MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

7.Thingamablog エントリーの投稿方法

 ブログサイトを構築したら、早速エントリーを投稿してみましょう。もちろん、投稿と言っても WEB 上で実行されるものではありません。Thingamablog をインストールしたパソコンで、ブログサイトが書き換えられます。


前回 は、Thingamablog でブログサイトを作成しました。 次はエントリーを投稿してみましょう。エントリーを作成するには「 Compose a new entry 」をクリックします。

投稿画面は一般的な掲示板か、ホームページビルダーなどに似ていて、ホームページ制作の知識が無くても入力可能です。 左下の「 HTML 」をクリックすると、ソースを入力する事も可能。 普通のブログと違い、掲示板としての機能は無いので、ソースも使い放題です ( 外部からの書き込みが無いので、セキュリティ上、禁止するタグはありません ) 。




投稿ボタン

Site は、作成したブログサイトの名前を選択(複数のブログサイトを作れる)。Author は投稿者の名前。 Title はエントリーのタイトル。Categories は、エントリーが当てはまるカテゴリを選択。 Date は自動入力されますが、過去、未来の日付を設定する事も可能。エントリーが完成したら、左上のアイコンをクリックします ( 右上画像の赤枠 ) 。



すると・・・ブログが書き換わります。 Publishing のプロパティで Publish complete が表示されたら、「close」をクリックします。 これは、管理画面から Publish the weblog を実行するのと同じです。



再び、C:\ブログ作成場所\bolg.html にアクセスしてみましょう。 先ほど投稿したエントリーがトップページに反映されていますね。 反映されていない場合は「ctrl」+「F5」キーを押して再読み込みしましょう。 根本的に表示されない場合は、アドレスが間違っています。



ブログサイトを登録する時に設定した内容は、管理画面の Configure weblog settings をクリックすると変更可能です。 Base Path、Bese URL、Arcive URL、Media URL などの設定は、「General」にあります。ちなみに Media URL は画像保存フォルダです。 「Front Page」では、トップページの「blog.html」や、「rss.xml」の名前を変更できます。



あっ・・・・そう言えば・・・・ Thingamablog の FTP 転送機能を使わず、「Local」に設定してビルダー系ソフトを使用している場合は、既存のホームページを転送するのと同じ要領で作業できます。 Thingamablog でエントリを投稿する度に、blogが保存されているフォルダを全て転送すればOKです。

ただし、ビルダー系ソフトを使用して、Thingamablog の編集は行えません。 正確には変更可能なのですが、ブログの特質である、エントリーする度にテンプレートに従ってページが書き換えられるため、エントリーの編集などは Thingamablog から実行するように心がけましょう。

次は ページ全体の概観を変更してみます・・・・




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項