MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

2.Namazu でインデックスを作成する

 ホームページ制作が順調に進むと、サイト内検索を設置したくなるのが一般的です。サイトのページ数の増加に伴い、テキストリンクだけでは対応できなくなるかです。しかし、BLOGとは異なり、自分のホームページにサイト内検索を設置するのは至難の業。そこで、無料で利用できる全文検索システムのNamazuを設定する方法をご紹介します。


前回 は、全文検索を可能にする Namazu をインストールして、ヘルプファイルを表示させ、正常にインストールされた事を確認しました。 この時点ではホームページを使った検索はできませんが、とりあえずコマンドプロンプトでインデックスを作成して、実際に検索してみましょう。



ホームページのファイルは、IIS をインストールした初期状態では、C:\Inetpub\wwwroot フォルダに存在します。 このフォルダ内のファイルをインデックス化するには、コマンドプロンプトを起動して、mknmz コマンドを実行します。 コマンドの書き方は


mknmz -O インデックスファイルを保管する場所 インデックス化するファイルの場所


になります。 「-O」を付けない場合はカレントディレクトリに作成されるので、とりあえず「-O」を付けておきましょう。 インデックスファイルの保管場所は、namazu をインストールした初期状態で C:\namazu\var\namazu\index になっています。 ホームページ検索に使用する場合はこの設定を変更しますが、今は初期状態のフォルダにインデックスファイルを保管してみましょう。 全てが初期状態の場合は、


mknmz -OC:\namazu\var\namazu\indexC:\Inetpub\wwwroot\


と入力して「Enter」キーを押せば、 C:\Inetpub\wwwroot フォルダ内のファイルを対象にしたインデックスが、C:\namazu\var\namazu\index フォルダ内に作成されます (   は半角スペースを意味します)。 既にホームページのファイルが多い場合は、インデックス作成に時間がかかるので、C:\Inetpub\wwwroot 内に「test」と名付けたフォルダを新規作成して、 その中に10個くらいの HTML もしくは HTM ファイルをコピーしてテストしてみましょう。 この場合のコマンドは、


mknmz -O C:\namazu\var\namazu\index C:\Inetpub\wwwroot\test\


になります。「スタート」→「ファイル名を指定して実行(R)」をクリックして、名前に「C:\namazu\var\namazu\index」と入力(コピー&ペーストした方が確実です) して、「OK」をクリックしてみましょう。

名前に「NMZ」が含まれるファイルが沢山できていれば、今作成したインデックスです。 Namazu を使った全文検索は、あらかじめ作成したこのインデックスから検索するため、サーバーへの負荷をかけずに済むのです。



インデックスが作成できたので、次はコマンドプロンプトでファイルの検索を実行してみましょう。検索のコマンドは、

namazu 検索ワード

です。namazu と入力して、半角スペースの後に検索したいワードを入力して「Entre」キーを押せば、先ほど作成した C:\namazu\var\namazu\index 内のインデックスを検索して表示されます。これでようやく namazu を使う環境ができました。

インデックスについては後日もう一度取り上げる必要がありそうです。なぜならば、コマンドプロンプトやファイルの位置関係を把握していないユーザーには意味不明であり、 ホームページファイルを保管している場所も複雑な場合があるからです。次は、検索と検索結果を表示する作業を、コマンドプロンプトでは無く、 ホームページ上で行う設定をしてみましょう。このままではホームページに設置できませんから。


補足

検索ワードで日本語が使いたい場合は、コマンドプロンプトで「alt」+「半角」キーを押します。 コマンドプロンプトの右下に言語バーが表示されます。再び半角英数に戻したい場合も「alt」+「半角」キーを押します。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項