MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

エピソード3とスターウォーズ展

 スターウォーズエピソード3とスターウォーズ展に行ってきました


久しく映画館に行くのが面倒になっていた管理人。 そんな私でも速やかに観に行ってしまった映画が「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」。 監督のジョージ・ルーカス、アナキン・スカイウォーカー/ダースベイダー役のヘイデン・クリステンセン、パルパティーン最高議長/ダース・シディアス役のイアン・マクダーミドらが来日して盛り上がる中、遂に 7 月 9 日上映開始。



エピソード3 は、27年前に公開された スターウォーズ の完結編に位置する映画です ( 物語りとしては第3作目 )。 そのためか、冒頭の戦闘シーンから飛ばしてます。時代背景はエピソード 4.5.6 よりも古いのですが、オビ・ワン・ケノービとアナキンによる宇宙遊泳シーンはシリーズ中一番凄い描写かもしれません (作られたのが一番最後なので撮影技術の進歩が関係します)。 上映時間は2時間21分もあるものの、物語を繋げるには短いとさえ感じました。



本来あるはずの、エピソード 7,8,9 を制作しない事になった様なので、スターウォーズはダースベイダー物語なのかも知れません。 ジョージ・ルーカスがインタビューで語った、ダースベイダーの鉄の肺の秘密。27年前のイメージスケッチでは、マスクだけで酸素を得る事が可能でした。 それが・・・・実際のダースベイダーは、全身黒づくめのダークスーツになってしまいました。

オビ・ワンとの火口での戦いで、これでもかと姿が変貌します。 スターウォーズの映画としては暗すぎるのではないかとスタッフの間で囁かれながらも、ジョージ・ルーカスはOKを出した様です。 もし、エピソード3を観て暗くなってしまった場合は、ぜひエピソード6 ジェダイの復讐を観て下さい。 再び若き姿のアナキンスカイフォーカーを観る事ができます。


個人的にはアナキン・スカイウォーカーと結婚するパドメ・アミダラを演じる、 ナタリーポートマン が可愛い。 エピソード3では、アナキンを愛する素のパドメの姿が多くありますが、アップで見れば見るほど若き日のオードリ・ヘップバーンに似ていると思います。 眉毛を太くすれば、ローマの休日のオードリーと瓜二つです。



スターウォーズ展

スターウォーズ展は、映画で実際に使用された衣装や乗り物が展示されています。会場は2つあり、目黒区美術館と東京国際フォーラムです。 どちらへ行けばいいのか? 答えはどちらも行く必要があるかも知れません。 目黒区美術館には、ダースベイダーと、ダースベイダーが生まれた手術台(エピソード3) や、アミダラがルークとレイアを出産した分娩台が展示されています。



一方、東京国際フォーラムでは、R2-D2、C3-PO、ばかでかいチューバッカ、アナキンのジェダイ用スターファイター (エピソード3の冒頭シーン) 、 オビ・ワンのジェダイ用スターファイター (エピソード2)、アナキンのエア・スピーダー 黄色 (エピソード2)の実物が展示されています。 戦闘機2機の実物が展示されているのは驚き。ジェダイ用なので最小構成の武装で戦闘機にしては小ぶりではありますが迫力満点です。さすがにミレニアムファルコン号の実物は無かったです(存在するのか?)。



プログラムは目黒区美術館版と東京国際フォーラム版がありますが、内容は全く同じです。ダースベイダーが表紙なのは目黒区美術館版で\2,500。 ちょっと不満なのは、1993年のジョージ・ルーカス展のスターウォーズ部分が全く同じ。 今回のプログラムでは、ジョージ・ルーカス展のインディージョーンズ部分を切り取り、エピソード1,2,3の部分を付け足した感じです。 しかしこの一冊で、スターウォーズ全編のアイテムを把握する事ができます。



入場料は、一般 1,400円(1,200円) 大高生1,000円(800円) 小中生 600円(500円)。 両館セットだと、一般 2,500円(2,300円) 大高生 1,700円(1,500円) 小中生 900円(700円) と\300お得。 2会館共に山手線上にあるので苦にならないと思います。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項