MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

MB-Supportのアドレス騙るメールにご注意

 迷惑メールとは・・その名の通り受信して迷惑なメールです。さらには、送信者のメールアドレスを偽装するので、こちらがウイルスに感染してメールを送信している訳でもなく、勝手にアドレスを装って送信されています。


日々増加するスパムメール。 新種のスパムが誕生するよりも、はるかに増殖するのは「出会い系サイトの勧誘」や「おめでとう詐欺」などのオーソドックスで通用しないパターンです。 今のご時世で、これらのスパムから購入や入会が成功する確率は低く、これらの行為を平然とやっているサイトは、サイト自体が騙されている可能性があります。なぜって、おそらくスパム配信の技術を各サイトが開発しているのではなく、何らかの元締め的な業者から技術を購入しているからです。かなりお粗末な話で、サイト自身も恥をさらしているだけなのですが、 配信元に他人のメールアドレスを偽るのには、何らかの法的措置を取る必要があります。

MB-Supportのメールアドレスを騙るメール


上は、管理人のメーラーが受信したスパムメールです。送信した覚えの無いメールが、あたかもMB-Supportが配信元であるかの様に偽装されています。 さらにお粗末なのは、配信先も同じメールアドレスです。自宅のメールサーバーがクラックされたのか? いえいえ、そうではありません。なぜならば、ヤフーのフリーメールだからでかす。



偽装されたメールの詳細ヘッダー 一例



本来のメールの詳細ヘッダー



今までもアドレスを偽装して、私が配信元であるかの様に仕立てられた事はありますが、今月に入ってからInfoWeb(上画像の赤線部分)から配信したとヘッダーに残る偽装メールが多発しています(実際の配信元かどうかは判別できません)。

メールのヘッダーは、Outlook Expressでメールを開き、メニューのファイル」→「プロパティ」の「詳細」タブで参照できます。 一般的にメールの差出人に表示される部分は、「Return-Path」に記入されているアドレスで、実際に送った人である根拠はありません。「Received」は、経由したサーバーが下から上に記録されています。つまり、一番下に表示されているReceived 「送信元 bt 送信先」の送信元が、本来の配信元である可能性が高くなります(上画像の赤線部分)。


幸い、管理人のメールアドレスでは、メルマガを配信していないので、こちらからメールを送信する事は一切ありません。 つまり、フィルターで私のアドレスを排除しても、何ら問題はありませんし、スパムメールを読まずに排除できます。 しかし、これらの如何わしいスパムメールのReturn-Pathに、私のメールアドレスが使われる事に怒りを感じています。

また、受信した人がパソコンに詳しく無い人で、Return-Pathのアドレスを参照して私のサイトに怒りを感じるでしょう(あくまでも偽装されているメールであり、私が配信したメールでは無い)。 しかしながら、さすがにこの手のメールは偽装されている事を承知しているユーザーが増えたためか、苦情のメールは1通も来ていません。スパムメールを受信した場合は、メールを開かずに、即効、ゴミ箱に移動しましょう。また、苦情などをReturn-Pathのアドレスに返信するのはやめましょう。何もしないのが一番です。

どうしても苦情を言いたいユーザーは、ヘッダーを解析して相手を見極める必要があります。 ホームページにスパムメールのヘッダー情報をコピペするだけで解析してくれる hdpar が便利です。


迷惑メールを受信したら即ごみ箱に移動する方法 - ワトソンのパソコン教室

セキュリティ対策 - ホームズ備忘録





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項