MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Sleipnir Ver 2.00 beta3 登場


オープンソースのブラウザ Firefox (ファイヤーフォクス)が注目される中、クローズドソースの国産タブブラウザ Sleipnir (スレイプニル? 何て読むのか不明です) も注目です。 管理人は本日始めて知ったのですが、フェンリル株式会社より無料でダウンロードできます。

右が Sleipnir 2.00 beta3 の画面ですが、なじみ深い Internet Explorer の概観に Firefox のようなブックマーク式の RSS リーダー、タブ機能を搭載。さらに Netscape Browser の様に、Internet Explorer エンジンと Gecko エンジンを切替える機能も搭載しています。 IEに慣れているユーザーなら全く違和感無く使用可能です。 かなりおすすめ。

Sleipnir ダウンロードページ


一方、 IEブログ に次期 Internet Explorer 7 のロゴが掲載されています。 Internet Explorer 7 には RSS リーダーが搭載される予定で、この先、数年に渡り主要ブラウザとして使われると予想されます(誰でもそう思うでしょう。

管理人も多数のブラウザをインストールして使用してみるものの、結局は Internet Explorer に戻ってしまうユーザーの一人です。 他のブラウザを利用する事でセキュリティを高めようと思った事はありませんが (どんな風に高いのかが不明なので)、 機能の面では今の所、どの他社製ブラウザを利用しても、明らかに IE よりも優れていると思われます。 じゃぁ・・・なぜ IE に戻ってしまうのか? その理由の一つは、やはり OS に組み込まれた使い勝手なのかも知れません。

セキュリティの管理も Windows アップデート、もしくは、Microsoft アップデートで OS と一緒にできますし。 Firefox も最初は何とも思っていませんでしたが、ライブブックマーク機能(お気に入りの感覚でRSSリーダーを使う機能)が搭載された時には、かなり便利だと思いました。 しかし、IE エンジンに慣れてしまったせいで、Gecko エンジンに乗り換える事は、そんなに簡単ではありません。

両エンジンを搭載した Netscape Browser 8 はどうなのか? 確かに多機能でカッコイイのですが、多機能ゆえにごちゃごちゃしている感が強いです。 で、結局 IE に戻ってしまうのです。 多機能だとインストールした3日間くらいは「スゲ〜」とか思うのに、実際に必要なのかと考えると、これが微妙なのです。

機能としてよく取り上げられるのが「タブ機能」です。 ホームページを徘徊するのに便利な時もありますが、絶対に必要かと聞かれれば、私の場合は「どっちでもいい」と思います。 人によって違いますが。。。どちらかと言えば、これからは RSS リーダーが重要だと思われます。 海外で流行していたので、日本でも流行している感がありましたが、さほど使われていないと思います。少なくとも Blog 以外では。。。

ところが今年はそうも言ってられません。大手企業が海外だけに配信していた RSS を、今では日本でもガンガンに配信しています。 RSS を受け入れる手段も、配信する手段も増えてきたため ( 只今、管理人も勉強中) 、さすがにこれからは、ブラウザが RSS リーダーを無視するのは無理でしょう。 もちろん、ただ RSS リーダーを搭載するだけでは無く、効率的にRSSを管理できる機能が必要になります。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項