバーのポジションは左右のいずれにかに設定でき、デフォルトの状態で組み込まれたガジェットが整列されています。 例えば右画像は、上からアナログ時計、スライドショー、CPU / メモリメーターのガジェットが表示されています。

ガジェットは追加と削除が可能で、日々新しい物が開発されています。 サイドバーとは左右のどちらかに表示されるガジェットを格納する場所でもありますが、タスクバーに常駐する事でガジェットをサイドーバーから取り出し、ドラッグアンドドロップでデスクトップの何処にでも移動できます。

管理人としては、この手の機能は大嫌い。 スクリーンセーバーや壁紙も大嫌い。そんな無駄な設定をするより、システムのパフォーマンスを優先するタイプです。 しかし Windows Vista のベータ版を長らく利用していると、なぜか全く興味の無かったこれらの付加価値が面白くなってしまいました。 ポイントはさりげないポジションでガジェットが動く事。何はともあれ作業が優先なので、これらの表示が不要な時は邪魔にならない場所に移動できる、もしくは完全にオフにできるのが重要です。 ワイド液晶ディスプレイ が人気のため、最近ではサイドに何かを表示するのに抵抗はなくなりつつありますが、デュアルディスプレイに変更してから、この手の付加価値を利用できる様になりました。 また、ガジェット単位で詳細設定が可能なところや、ガジェットによっては通信を利用してリアルタイムに外部から最新情報を入手できます。



垂れ流される情報に興味はありませんが、最初に自分である程度設定できるのであれば、目的の情報を取得/表示できます。 一番のお気に入りはスライドショーと呼ばれるデフォルトで表示されるガジェットです。 Windows Vista にも、既存の Windows XP でも、自分のパソコンに保存された画像をスライドショーとして閲覧する事ができます。



とことん画像を眺めるには良いかも知れませんが、管理人はそういう状況になる事がありません。 しかし、スライドショーを縮小して、ガジェットとしていつでもデスクトップの好きなところに表示でき、さらにドラッグアンドドロップで移動できるのであれば話は別です。 これなら作業中でも邪魔にならずに画像を表示させられます。 ポイントはスライドショー機能を搭載しているところです。 スライドショーはフォルダ単位で画像をスライドする事ができ、好きなアーティストの画像フォルダを作り、ランダムに表示させるもよし。 ジェレミー・ブレットさんの写真を表示させるもよし(個人的に利用するのでホームページなどから画像を保存しても良いでしょう)、 デジタルカメラ が好きなユーザーなら、自分の力作をランダムで表示させるもよし。 とりあえず、邪魔では無いところが気に入りました(もちろん、画像を固定する事もできます)。



これのハードウェア版が、以前日記で紹介した デジタルフォトフレーム です。 こちらは SD カード、MMC 、メモリースティック、コンパクトフラッシュや、Mini USB コネクタ USB2.0 などを使い(製品により異なります)、画像をスライドショーにて表示できます。 Windows サイドバーのスライドショーは、このフォトフレームをデスクトップに埋め込んだ感じです。 デスクトップで邪魔になる機能であれば、デジタルフォトフレームが良いでしょう。 しかしガジェットは邪魔にはならい様に上手くできています。 だったら Windows XP でもこんな事ができないものか?いままで邪魔としか感じていなかったので全く未知の世界です。 注目したのは Yahoo! ウィジェットです。デフォルトでは画像に関するウィジェットは存在しませんが、海外で Picture Frame なるそれらしき機能を備えたウィジェットを見つけました。ということで早速インストールしてみました。



Yahoo!ウィジェットインストール方法(サービス終了)

まずは、Windows 版の Yahoo! ウィジェットをデスクトップにダウンロードします。 デスクトップにダウンロードした「widgetja_3.1.6.exe(名前はバージョンによって異なります)」アイコンをダブルクリックします(サービス終了)。



Windows XP SP2 の場合は警告が表示されます。「実行する」をクリックします。



インストールウィザードが起動するので「次へ」をクリックします。



利用規約を読み、納得できたならば「利用規約に同意します(A)」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。



インストール先を設定します。 デフォルトで「C:\Program Files\Yahoo!J\Yahoo! Widget Engine」にインストールされるので、得に変更の必要はありません。



「インストール」をクリックします。



インストールが完了したら「終了」をクリックします。



インストール後、Yahoo! ウィジェットが起動すると、テストのためデフォルトで登録されたウィジェットが全て表示されます。 その中には、Yahoo! ID を必要とするものもありますが、必要が無ければ入力不要です。



まずは、「Yahoo! ウィジェットにようこそ」プロパティを参照して、ボタンをクリックして読み進めて下さい。 内容を理解したら遊んでみましょう。



フォトフレームを目当ての人は、面倒なのでいらないウィジェットにカーソルを移動して右クリックします。 メニューから「このウィジェットを閉じる」をクリックすると、そのウィジェットを閉じる事ができます。 一度閉じたウィジェットは、再起動しても表示されません。 ウィジェットを再び表示させたい場合は、右下に常駐した Yahoo! ウィジェットアイコンを右クリックして、「ウィジェットを開く」をクリックします。


次へ




Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項