MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

6.Namazu のインデックス作成を自動化

 ホームページ制作が順調に進むと、サイト内検索を設置したくなるのが一般的です。サイトのページ数の増加に伴い、テキストリンクだけでは対応できなくなるかです。しかし、BLOGとは異なり、自分のホームページにサイト内検索を設置するのは至難の業。そこで、無料で利用できる全文検索システムのNamazuを設定する方法をご紹介します。


前回 は、Namazu のインデックスを作成する方法を紹介しました。 メモ帳にコマンドを記入して、名前を「好きな名前.bat」に変更して、「namzuindex.bat」をダブルクリックするだけでインデックスが作成できます。 これだけでもコマンドプロンプトでコマンドを入力するよりも楽なのですが、 頻繁にページが更新される場合は、この作業も面倒です。今回は、「namzuindex.bat」をタスクに追加して、指定した間隔で実行するようにしてみましょう。



1.まずは、前回作成した「namzuindex.bat」を C:\WINDOWS\SYSTEM32 に移動します。 次に「コントロールパネル」の「タスク」をダブルクリックします。 さらに「スケジュールされたタスクを追加」をダブルクリックします。



2.「タスクのウィザード」が起動します。「次へ」をクリックします。



3.実行するプログラムを選択します。「参照」をクリックして C:\WINDOWS\SYSTEM32 に移動した「namzuindex.bat」を指定して下さい。



4.タスクの名前を決めます。ファイル名と同じ「namzuindex」としてみました。 このタスクを実行させたい日程を選択して「次へ」をクリックします。



5.このタスクを開始する日時を選択して「次へ」をクリックします。



6.ユーザー名とパスワードを入力して「次へ」をクリックします。



7.「完了」をクリックします。



以上でインデックス作成をタスクスケジュールに追加できました。 「コントロールパネル」→「タスク」を開くと、「namzuindex」アイコンが追加されています。 このアイコンをダブルクリックするとスケジュールを変更する事ができます。 右下画像は、スケジュール通りタスク(インデックス作成)が自動で実行されている様子です。


終了



パソコンを稼動させたまま、ハードディスクを取り出す

ラトックのリムーバブルケースを増設してから色々テストできて嬉しい日々。 普段使用するハードディスクでテストしてしまうと、システムが汚れて脆弱性だらけにもなりかねません。 以前はテストする度にパソコンケースを開け、ハードディスクを交換していたので面倒でしたが、 前面で切り替えらるとテストもスムーズです。こうなって来ると、以前削除した Movable Type を再びインストールして遊びたい気持ちでいっぱいです。 でも、結局飽きちゃうんだけどね・・・・



Windows DOS/コマンドプロンプト MS‐DOSとコマンドプロンプト学習術

今回の全文検索システムでインデックスを作成する時にコマンドプロンプトの作業がありましたが、回復コンソールを使う時やWindows9X系OSのインストールを行う時に重宝するのがDOSコマンドです ( Namazuの場合はPerl )。 その昔の Windows は、MS-DOSの上で動いていたので、パソコンを購入すればMS-DOSのマニュアルが付いていました。 今は絶対付いて来ないので。 1冊購入しておけば、Windowsがトラブった時、大事なファイルを移動させたり、再インストールするの時に心強い相棒になるでしょう。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項